0 Shares

docomo/au夏モデルが発表になって…

こんにちは。
16日・17日と、それぞれdocomo,auの2011年夏モデルが発表になりました。
全体のイメージとしては、今回はauの方がバラエティに富んで面白い端末が多かったですね。
docomoのスマートフォン端末はBBB以外すべてキーボードなし端末。去年人気が高かった機種のリニュアル端末が多い印象。
それに対し、auは10キーやqwertyキー付き端末もあるし、G’z one IS11CAが印象深い。ふたを開けてみると意外とXperia系統があまり派手に光らない感じで、それぞれの端末に魅力を感じます。

IS11CA、やっぱりこれ変態端末でしょ~(笑)
アメリカ・Verizon版よりもインパクトある気がするのは自分だけなのだろうか。
インパクトも強いだけに、飽きが来るのも早そうな気がする。G-SHOCK特有の「マル」をもっと出してほしかったな~

iidaのINFOBAR A01もなかなかいい感じ。
フィーチャーフォン時代の端末をスマートフォンにフィットした感じで、さすが深澤直人って感じです。
さらに、ホームアプリが魅力的。androidなんだけど、ちょっとwindows phone 7っぽい感じもして、使いやすそう。ホームアプリだけでもほしいかも。

さて、われらがXperia acro。
docomo版・au版で細かいところに差があるみたいだけど…
au版のキャリアメールが9月まで使えないってのは、やっぱり痛いね。去年のXperia SO-01Bのときと同じ感じで。
まだ実際に触ってないので何とも言えないけど、持ちやすさはarcよりacroの方が持ちやすいんじゃないかと思う。やっぱり、人間薄すぎるものは持ちにくいと感じるわけで…そこそこの厚さがないと使いづらいと、arcを触ってみて感じた。
アップデートはどうなるんだろうね。そこまで作りこんでないらしいから、arcと同時期にアップデートくるんだろうか(OSバージョンアップも含め)
いい端末だと思うので、個人的には今のところおすすめしておきます。自分は買いませんが。

しかし、こんなご時世だからこそ、スマートフォンではなくフィーチャーフォンにも目を向けてほしい。
2台持ちをやめられない理由に、フィーチャーフォンなりの良さ・安定感があるということが挙げられるので。
個人的なお勧めは、春モデルだがiida(au)のG11です。やはりソニエリなんだけど笑

自分のねらい目はXperia pro MK16a。早く発売されないかなぁ~、アメリカで(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で