2017/05/075 Shares

ANAマイル、JALマイルを効率よく貯める方法を考察する

こんにちは。MATTUです。
今まで、ANAのSFC修行をするにあたって、効率よくプレミアムポイントやマイルが貯まるための下準備を仕立ててきました。

今回は、SFC修行とは関係なく、修行を解脱した後にも役立つ、ANAマイルやJALマイルを効率よく貯める方法を考えていきたいと思います。

ANAマイルのほうがためやすい!

ソラチカルートが強力すぎる!!!

ANAマイルは、あまりにも破壊的強力な「ソラチカルート」があるので、JALマイルに比べると圧倒的にマイルが貯まりやすいです。
「ソラチカルート」については、ソラチカカードの記事に詳説を譲りますが、東京メトロのソラチカカードに付帯するメトロポイントを経由することにより、レートを極力下げずにマイルに交換することができます。

ポイントサイトを経由し、LINEポイントで決済を行うことで最もポイントがたまります。
マイルの交換関係を下に記します。

ANAマイル交換関係

ハピタス・ドットマネー・GPointの3サイトに登録をすれば、ほぼ回すことができます。
楽天やYahooショッピングはハピタスでのポイント還元率が1.0%。マイルまで交換した場合の還元率も0.9%と、高還元です。

LINE Payカードの決済と合わせると、楽天・Yahooショッピングは、
[LINEポイント 2.0% + ハピタス 1.0%]×ソラチカ経由 0.9倍+(ファミマTカード→LINE Pay(Tポイント) 0.5~1.0%)×0.5倍=マイル還元率2.95~3.2%
※楽天やYahooでのセールなどによるポイント増額は除く

となり、最大で3%を超えるマイル還元率です。

ただし、メトロポイント→ANAマイルへの交換は1か月につき20000ポイント=18000マイルまでしか交換できません。年間で換算すると、
18000マイル×12か月=216000マイル
までは、メトロポイントで交換することができますが、それ以上はほかのルートに頼ることになります。その場合は、楽天スーパーポイントやTポイントなどを活用するのがいいでしょう(還元率0.5%)。

月20000ポイント以上のメトロポイントをどうしてもANAマイルに交換したい場合は、普通のTo Me CARDを作り(もう一つメトロポイントのアカウントを作って)交換するとマイル交換レートが多少上がります
(1ポイント=0.6マイル)。
ただし、ドットマネーからメトロポイントへの交換はアカウントごとに紐づけられるため、別のポイント交換サイト(PeXなど)を用いる必要があります

 
スポンサーリンク

JALマイルは、ポイント交換が辛い…

JALマイルの場合は、ソラチカルートに匹敵するルートが見当たらないため、なかなかに難しいのです。
JALマイルの交換関係を下に記します。

JALマイル交換関係
これを見てわかると思いますが、ポイントサイトの還元率として一番高いのはやはり、ハピタス→ドットマネーのルートです。ドットマネーからJALマイルの交換率は0.52倍と、ほかのポイントサイトよりは高いものの、ANAマイルのメトロポイントからANAマイル交換率0.9倍には遠く及びません。

界隈でもANAマイルがJALマイルより貯まりやすいといわれているのは、これがあるからなのです。

ハピタスとドットマネーの登録は必須!

どちらにせよ、楽天やヤフーショッピングなど、多くのショッピングサービスで追加のポイントを得ようと思った場合、ハピタスとドットマネーの登録は必須となります。必ず登録して、いっぱいポイントをゲットしましょう。

ハピタスの登録は、下のバナーからだと+30ptもらえます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ドットマネーは特に優待制度はありませんので、トップページから普通に登録しましょう。

https://d-money.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で