スマホ新料金プラン、続々スタート!最適なプランをシミュレーションして見直そう

QUADERNO A5(第2世代)は、PCとの連携がすごい!!「印刷」もできるデジタルペーパーの神髄をレビュー

PC・Tablet

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

富士通FCCL製のクアデルノが進化した、「QUADERNO A4/A5(第2世代)」が発売開始されています。

QUADERNO A4/A5(第2世代)」は、主に本体がアップグレードされ、
・WACOM Feel IT Technology採用で、ペンは充電不要で高精度!書き心地がいい
・E Ink ディスプレイやCPU・メモリなども改善され、反応やレスポンスも改善!

と、かなり進化しているのがわかります。

クアデルノの強みは、本体だけではなく「PCとの連携」にあるといっていいでしょう。
BOOX、Supernoteなど、他社の電子ペーパー搭載端末では、主にスマホとアプリを通してやり取りはできますが、がっつりPCやクラウドとも連携できるのはクアデルノならではです。
(ほぼ兄弟のソニーDPT-RP1/CP1にも搭載されています…)

さらに、PCの連携機能の1つの目玉が「印刷機能」。

PCで編集したドキュメントファイルやブラウザなど、文字通り「印刷」してクアデルノに保存できます。
この機能は他社電子ペーパー搭載端末にはなく、本当に「紙」として利用できます。神。

ということで、今回はQUADERNO A4/A5(第2世代)の「PCとの連携」周りについて、詳しくレビューしていきます。

スポンサーリンク

PCとの連携が秀逸。ファイル同期と「印刷」機能を詳しくレビュー

それでは、QUADERNO A4/A5(第2世代)のPC連携周りについて、レビューしていきます。

PCとの連携には「QUADERNO PC App」を使おう

クアデルノとPCの連携には「QUADERNO PC App」を使いましょう。

見た目は先代と同じだが、第2世代は「QUADERNO PC App」を使おう

QUADERNO PC Appは、見た目こそ先代の「Digital Paper PC App」やソニーの「Digital Paper App」と同じですが、QUADERNO A4/A5(第2世代)で使う場合には「QUADERNO PC App」を使う必要があります。

特に、富士通のwebサイトでは両方公開されていますが、「QUADERNO PC App」を使うようにしてください。

ダウンロード | 富士通クライアントコンピューティング「電子ペーパー QUADERNO
電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」をお使いいただく際に必要となる、パソコン/スマートフォンのアプリを提供。ファームアップ用のファームウェアもこちら。

クアデルノは、本体で作成したノートも文書も、すべてpdfで保存

まず、クアデルノが長けているポイントの一つは、本体で作成したノートもすべてpdfファイルで保存されます。

本体内で作った「ノート」も、すべてpdfで保存

他社電子ペーパー搭載端末の多くは、本体内で作ったノートは別拡張子で保存されており、pdfで共有する際には一度「エクスポート」の操作をする必要があります。
他社はGoogle Playに対応しているものも多いため、アプリを入れればクラウドと同期できますが、ノートは別拡張子のため自動同期してもあまり意味がない(PCでは開けない)のです。

一方、クアデルノは、ノートもすべてpdfで保存されます。

これはファイル同期する際に非常に重要なことで、自動的に生成されているノートも、PCなどと自動同期できます。
クラウド同期後に、「QUADERNO PC App」をインストールしていないPCでも閲覧ができるのは非常に大きいです。

PCとクアデルノを「フォルダ自動同期」しよう。OneDriveなどクラウドフォルダを選択すれば、クラウド自動同期も可能

QUADERNO A4/A5(第2世代)はUSB Type-Cに対応しており、USB接続で同期することも、Wi-Fiでワイヤレス接続することも可能です。
(Wi-Fiはバッテリー消費が速くなるのでご注意を)

USB Type-Cで有線接続も。Wi-Fiでも自動同期可能

「QUADERNO PC App」上には、本体内に保存されているpdfファイルが一覧表示されています。
ダブルクリックで開くこともできますし、フォルダ分けなど整理することも可能。

クアデルノ端末内にすぐにデータを入れたい場合は、QUADERNO PC App内にドラッグアンドドロップすればOKです。
Windows標準のエクスプローラーとおなじ使い方が可能。

フォルダの自動同期

また、フォルダごとに自動同期することも可能です。

同期したいフォルダを右クリックし、同期先フォルダーを設定する

同期したいフォルダを右クリックし、「同期先フォルダを設定する」をタップします。

同期したいフォルダを選択し「フォルダーの選択」を選択すればOK

PC上の同期したいフォルダを選択すればOKです。

OneDriveやGoogle Driveなど、PC上のクラウドフォルダを選択すれば、クラウドと同期できることになります。

会社など、セキュリティの関係でクラウド同期ができない場合も、PCとクアデルノの間のみに閉じて同期できます。

同期先フォルダの設定のみで、クラウド同期か通常のPCとのフォルダ同期かを選択できるのは、非常に大きいと思います。

自動同期間隔の設定

右上の「設定」から同期間隔を設定できる

フォルダの自動同期の間隔も設定できます。
10分、30分、60分、90分から選択可能。

QUADERNO PC Appを起動しておく必要があります。

また、この設定画面では、ノートのテンプレートを自分で作成して追加したり、端末のWi-Fiを設定したりすることも可能です。

もう一つの目玉、「印刷」機能。クアデルノが文字通り「紙」になる

作成したドキュメントファイルやブラウザなど、印刷して確認しておきたいと思う場面も多いでしょう。

その場合は、「印刷」することも可能です。

プリンターで「Print to QUADERNO」を選択し、印刷する

印刷画面で、プリンターの選択を「Print to QUADERNO」にするだけ。

PCとクアデルノが接続さえしていれば、自動的にクアデルノに印刷したpdfファイルが表示されます。

実際に下の動画でデモをしています(再生ボタンで印刷機能の解説から再生されます)。

印刷したpdfファイルに書き込むこともできるので、校正などチェックする際に非常に便利です。

他社電子ペーパーにはこの機能がなく、一度pdfで出力した後にフォルダに突っ込むという動作が必要。結構面倒なのです。
クアデルノは印刷ボタンをポチ、だけでOKなので、非常に便利。

スクリーンキャプチャーで、会議中のメモをプロジェクターなどに(ほぼ)リアルタイム表示

QUADERNO PC Appでは、「スクリーンキャプチャー」という機能も搭載されています。

PC画面上にリアルタイム同期

これは、PC画面上にクアデルノの画面を表示してくれるもの。

QUADERNO PC App右上の「スクリーンキャプチャー」を押して開きます。

画面が全部表示され、赤ペンはちゃんと赤く表示してくれます。
全画面表示やスクリーンショット(画像として保存)も可能なので、とくに会議のシーンでは非常に便利。

PCをプロジェクターに接続しておけば、そのままほぼリアルタイムでプロジェクターに投影することも可能です。

下の動画でもデモをしています(再生で、スクリーンキャプチャーの章から再生されます)

外出先でデータのやり取りが必要!そんなときはスマホの「QUADERNO Mobile App」でデータを取り出せる

外出先で急ぎでデータの送受信が必要になった、というときには、スマホに一時的にデータを吸い出すこともできます。

「QUADERNO Mobile App」を使えば吸い出せます。

クアデルノ内のデータをスマホに取り出す

QUADERNO Mobile Appを開き、「クアデルノからファイルを取り出す」をタップします。

Wi-Fiで取り出せますので、Wi-Fiで接続し、好きなファイルを選択して取り出しましょう。

「閲覧」をタップすれば、取り出す前に確認することもできます。

スマホからpdfファイルをクアデルノに入れる

スマホからpdfファイルをクアデルノに入れる場合は、次の通りです。

まず、PDFファイルを開いた状態で、メニューから「ファイルを送信」をタップし、「QUADERNO」を選択します。

クアデルノへの転送メニューが出てきますのでどちらかを選択します。

今すぐ転送を選択した場合、すぐにクアデルノのアプリが表示されますので、Wi-Fiで接続します。

転送ファイルが一覧で出てきたら、「保存先のフォルダを選択」をタップします。
(転送ファイルが複数ある場合、右上の「…」ボタンから、一括設定をすることもできます)

フォルダーを設定し、実行します。

スマホとのデータのやり取りも結構簡単なので、PCのない外出先で取り急ぎ議事録を送付しなければならない、などの事情が出ても、簡単に使うことができます。

クアデルノは、PCやスマホとの連携がすごい!!特にビジネス用途には便利な機能が多く、手放せない!!

クアデルノの強みは、お分かりいただけたのではないでしょうか。

クアデルノは、本体だけではなく「PCとの連携」がちゃんと作りこまれています
がっつりPCやクラウドとも連携できますし、印刷機能」でまるで紙のように、簡単に印刷→内容の確認ができます。

スマホとの連携もちゃんとできますので、急を要するときもデータのやり取りが楽ですね。

QUADERNO A4/A5(第2世代)」は、本体は特にアップグレードされ、

・WACOM Feel IT Technology採用で、ペンは充電不要で高精度!書き心地がいい
・E Ink ディスプレイやCPU・メモリなども改善され、反応やレスポンスも改善!

と、かなり進化しているのがわかります。

数日使ってみていますが、かなり便利に利用できているのがわかります。

私はどちらかといえば、絵を描くよりは「メモ」がメインなので、かなり満足しています。
絵を描く用途などであれば、カラフルなディスプレイを持つiPadなどのほうがいいのかもしれないですが、電子ペーパーならではの見やすさ、書きやすさはやはり素晴らしいです。

ぜひ、興味をお持ちであれば、一度使ってみてくださいね!

デジタルペーパー(QUADERNO、DPT-RP1・DPT-CP1、BOOX Note)レビュー記事一覧

クアデルノ QUADERNO A5(第2世代)

QUADERNO A4/A5(第2世代)は、2021年7月8日に発売されました。前作やDPT-RP1と比べても、格段に書き心地など向上しております。

富士通FCCL、電子ペーパー「クアデルノ」QUADERNO A4 / A5(Gen.2)を7/8に発売!wacom feel IT対応で書きやすく、「印刷」もできる神(紙)端末
FCCLは、新しい電子ペーパーQUADERNO A4(Gen.2)、QUADERNO A5(Gen.2)を2021年7月8日に発売します。進化したクアデルノは、wacom feel IT Technology対応でGalaxy...
ついに来た!進化した電子ペーパー「QUADERNO A5(第2世代)」の書き心地・レスポンスや操作感を開封レビュー!!
ついに、デジタルペーパーの本命が進化しました!富士通FCCL製のクアデルノが進化した「QUADERNO A4/A5(第2世代)」を発売開始しました。以前、ソニーのデジタルペーパー「DPT-RP1」(A4判)をレビューしましたが...

Sony デジタルペーパー DPT-RP1,DPT-CP1

DPT-RP1については、開封の儀書き心地使い心地など、いろいろレビュー書いています。
参考にしてみてください。

Sonyの新型デジタルペーパーDPT-RP1の書き心地をレビュー。本当にiPad ProーApple Pencilより紙に近い書き心地!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。前回の投稿にて、DPT-RP1の開封からセッティングまでをレビューしました。今回は、書き心地を中心にレビューしていきたいと思います。
Sonyの新型デジタルペーパーDPT-RP1の使い心地をレビュー。ページ送りや拡縮もサクサク、ビューワーとしても申し分ない出来!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。前回はDPT-RP1の「書き心地」をレビューしましたが、今回は「見る」を焦点に、使い心地をレビューしていきたいと思います。モノクロ画面、というデメリットはありますが、それさえ除けば申し...
Sonyの新型デジタルペーパーDPT-RP1のPC周りの操作感をレビュー。専用ソフトは必要だがサクサク、スクリーンショットも取れる!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。前回に引き続いて、今回はDPT-RP1のPC周りの操作感をレビューします。PCをつなげば、結構柔軟にセットアップできるので便利です。
Sonyの新型デジタルペーパーDPT-RP1を5日間使ったインプレッション!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。これまで、4回にわたり、開封・書き心地・使い心地(端末・PC周り)をレビューしてきました。今回は、細かいところや、触れ忘れていたところを含め、ファーストインプレッションのまとめとしてお...
【デジタルペーパーDPT-RP1】使い心地最高!約1か月使ったレビュー。電池持ち、ペン先の摩耗など…個人で購入可能
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。今回は、デジタルペーパーDPT-RP1を約1か月使ったレビューを書きたいと思います。長期間使ってきて、感じたことをつらつら書きます。
DPT-RP1は、「Digital Paper App」をインストールした複数台のPCとペアリング・同時接続可能!GPD Pocketとの相性も抜群。
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。GPD PocketというサブPCを手に入れてセットアップしています。デジタルペーパーDPT-RP1とサブPCであるGPD Pocketをペアリングしたら、メインPCとの接続は切れるの...
SonyのデジタルペーパーDPT-RP1が待望のアップデート開始!スマホ連携機能も追加してますます使いやすく![DPT-CP1も搭載]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。SonyのデジタルペーパーDPT-RP1が発売開始され、はや1年。ついに、待望のアップデートが開始されました。
【DPT-CP1 レビュー】DPT-RP1をそのまま小さくした,機動性抜群のデジタルペーパー!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。モバイル活用展に行ってきた際に、DPT-CP1を触ってきました。DPT-RP1をそのまま小さくした感じで、機動性は抜群です。
【7/4当日出荷】ソニーストアでのデジタルペーパーDPT-CP1の入荷状況更新中…
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。この記事では、随時ソニーストアのDPT-RP1の入荷状況を更新しています。最新は7/3 10:00ごろから、注文を受け付けています。7/4 10:00現在、「当日出荷(7/4)」ステ...
【DPT-RP1 1年レビュー】1年使って感じる、デジタルペーパーの完成度と安定感[DPT-CP1]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。SonyのデジタルペーパーDPT-RP1を導入して、1年が経ちます。他のE-ink搭載端末やペン対応PCなどと併用したりもしていますが、かなり安定感のある使いやすさと機動性に、非常に満...

ソニーストアでの購入はこちらから

ONYX BOOX Note 10.3

ONYX BOOX Note 10.3も、入手次第レビューを上げていきます。お楽しみに。

ONYXのデジタルペーパーBOOX Note 10.3がついに国内発売!DPT-CP1と比較してみる
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。知る人ぞ知るデジタルペーパー兼AndroidタブレットのBOOX Note 10.3が、国内発売されることが発表されました。5月前半にAmazonなどで発売されます。今までのBOOX...
【BOOX Note 10.3 開封レビュー】Google Playストアからアプリも入れられるデジタルペーパー!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ONYXが放つ2018年の新型デジタルペーパー「BOOX Note 10.3」を購入しましたので、早速開封レビューを行いたいと思います。
【BOOX Note 10.3 レビュー】「書く」観点から見た,「紙」まで届いていない惜しいところ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。BOOX Noteを使い始めて5日経ちます。「書く」「読む」のそれぞれの観点から、現状でのBOOX Noteの使い心地に関して考察していきたいと思います。今回は、「書く」観点での目線...
【BOOX Note 10.3 レビュー】「読む」観点から見た,「紙」を超えた読みやすさと面白さ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。BOOX Noteのレビューを、「読む」「書く」の2つの観点から行っています。「書く」観点については前回レビューを行っていますが、今後に期待!という感じ。それに対し、「読む」観点に着...
BOOX note Plus発売!アップグレードされたBOOX Noteを改めてレビューしてみる
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。BOOX Note PlusがSKT社から12/25に発売されています。私がBOOX Noteを購入したのは5月の発売日でしたが、当時とはソフトウェアも大きく変わっています。改めてレ...