2016/11/060 Shares

au WALLETとモバイルSuica・Suicaクレジットカードはどう使い分けていくべき?

こんにちは。
最近何かと話題のau walletですが、、、、使ってます?
私も先週一気に3枚カードが届いたんですが、今のところ使っておらず…
バタバタしていたのもあったんですが、複数枚届くとどれから使えばいいかわかりませんね…w

 
スポンサーリンク

さて、私は普段、Suicaで払えるところではモバイルSuicaで、Suica非対応でクレジットカードが使える場合はビックカメラSuicaカード(クレジットカード)、その他は現金、という感じで明確に場合分けして使っています。
すると、au walletの入るスキがないわけで…

au walletって本当に得なんでしょうか???
ちょっと調べてみました。

~ビックカメラSuicaカード~(モバイルSuica含む)
・モバイルSuicaへのチャージ・JR東日本管内での切符購入は1.5%還元
・その他クレジット使用時は0.5%還元
・ビックカメラでの使用時は10%還元

~au wallet~
・じぶん銀行⇒au walletへチャージの場合5%還元(5000円/回以上、~2014/12/31)
・au walletへの初回チャージで10%還元(~2014/9/30)(申込期間終了)
・使用額200円につき1P還元(還元率0.5%)
・ポイントアップ店ではさらに還元
 (セブンイレブン:1%,マツモトキヨシ・ココス・ラパウザ・GAP・紀伊国屋書店・TOHOシネマズ・BIG ECHOなど:1.5%, スターバックスカード入金:3.5%)

キャンペーンはお得だけどあとはどうなんだか…と思ったりしたけれど、Suicaが使えずクレジットカードが使える状況下ではトントンですね。スターバックスカードへの入金では、スタバにてSuicaで支払うより結構お得になっています。
ということで、まとめると、
・Suicaが利用可能な場合はモバイルSuica(スタバ以外)
・JR東日本管内で切符購入時はビックカメラSuica
・スタバカードへの入金時、Suicaが使えずクレジットカードが使える状況下ではau wallet
 (年末のau walletチャージキャンペーン終了までは、Suica使える状況下でもau walletを優先して使用)
という感じがよさそうですね。

au Walletのメリットデメリット

au walletのメリットは…
・プリペイドカードであること
 前払いなので、使いすぎを防げます。
・使える範囲が広いこと
 master cardのシステムを利用しているので、クレジットカードが使えればたいていのお店で利用できます。

一方、デメリットは…
・サインを求められること。
 Suicaみたいにタッチでピッ、なわけにはいかず、クレジットカードと同様にサインを求められることが多いです。
・au wallet公式アプリのダウンロードはauの端末限定
 私みたいにauを通話専用にして、ドコモスマホをデータ回線として使っている人も多いと思うのですが、au wallet公式アプリはau端末からしかダウンロードができないので、auスマホを持っている人はauスマホからダウンロードしapkを抽出、普段使っているスマホに移動しなければいけません。めんどくさい。
 しかも、そもそもau IDがau端末に登録されていないとau walletアプリをダウンロードできません。au IDの登録はパケット回線を用いるので…私のように、電話のみでの運用の場合、ダウンロードできません…泣
・au walletを複数持った時の運用が面倒
 初回チャージキャンペーンを考慮すると、はじめのうちは複数枚運用するとちょいお得になるのですが、公式アプリは1枚運用が前提。また、au IDを統合しても、au walletのチャージ額が統合されたりはせず、それぞれ1枚ずつ使い切らないといけないのが、また面倒。

といった感じで、じぶん銀行の口座を作ったので年内は使っていくことになるでしょうが、来年からどうしていくかはキャンペーン次第ですね…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で