MATTU SQUARE

Xperia XZ Premium Dual G8142と巡る、日光東照宮。先読み撮影に大興奮!

calendar

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

今回は、Xperia XZ Premium G8142のカメラを使って、日光東照宮に行ってきた様子をご紹介します。
Xperia XZ Premiumの作例として、各写真にメディアファイルのリンクを貼っています。ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

往復はかなり長い…

まずは東京へ…

朝、目が覚めたら、すぐ出発です。
近くの駅に行くまでに、アジサイが咲いていました。

駅からバスに乗り、広島空港まで。
朝一の飛行機で、羽田に向かいます。

東京では、発売したばかりのSurface Dialを買ったり、いろいろしていましたが…省略します。


上の記事の写真も、すべてXperia XZ Premiumで撮影したものです。
Surface Dialは、弄っていて楽しいですねw

浅草から、スペーシアで日光へ

浅草からは、特急スペーシア「けごん」で日光に行きます。
浅草の交差点から見た東京スカイツリー。前スカイツリーに行ったのは4年前くらいですね…

乗ったのはこのスペーシアです。

JRの日光駅。東武日光駅からちょっと歩いたところにあります。くっつければよかったのに…

建物は趣のある感じです。

お昼ご飯!

昼食は、日光の文化遺産周りの入り口にある、神橋のバス停の近くのレストランでした。

日光といえば湯葉。ゆば料理を堪能しました!

さあ、いよいよ東照宮へ!

日光のシンボルである、東照宮へ、いざ!
という感じでしたが…

なんだ、これは…

上がってきたら、なにやら修復工事中で体育館になっているものが…

こちらの建物、輪王寺で、東照宮の手前にあるお寺でした。


絵が描いてあるだけで、閉鎖されているのかと思いきや、寺への入り口は空いていて、参拝できます。これはびっくり。

本丸の、東照宮へ

歩き進めると、五重塔。

正面には、東照宮の入り口です。

東照宮は順次塗り替え作業が行われているらしく…猿もきれいになっていました。


門のところが塗り替えられて、塗り替えられていない他の部分との差が一目瞭然。




それにしても、Xperia XZ Premium、ものすごくきれいに撮れますね。はっきり、くっきりと。歪みはあまりないように感じます。

拝殿は一部だけ覆われていますが、絶賛塗装工事中。

眠り猫を見に行きます。

なんだろう、この字のアンバランス感…

眠り猫が描かれているところは、暗所ですが、寄って撮ると結構きれいに撮れます。

あとは、酒樽が並べているところ。われらが広島の地酒「酔心」もあったので、撮ってみました。

寄って撮ると、かなりきれいに撮れます。
ちなみに、遠くからズームを使って撮るとこんな感じ。

まあ、デジタルズームになってしまうので仕方がないですが、荒いですね…

先読み撮影が面白い

Xperia XZ Premiumには先読み撮影という機能があります。
普通に撮影していても、写真撮影時から遡り、状況に応じて最大4枚まで写真を一時保存できるというもの。

先読み撮影の使い方

設定は、カメラの設定から。「自動」と「OFF」しか設定はなく、常にONはできません。

例えばこの写真。うわー。誰かの腕入っちゃってるじゃん!という、悲惨な状況。

ほかに写真を撮っていなければ、もう消去してこの時の自分とおさらばしたい心境になりますが、まだ希望があります。
もう一度タップすると、「ベストショットを選択」という文字が見えると思います。

「ベストショットを選択」をタップしてみます。
すると、先読み撮影された4枚の画像が表示されるのです。

お、しかも、奇跡的に先読み撮影して一時保存した撮影データには、腕が入っていない!
一枚目には、ちょっと誰かのうちわが写っていますので、2枚目と3枚目で移りのいいほうを選べばいいですね。

画像を選択します。

この画像だけを保存することもできますし、全部の画像を保存することもできます。

今回は、この画像を保存します。画面に、警告が出ますので、OKを押して終了。

写真の保存先

先読み写真も、DCIMフォルダ内に保存されています。

ただし、普通の写真は100ANDROフォルダ(写真が増えていくと101,102…と加算していきますが…)に保存されますが、先読み撮影した写真は、撮影時画像も含め、100ANDROフォルダには保存されず、隣の「XPERIA」フォルダ内に保存されます。


XPERIAフォルダ内には、3つのフォルダがあります。
・SLOW_VIDEOは、スーパースローモーション撮影した録画データが保存されています。
・EDITED_VIDEOは、編集後保存したビデオが格納されています。
・PRODECTIVE_CAPTUREフォルダ内に、写真が格納されています。


どう格納されているかというと、こんな感じ。
上の操作で「この画像だけを保存」したデータについては、PRODECTIVE_CAPTUREフォルダに保存したデータが直置きされているという形。
そこに見えるフォルダーの中身を見てみると、

一撮影ごとに一時フォルダが生成され、そこに最大4枚までの写真が格納されています。
アルバムアプリで写真の選択を行えば、その写真が1階層上に直置きされ、フォルダが削除されるという仕組み。

なるほどー。

旅行の撮影にも、結構楽しめるカメラ!

デジカメだと写真の整理が大変なのですが、スマホで撮るとGoogleフォトなどに自動アップロードしてくれたりして、管理が楽になったりします
(もちろん、容量無制限の自動アップロードだとデータは多少圧縮されますが…)

スマホ1台で、バシャバシャ撮りまくれるのはやはりいい。しかも高画質なのが最高です。
一部口コミなどで流れていた歪みなどは感じ取れませんでした。個体差があるのかな?

かなり満足しています。みなさんもぜひ、Xperia XZ Premiumを試してみてください!

最後に、運よく東武のSL大樹の試運転を見れたので、写真を乗せておきます!

Expansysでの購入はこちらから

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

MATTUとは?

MATTU

MATTU

ごくごく普通であくまで理系な社会人ブロガーのまっつーが、仕事の荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長の一ページである!
毎日のふとした時、若さと渋さの間で揺れるナイス20′sのアナタに贈る『鼻歌みたいなブログ』をツボなつぶやきとともにお楽しみ下さい!

スマホ・ガラホ・PCや家電、お得なポイント・マイル・カード利用法、旅行に関する記事を書きまくっています。ぜひ、おくつろぎながらご覧ください!

ご質問・ご意見やお仕事依頼などありましたら、Twitterの@sunmattuへリプライ・DMか、
himattu あーっと sunmattu.net
までメールをお送りいただければと思います。
(迷惑メール回避のため、あーっとは@に置き換えてください) [詳細]