スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

【UQ mobile一強!?】10月からのスマホ料金,用途別に徹底比較!!ドコモ, au, ソフトバンク, Y!mobile, UQ mobileのどこが一番オトク!?

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

10月から法令改正により、スマホ料金プランは「2年契約」を廃止・または解約金縮小と、大きな節目が訪れます。
では、スマホの料金プランはどのように変わったのでしょうか?
NTTドコモauソフトバンクは料金を据え置いて解約金を縮小・廃止していますが、Y!mobileUQ mobileは料金プランを大きく改定しています。

どこが一番使いやすいか、用途別に徹底解説していきましょう。

スポンサーリンク

10月からのスマホ料金の維持費を割引別にまとめ!!

今回比較するのは、
・大手キャリア(NTTドコモauソフトバンク)
Y!mobile(ソフトバンクのサブキャリア)
UQ mobile(auの子会社でMVNO)
の5ブランドです。
Y!mobileUQ mobileは「格安SIM」の分類には入りますが、サブキャリアの扱い(UQも実質的に)なので他のMVNOよりも速度も速く、大手キャリアと同様に非常に快適に利用できます。

ということで、今回はこの5ブランドで比較していきます。

基本的には「通話定額なし」のプランで比較しています。
価格はすべて税抜きです。

Y!mobileは「10分通話定額」のあるプランしか選べないこと、UQ mobileのスマホプラン+10分定額オプションで同額になるので、UQ mobileのプランで集約しています。
家族割・光セット割の両方を適用した場合において、一応Y!mobileも重ねています。

家族割・光セット割とも適用していない場合

まずは、割引を適用しない場合のプラン定価で比較してみます。

NTTドコモ・au・ソフトバンクで比較


NTTドコモauの7GB以下は、入り混じっている状況。
3GB以下で収まるのならNTTドコモ、それ以上であればauを選択するといいでしょう。

ソフトバンクは、ミニモンスターは基本的に高いのでお勧めしません。
ケータイからスマホへの移行ができれば、「スマホデビュープラン」(1GB定額で1980円)を使ったほうがお得です。

家族割や光セット割が使えない状況であれば、7GB以上はau、20GB以上はNTTドコモ、30GB以上はソフトバンク、という使い方をするといいでしょう。
auのデータMAXプランは、テザリングやデータシェアに上限がついているので要注意。

UQ mobileを加えてみると…

UQ mobileは3GB, 9GB, 13GBの3プラン構成。
今回の価格改定でかなり頑張っている印象があります。

13GBで3,980円と、非常にオトクに使えます。

通話をそこまで使わない方からすると、非常に魅力的だと思います。

光セット割のみ適用した場合

光回線のセット割を適用すると、以下の通りです。

NTTドコモ・au・ソフトバンク


ドコモはギガライト3GB以上で1000円引きになるのですが、auの新auピタットプランはすべての段階で500円引きとなっています。
3,980円でauは4GBまで、NTTドコモは5GBまで利用可能。5GBまではNTTドコモのほうがお得です。

5GBを超えると、auのほうがオトクに使えます。
家族割を使わず単体で使うのであれば、20GBまでは