WindowsとDuet Displayの組み合わせで、iPad ProのSmart KeyboardがWindows環境でも使用可能!素晴らしく捗る!

GPD Pocket

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

WindowsやMacintoshのPCのサブディスプレイにiPad Proを利用する、duet displayというアプリがものすごく使いやすいです。
とくに、GPD Pocketなどの小さいポータブルPCと使えば、出先でもサクサク仕事できます。
duet displayでつなげたiPad Pro側のSmart Keyboardからでも入力できるんですよ!

Smart Keyboardはかなり打ちやすいので便利。

GPD Pocketとduet Displayの組み合わせが最高!

ポータブルPCであるGPD PocketはWindows 10が入っていますので、iPad ProGPD Pocketそれぞれにduet Displayのアプリを入れれば、iPad ProはGPD Pocketの拡張モニターとして機能します。

しかも、Smart Keyboardもちゃんと効いています。
(Let’s note RZ6で試した時には画面拡張は大丈夫でしたが、Smart Keyboardのほうがうまく認識してくれなかったりしたので、機種との相性もあるのかも)

つまり、GPD Pocketのキー配列が特殊だから、急ぎの用事の時に書きにくい…みたいな時には、iPad ProのSmart Keyboardが大活躍です。

ちなみに、この記事はすべて(写真挿入も含めて)GPD Pocketに接続しているiPad ProSmart Keyboardから投稿しています。
※iPad Proは第一世代の9.7インチ、Smart Keyboardは10.5インチ用のものを接続しています。
 iPad Pro 11インチ(第3世代)でも問題なく使えますよ!

注意点

注意点として、2点あります。

「英数」「かな」キーは効きません

「英数」キーと「かな」キーは、スペースになっています。
半角英数とかなの切り替えは、AutoHotKeyなどを用いて、CapsLockに切替キーを割り当てれば問題ないです。

記号はUS配列

JIS配列のSmart Keyboardを使用している場合、キーボードに刻印されているものとは異なり、記号のみはUS配列のままです。多少ずれたりすることがあります。
ただ、注意するのは「@」と「()」(かっこ)ぐらいかなぁ、という気もします。

お試しあれ!

duet displayは、Windowsインストール版は無料、iPadインストール版は1200円です。
duet Proはapple pencilの筆圧検知対応、ワイヤレス接続などの機能で1200円/月取られますが、apple Pencilをそこまで使わないって人は、Pro版じゃなくて十分だと思います。

WindowsでiPad ProSmart Keyboardってのも不思議ですが、ぜひ使ってみてください!

DPT-RP1は、「Digital Paper App」をインストールした複数台のPCとペアリング・同時接続可能!GPD Pocketとの相性も抜群。
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。GPD PocketというサブPCを手に入れてセットアップしています。デジタルペーパーDPT-RP1とサブPCであるGPD Pocketをペアリングしたら、メインPCとの接続は切れるの...
Duet Display

1,200円
(2019.01.15時点)
posted with ポチレバ

コメント