【Windows10】10.8インチのCHUWI SurBook mini開封レビュー!安いけどデキるやつ[PR]

PC・Tablet

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

CHUWIのWindows 10搭載10.8インチタブレット「SurBook mini」を、GearBest社より提供いただきました。
Microsoft純正タブレットのSurfaceに似た端末ながら、使い勝手はそのままにコストを抑え、非常に使いやすくしています。
前回レビューしたGalaxy Book 10.6と、iPad Pro 9.7インチなどと大きさや使い心地を比較しながら、レビューしていこうと思います。

先に結論を言えば、安い端末(キーボードをつけても33000円程度)なのに、外出先で仕事するには十分なスペックを兼ね備えています。
満足です。

CHUWIのWindows10 タブレット/ラップトップPCのスペック比較

CHUWIが開発しているWindows PCは、いくつか種類があります。
ざっと比較してみましょう。

製品名価格CPURAMROM画面サイズスタイル備考
Hi10 Pro(CWI529)23,864円Atom Z83004GB64GB10.1インチtabletデュアルOS(Android)
Hi10 Plus(CWI527)21,499円
セール中
Atom Z83004GB64GB10.8インチtabletデュアルOS(Android)
SurBook(CWI538)50,919円Celeron N34506GB64/128GB12.3インチtabletペン筆圧検知あり
SurBook mini(CWI540)28,288円
セール中
Celeron N34504GB64GB10.8インチtabletペン筆圧検知なし
Hi13(CWI534)33,946円
セール中
Celeron N34504GB64GB13.5インチtablet
LapBook 12.3(CWI535)36,209円Celeron N34506GB64GB12.3インチLaptopM.2 SSD拡張あり
LapBook Air(CWI539)41,867円Celeron N34508GB128GB14.1インチLaptop

※価格については、為替レートによって若干上下します

このような感じで、Hi10シリーズはAtom,それ以外はCeleron N3450を搭載しています。
このPC、どれも5万円以下です。特にSurBookは128GBモデルで5万円。
SurBook miniはキーボードつけても3万円前後と、非常にお買い得なのです。

安いけど、ちゃんと使えるタブレットですね。
動画編集とかしなければ全然買う価値アリの部類です。

今回は、一番気になるSurBook miniをご提供いただきましたので、さっそく開封レビューを行いたいと思います。

CHUWIの10.8インチWindowsタブレット「SurBook mini」開封の儀!

配送はDHL

SurBook miniは、今回DHLで到着しました。
集荷から我が家への到着まで、5日ですぐ届きました。
配送については、、GearBestの購入まとめページに記載していますのでご覧ください。

【GearBest】安く簡単に買える!GearBestで購入してから届くまでレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。国内ショップではなく、輸入で買う場合、初めて買うショップだとドキドキが止まらないわけです…GearBestには、日本のAmazonやYahoo!・楽天で買うよりも安くて便利な商品がたく...

到着したパッケージは…

ラベルははがしましたが、こんな感じでしっかり頑丈に入っていました。

SurBook miniの外箱

中を開けると…

SurBook miniの端末本体と、別売りのキーボードUSB Type-Cアダプターの3つが入っていました。

この、印刷にお金をかけない感じ、好きです。
こういうの良いね。

SurBook miniと、ライバルGalaxy Book 10.6, TransBook Mini T102HAとのスペック比較

SurBook mini本体の箱の横には、スペックが書いてあります。

画面サイズがほぼ同等の10インチ台で、スペックと値段が近い、Galaxy Book 10.6ASUS TransBook Mini T102HAと、軽くスペックを比較してみましょう。

製品CHUWI
SurBook mini CWI340
Samsung
Galaxy Book 10.6
ASUS
TransBook Mini T102HA
画面サイズ10.8インチ10.6インチ10.1インチ
CPUCeleron N3450Core m3-5Y70Atom x5-Z8350
RAM4GB4GB4GB
ROM64GB128GB128GB
キーボード別売付属付属
ペン別売付属付属
価格本体28,288円
キーボード・ペン含めて
33,000円程度
日本正規版 95,200円
米Amazon $529~
(6万円前後)
48,579円

CPUのパワーとしては、Galaxy BookSurBook miniTransBook Miniという感じ。ちょうど真ん中なスペックです。
SurBook miniのROMは64GBと、ハイスペック志向の方からすると物足りないと思われるかもしれませんが、SurBook miniもmicroSDスロットがありますので、拡張は可能です。
OSは64GBも使いませんから、microSDに保存しておく形でいいと思います。

そう考えると、非常にお買い得ですよね!

本体の中身

SurBook mini本体の中身は、本体とACアダプターです。

付属しているACアダプターのコンセント側は、日本で使えない2つ足タイプなので、余っているACアダプターの足を借りるか、変換器を買ってきましょう。

本体右側面

本体右側面のポートは、ヘッドホン端子、USB Type-A端子2つと、その間に挟まれてUSB Type-C端子です。

USB Type-C端子は主に充電用として使います。
ACアダプタの本体側の端子もType-Cなので、充電できます。
もちろん、Type-C端子でデータの転送も行えます。

左側面は何もありません。

本体上面

本体上面は、電源ボタンと音量上下ボタンが付いています。

しかし、デザインがおもいっきりSurfaceですね。

ただし肌触りは違います。Surfaceのほうがスルスル。Galaxy Bookも似たような感じです。
SurBook miniはちょっとザラザラしていて、アルミの切り出しにちょっと似ていますね。
ここは、コストの違いを感じます。。。

下面はキーボード接続用のピンが付いています。

磁石になっていますので、近づけるとくっつきます。

本体裏面

裏面は、カメラ(2.0MPx)が付いています。

Surfaceと同じで、足がパタパタ動かせます。角度は無段階調節可能。

足を開いたところに認証関係の刻印があります。


microSDの挿入口は足の付け根にあります。

本体とキーボードをGalaxy Book 10.6, iPad Pro 9.7インチと比較してみるよ!

Surbook mini本体とSurbook mini純正キーボードを、それぞれGalaxy BookとiPad Proと比較してみます。

本体の比較

本体を比較してみます。

左がSurBook mini(10.8インチ)、右がGalaxy Book 10.6です。
端末の大きさ自体も若干大きめです。B5よりちょっと背が高い感じ。

重ねてみると…

上がGalaxy Book 10.6、下がSurBook miniです。
ポートが多いのはいろいろと便利ですよね!

つぎは、iPad Proとの比較。

左はSurBook mini、右はiPad Pro 9.7インチです。
結構違いますね。一回り違います。

キーボードの比較

SurBook miniの純正キーボードGalaxy Book 10.6の付属キーボードを比較してみます。

端末の大きさに依存しますが、キーの大きさはそこまで変わりません。
一番左の列と右の列が違うのと、SurBookのキーはPrintScreenがないですね。
使う人にとっては結構大きいかもしれません。

一応iPad Pro 10.5インチ版のSmart Keyboardとも比較してみます。

キーの大きさは、やっぱりそんなに変わらないですかね。
キーストロークはSmart Keyboardに近い気がします。

Surbook mini = Smart Keyboard(iPad Pro) < Galaxy Book 10.6 = Surfaceのキーボード

という感じです。
打ちやすさは、正直SurfaceのキーボードGalaxy Book 10.6のキーボードには敵わないかなと思いました。

画面側にちょっとくっつけて、キーボードの角度がつけられるようになっています。

ただし、ちょっと中途半端に薄いので、浮かせた状態で文字を打つとキーボード自体が揺れてちょっと打ちにくいかも。
キーボードは机にくっつけて、角度をつけずに書くのがいいと思います。

キーボードを折り返しても、キーボードが無効にならない

Galaxy Book 10.6では、キーボードを画面の背に折り返したらキーボード入力が無効になり、タブレットモードに切り替わります。
(正確に言えば、タブレットモードに切り替わるか尋ねられます)

Surbook miniは、タブレットモードに切り替わりません。
折り返してもキーボードが反応するので、画面にペンなどでメモをする際は取り外すなどしたほうがいいかと思います。

初期設定は…日本語がある!


CHUWIのWindows 10は日本語も選択できます。
この画面は中華フォントな気もしますが、その後は普通の日本語フォントで進みますよ。
安心して使えます。

設定については、下の記事をご覧ください。

海外のWindows端末を買ったら,初めにするべき設定![Galaxy Book 10.6レビュー]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Book 10.6を購入して、初期セットアップを行ってきました。今回は、海外端末の使い心地を大幅に上げる、やっておくべき初期設定についてご紹介します。

キーボードはUS配列ですが、もう慣れました!
配列に関しては、慣れればどうってことありません。

低価格のわりにちゃんと働く頼もしいSurBook mini

使っていると低価格であることを忘れるくらい、結構頼もしいです。
動画編集や3Dアニメなどの編集・閲覧をするのには、さすがに不向きですが、そうでなければかなり使えます。
出先で仕事する、ブログ書く、メールチェックやPowerPointでプレゼン…など、普通に使えます。

Atomではなく、Celeronが搭載されているのは、かなり好印象ですね。

持ち運び用PCとして、ぜひ使ってみてください。
OneNoteと組み合わせて使うのがおすすめです!!

Amazonはこちらから。

コメント