※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

マイナンバーカードで引越手続き!転出・転入の住所変更手続きをオンラインでやってみた

引越

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

引越すると住所が変わるので、いろいろなところで住所変更の手続きが必要です。
大変ですよね。

そんな中、2023年2月6日から「引越ワンストップサービス」の開始されました。
マイナンバーカードを使ったオンラインでの転出届の提出が可能になっています。

ちょうど3月上旬に私MATTUも引っ越しをしましたので、この「引越ワンストップサービス」を使って転出届をオンラインだけで出してみましたよ!

スポンサーリンク

「転出届」は、オンラインで完結できる!

通常、自治体への住所変更の届け出は、

・同一の市区町村内での引っ越しの場合
  ⇒「転居届」を1回出す

・市区町村外への引っ越しの場合
  ⇒引越前の役所に「転出届」を出して転出証明書を受け取り、
   引越し後の役所に「転入届」と転出証明書を渡す

という形で異なるステップを踏んでいます。
とくに、市外・県外への引っ越しは、非常に面倒です。

この「転出届」の提出がオンラインだけで完結し、転出証明書がマイナンバーカードを通じてシステム内に保存されるので、転出証明書を持ち歩く必要がないのはうれしいところです。

マイナポータルから、「引越しの手続」をしよう

では、実際にマイナポータルから「引越しの手続」を選択します。

今回は例として、PCでの手続きを解説しますが、スマホでもマイナンバーカードでのログインのフロー以外は同じです。

選択すると、ログインの画面が表示されるので、ICカード認証かQRコードを使ってスマホで認証します。

引越の手続きの概要が表示されます。
引越の手続きで簡素化されるのは、転出届のみ。転入届については、転入先の市役所で手続きが必要です。

引越してから14日以内への転入手続きが必要です。家族で引っ越しの場合には、家族まとめて一度に引越手続きできます(紙での転出届と同様です)。

引越日や内容を入力

続いては、引越内容を入力していきます。

引越日を入力

まずは、引越日を入力します。

転出届が受理されると、「引越日にマイナンバーカードの署名用電子証明書が失効」されます。
e-Taxなど電子署名を使った手続きをする場合(確定申告など)、引越前にやっておいたほうが無難です。

マイナンバーカードから、氏名・住所等の読み取り

続いては、マイナンバーカードから氏名や住所などの読み取りを行います。
住所など入力する手間がないのは、非常に便利ですね。

行政の窓口にも、すべての窓口にこの読み取り機を設置して自動入力してほしい。

連絡先電話番号の入力と、メールアドレスの確認

電話番号の入力と、メールアドレスの確認があります。

新しい住所の入力

続いては、転居先の新しい住所を入力します。
郵便番号を入力したら、町名まで自動入力されます。その続きを入力しましょう。

入力後は、このように引っ越し先が正しいか表示されます。

引っ越す人を入力

同一世帯のほかの人も引っ越す場合も、一緒に手続できます。

住民票に記載の同居者がいるか、選択します。

住民票の人数と、引っ越す人数を入力します。

2人目以降の名前と読み、生年月日を入力します。

住民票の内容を自動表示して、転出者をチェック…とかしてくれると楽だったのですが、まあ個人情報が…とかいろいろな問題があるのかもしれません。

引越の関連手続きを選択する

引っ越しに伴う関連手続きを選択していきます。

チェックできるのは上の項目です。
市区町村ごとの登録となるものは、改めて登録をし直す必要があります。

ただし、転出届と同時にオンラインできるものではなく、市役所に行く必要のあるものもあります。
例えば、原付バイクをお持ちの方は、一度廃車手続きをして、ナンバープレートを返納する必要があります。

転入手続きの来庁予約と手続き内容を確認

続いては、関連手続きを確認します。

前の節での関連手続きでは「印鑑登録」のみにチェックをつけたのですが、子どもが同居していることからか「児童手当認定請求」「保育所等利用申込み」「教育・保育給付認定~」が自動で追加されていました。
マイナンバーカードの変更手続きは必須なので、マイナポータルからの手続きでは全員が追加されていると思います。

申請内容を確認して、署名付与する

このあと、今までの入力内容をすべて確認します。
確認が終わったら、「署名付与」をします。

確定申告をしている方などはよく行う手続きですが、「署名用電子証明書暗証番号」を入力し、要は電子的に「印鑑」を押して役所に送信する感じです。

他に転出前に手続する必要があるものは、早めに手続きをしておく

そのほかに必要な手続きがある場合は、郵送や役所の窓口で手続きが必要です。

保育園の支給認定証については、変更手続きを保育園経由で行ったので、特に市役所との直接のやり取りはありませんでした。
原付の廃車手続きくらいでした。

その他には、電気・ガス・水道の退去手続き、郵便の転送届を出しておけばOK。

転居先の電気・ガス・水道・NHK(移転)の手続きをしておけば、転居先での生活も問題ないでしょう。

転入先の市役所では、通常通り窓口で手続きを!

転入先の市役所では、「転出証明書」がマイナンバーのシステムに格納されているだけで、それ以外は通常通りの手続きが必要です。

マイナンバーカードで転出したから、何も書かなくていいだろうと思って窓口に並ぼうとしたら「転入届を書いてください」と案内されました……。

マイナポータルではデータで書きましたが、結局転入先の市役所ではすべて手書きを繰り返すことに。
この日は、転入届のほかに児童手当・保育園申請書類の住所変更・乳幼児医療助成の手続きも行い、何度住所を書いたことか…と思うぐらい書きました……。

せめてマイナンバーカード読み取り機を各窓口においていただいて、かざして暗証番号入力で手続きできる、というような感じで省力化してくれると嬉しいんですけど。
行政のデジタル化という意味では、まあこのシステムが限界なのかもしれません。

とはいえ、引越の梱包作業という最も大変な時期に、転出前の市役所に出向く必要なく転出届を出せるのは便利でした。

ちなみに、一番つらかったのは、保育園申請書類の住所変更は、「変更します」という書類ではなく、保育園申請書類を1からすべて書き直させられたこと。前に提出した書類を見ることもできず、記憶を頼りに書き上げたのがつらすぎました。
これなら、引越前にマイナポータルの「ぴったりサービス」を使って作っていたデータがPCに残っていたので、住所だけ書き換えてもっていけばめっちゃ楽だったのに…(電話で何回かやり取りしたんだからそう伝えてよ…)。

転勤時の保育園申請については、下のエントリーも書いていますので、ぜひお読みください。

市役所での手続きが完了したら、警察署へ運転免許証の住所変更も必要ですので、お忘れなく。

個人事業主の方は、移転前の管轄税務署へ開廃業等届出書により、住所の移転手続きが必要です(e-Taxにてオンラインで完結します)。
ひとり会社・マイクロ法人の方は、めちゃくちゃ手続きが煩雑です。また別途、記事にする予定です。お楽しみに。