【iPhone 11シリーズ発表】スマホの機種代金と維持費をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ, au, Softbank, 楽天, Y!mobile, UQmobileに対応)
あなたのイベント・セミナー YouTube Liveで配信しませんか?

複数カメラを切り替えたり、テロップをつけたり…
ちょっと工夫を凝らした配信も可能です!
300回以上YouTube Live生放送を手掛けるMATTUが全力サポートします!!

詳しくはこちら

【UQ mobile一強!?】10月からのスマホ料金,用途別に徹底比較!!ドコモ, au, ソフトバンク, Y!mobile, UQ mobileのどこが一番オトク!?

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

10月から法令改正により、スマホ料金プランは「2年契約」を廃止・または解約金縮小と、大きな節目が訪れます。
では、スマホの料金プランはどのように変わったのでしょうか?
NTTドコモauソフトバンクは料金を据え置いて解約金を縮小・廃止していますが、Y!mobileUQ mobileは料金プランを大きく改定しています。

どこが一番使いやすいか、用途別に徹底解説していきましょう。

スポンサーリンク

10月からのスマホ料金の維持費を割引別にまとめ!!

今回比較するのは、
・大手キャリア(NTTドコモauソフトバンク)
Y!mobile(ソフトバンクのサブキャリア)
UQ mobile(auの子会社でMVNO)
の5ブランドです。
Y!mobileUQ mobileは「格安SIM」の分類には入りますが、サブキャリアの扱い(UQも実質的に)なので他のMVNOよりも速度も速く、大手キャリアと同様に非常に快適に利用できます。

ということで、今回はこの5ブランドで比較していきます。

基本的には「通話定額なし」のプランで比較しています。
価格はすべて税抜きです。

Y!mobileは「10分通話定額」のあるプランしか選べないこと、UQ mobileのスマホプラン+10分定額オプションで同額になるので、UQ mobileのプランで集約しています。
家族割・光セット割の両方を適用した場合において、一応Y!mobileも重ねています。

家族割・光セット割とも適用していない場合

まずは、割引を適用しない場合のプラン定価で比較してみます。

NTTドコモ・au・ソフトバンクで比較


NTTドコモauの7GB以下は、入り混じっている状況。
3GB以下で収まるのならNTTドコモ、それ以上であればauを選択するといいでしょう。

ソフトバンクは、ミニモンスターは基本的に高いのでお勧めしません。
ケータイからスマホへの移行ができれば、「スマホデビュープラン」(1GB定額で1980円)を使ったほうがお得です。

家族割や光セット割が使えない状況であれば、7GB以上はau、20GB以上はNTTドコモ、30GB以上はソフトバンク、という使い方をするといいでしょう。
auのデータMAXプランは、テザリングやデータシェアに上限がついているので要注意。

UQ mobileを加えてみると…

UQ mobileは3GB, 9GB, 13GBの3プラン構成。
今回の価格改定でかなり頑張っている印象があります。

13GBで3,980円と、非常にオトクに使えます。

通話をそこまで使わない方からすると、非常に魅力的だと思います。

光セット割のみ適用した場合

光回線のセット割を適用すると、以下の通りです。

NTTドコモ・au・ソフトバンク


ドコモはギガライト3GB以上で1000円引きになるのですが、auの新auピタットプランはすべての段階で500円引きとなっています。
3,980円でauは4GBまで、NTTドコモは5GBまで利用可能。5GBまではNTTドコモのほうがお得です。

5GBを超えると、auのほうがオトクに使えます。
家族割を使わず単体で使うのであれば、20GBまではauのほうがお得です。

UQ mobileを組み合わせてみると…


UQ mobileはUQ WiMAXとセットで使えるギガMAX月割(300円引)を適用させています。
やはり、非常にオトクな印象。

各ブランドの家族割の違い

家族割の定義は、会社によって異なります。

ブランド家族割の名称家族割適用範囲
NTTドコモみんなドコモ割(料金割引)
ファミリー割引(家族間通話無料)
ドコモが定める3親等以内の親族・パートナーシップ
(同居・別居は関係なし)
au家族割プラス(料金割引)
家族割(家族間通話無料)
家族・パートナーシップ
家族割プラスは同居のみ
ソフトバンクみんな家族割+(料金割引)
家族割引(家族間通話無料)
家族・パートナーシップ
同居の場合は別姓可(同棲・シェアハウスなど)
みんな家族割+の割引対象は「ウルトラギガモンスター(+)」のみ
Y!mobile家族割引サービス(料金割引)家族・パートナーシップ
同居の場合は別姓可(同棲・シェアハウスなど)
子回線のみ500円引
UQ mobileUQ家族割(料金割引)家族・パートナーシップ
子回線のみ500円引

NTTドコモauは通話プランのほとんどが回線カウント対象です。割引対象は現行料金プランです。
ただし、auは「auフラットプラン20N」「auフラットプラン25 NetflixパックN」のみ割引対象外ですので、ご注意ください。

ソフトバンクは、「ウルトラギガモンスター/+」「ミニモンスター」「スマホデビュープラン」「ケータイ1GBプラン/200MBプラン」が回線カウントの対象で、割引対象は「ウルトラギガモンスター/+」のみとなります。

Y!mobileは「スマホプラン」「スマホベーシックプラン」の子回線が一律500円引き。
UQ mobileも「スマホプラン」「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」の子回線が一律500円引きとなります。

家族割のみを適用した場合

家族割を適用すると以下の通りです。

auの20GBプランは家族割プランを適用できないので、auの20GBよりNTTドコモのギガホ(30GB)のほうが安くなります。
家族割を適用できる場合は、

・~5GBはNTTドコモ(ほかの家族でauのほうが多い場合はauもOK)
・5GB~7GBはau
・7GB~30GBはNTTドコモ
・30GBを超える場合はソフトバンク

がおトク。

UQ mobileも加えると…

UQ mobileも加えると、もう自明な気もしますがUQ mobileが最もオトクです。

UQ mobileは「13GB」までしか使えないので、家族の中にめっちゃ使う人がいるとちょっとしんどいかもしれません。
(旧プランであれば21GBまで使えます)

光セット割と家族割を両方適用した場合

光セット割と家族割を両方適用した場合を比較してみましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで比較

家族割・光セット割を適用できる場合は、

・~5GBはNTTドコモ
・5GB~7GBはau
・7GBを超え、家族割4人適用できる場合はソフトバンク(できなければNTTドコモ)

がおトク。

UQ mobileとY!mobileも加えると…

UQ mobileY!mobileも加えて比較すると、こんな感じ。

Y!mobileは「一回10分の通話が無料」がセットになっているので、UQ mobileより若干高いです。

UQ mobileは3GBまで1,480円。
13GBでも3,980円と非常にオトクに使えます。

Y!mobileとUQ mobileの維持費を比較してみると…

Y!mobileとUQ mobileの契約月別の維持費を比較してみると…

※家族割・光or WiMAXセット割は除いています。

プランS(3GB)~6か月7か月~24か月25か月~
Y!mobile
(10分/回通話定額)
1,980円2,680円3,180円
(2GBまで2,680円)
UQ mobile
(通話定額なし)
1,980円1,980円1,980円
UQ mobile
(10分/回通話定額)
2,680円2,680円2,680円

そこそこ通話するのであれば、Y!mobileのほうがお得です。
基本的に通話しない(LINE通話などの通話しか使わない)のであれば、UQ mobileのほうが維持費は安いです。

Y!mobileは「増量オプション」(2年間無料、3年目以降500円)を適用しての3GBなので、3年目以降は500円増えます。
ずっと持ち続けるのであれば、UQ mobileのほうが維持費は安くなります。

ただし、Y!mobileのみ国内通話が完全定額になる「スーパーだれとでも定額」を選べます
通話重視の方は、Y!mobileを選んだほうが幸せになりそう。

おすすめのキャリア早見表

NTTドコモauソフトバンクUQ mobileY!mobileの5キャリアで、おススメの早見表を作ると以下の通りになります。

13GB以下の場合

NTTドコモauソフトバンクで家族割を使えないのであれば、基本的にはUQ mobile・Y!mobileの2択です。

  • 通話をそこそこするのであれば、Y!mobile
  • データ通信しか使わないなら、UQ mobile
  • 家族割使える(13GB以上使う家族がいる)なら、5GBまではNTTドコモ。5~7GBまではNTTドコモau(家族の使っているほうで)
  • 7GBを超える場合、家族割使えるならNTTドコモ
  • 家族割使えないけど13GB超える可能性あるならau

という感じ。

13GBを超える場合

13GBを超えると、基本的にはNTTドコモauソフトバンクしか選択肢がなくなります。
(他、一部のMVNOでも出ているところはありますが…)

  • 30GB以内ならドコモ
  • 家族割使えないけど13~20GBならau
  • 家族4回線集められるならソフトバンク
  • ソフトバンクの「みんな家族割+」は「スマホデビュープラン」「ケータイ1GB/100MBプラン」もカウント対象なので、あまり使わない方はケータイで契約することで、回線カウントに入ります。
    「ミニモンスター」はお勧めできません。

  • スマホだけで50GB以上使うならau

30GBを超える使い方をするとなると、「光回線がない(光セット割適用できない)」のが前提になりそうな気もしますが…
ライトユーザーな家族も1GB~5GBの範囲でそこそこスマホ使うのであれば、NTTドコモが一番バランスがいいのかと思います。

どのブランドでもいえることですが、とにかく大原則は家族で同じキャリアにそろえることです。
auの家族割プラスは同居のみですが、それ以外は別居でも家族割に入れますので、できるだけ家族割グループを大きくすることをお勧めします。

よくわからない!という方は、「スマホ料金キャリア横断シミュレーション」を使ってみよう

キャリアを横断して料金を比較できるシミュレーションツールを公開しています。
NTTドコモauソフトバンク・楽天モバイル・Y!mobileUQ mobileの各ブランドで、自分に合った料金プランを確認できます。

自分の電話の利用頻度、利用するデータ量を入力すると、各キャリア最も最適な料金が表示されます。

あなたに最適なスマホ料金プランはこれ!!6キャリア横断計算シミュレーション [大手全キャリア新プラン対応]
スマホの月額料金の仕組みが、各社で違うし、自分にあう料金プランをいちいち計算するのが面倒…という方のために!!簡単なフォームにちょこっと入力するだけで、あなたに最適な料金プランがわかります。ぜひ、契約の参考にしてみてくださいね!

iPhone 11シリーズの端末代金と毎月の維持費を比較したい方は、iPhone用の横断シミュレーションツールも公開しています。

【iPhone 11】スペックと価格まとめ!6キャリアの毎月の維持費もシミュレーションしてみよう![iPhone 11 Pro, Pro Max]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ついに2019年モデルのiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxが発表されましたね!iPhone 11シリーズは、Proモデルは3眼カメラ。P...

ぜひ使ってみてくださいね!!

ドコモオンラインショップ

店頭では負担しなければならない「頭金」「新規契約事務手数料」「機種変更事務手数料」が無料!
24時間いつでも購入できるし、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにドコモでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のドコモオンラインショップで!!

auオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにauでスマホ・ケータイを買うなら、auオンラインショップで!!

ソフトバンクオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにソフトバンクでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のソフトバンクオンラインショップで!!

コメント