MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

Galaxy Note10+のケースに!薄くて頑丈なアラミド繊維のPITAKA MagEZ caseレビュー[PR]

Galaxy Note10

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Note10+は大きさの割には比較的軽いのですが、大きいのでポケットに収まらないズボンもあって、落としそうになることもあります。

そんなGalaxy Note10シリーズのケースでおすすめなのが、PITAKAのMagEZ Case
鉄の5倍の強度を誇るアラミド繊維を使っているので、極薄、超軽量でほとんどケースをつけている感覚がありません
さらに、車載ホルダーとも連動しワイヤレス充電も簡単に使えます。

iPhone 11 Pro用のものと両方使っておりますが、ここまで使い勝手のいいケースは見たことがないです。

今回は、このPITAKA MagEZ Caseと車載ホルダーをご提供いただきましたので、レビューしていきます。

「PITAKA」MagEZ Case Samsung Galaxy Note 10+ ケース 対応 アラミド繊維 カーボン風 超薄(0.85mm) 超軽量(17g) 耐衝撃 ワイヤレス充電対応(黒/グレ-ツイル柄)
PITAKA

スポンサーリンク

アラミド繊維のおかげで軽い!薄い!丈夫!!ほとんどつけていないような着け心地!

PITAKAのMagcaseはホントすごいです。
すごいポイントは3つ。

薄くて丈夫!!圧倒的に軽い!!

PITAKAのMagcaseは、なんとGalaxy Note10+用で16g。

軽すぎて、ほとんどつけていないのと同じ感覚です。

アラミド繊維は宇宙船やスーパーカー、防弾チョッキにもよく採用されている、衝撃に非常に強い素材です。
厚さは0.85mm。
重さは16gと、ほかのケースと比べても圧倒的な軽さを誇りますが、強度は鉄の5倍。

私はGalaxy Note10+を持っているのですが、本体にケースを装着しても215g。

ガラスフィルムやSIMカードを装着してのこの重さ。

6.8インチサイズでケースをつけてこの重さは、驚異的です。
これを下回ることはなかなかできないでしょう。

画面が大きいと、ガラスフィルムをつけていても落として割るリスクがありますので、ケースをつけ耐衝撃性をあげたいところ。
耐衝撃性と軽さ・丈夫さを両立させるなら、PITAKAのケースが一番です。

アラミド繊維ならではのカッコよさ。肌触りも自然!!

アラミド繊維は「頑丈」の象徴でもあるので、その見た目もファンが多いです。
アラミド繊維インスパイアのデザインの低価格ケースも発売されるほど(インスパイアのほうは耐久性はないですが)。

とくに理系男子にファンが多い印象あります。
このシマシマの素材、ホントかっこいいですよね。

インスパイアの商品やほかの布製商品と異なるのは、圧倒的な耐久性のほかに、手触りも。
キチキチに編み込まれているため、手触りはなめらかですべすべ。
触っていても心地いいです。

ケースなしで使うよりも、表面が滑り止めできている気もします。
スマホが大きいと滑って落としやすいので、うれしいですね。

「PITAKA」MagEZ Case Samsung Galaxy Note 10+ ケース 対応 アラミド繊維 カーボン風 超薄(0.85mm) 超軽量(17g) 耐衝撃 ワイヤレス充電対応(黒/グレ-ツイル柄)
PITAKA

PITAKA Magcaseはワイヤレス充電にも対応!磁石式の車載ホルダーにも対応し、位置決めの必要なし!!

PITAKA Magcaseはワイヤレス充電にも対応しています。

PITAKA Magcase用の車載ホルダーに対応していて、ケースに埋め込まれた金属と車載ホルダーが磁石でくっつきます。

この手の磁石型車載ホルダーは、別にスマホやケースに着けるメタルの輪が付属していることが多いのです。
しかし、これ、位置決めが非常に大変。
とくに金属を探知するとワイヤレス充電規格のQiは自動的に充電を停止する仕様になっているので、位置決めが大変なのです。

このMagcaseメタルがケースに埋め込まれているので、位置決めする必要はありません
ケースをスマホにはめて、充電ホルダーにくっつけたら自動的に充電が開始されます。

準備の必要なく、充電台に磁石でくっつけるだけで充電ができるのは、ケーブルの抜き差しなどしなくても手間かからないので非常に便利ですよね!!

私もPITAKA Magcaseで車載ワイヤレス充電を何回も利用していますが、ナビでスマホを使うときなどにも便利です。

PITAKA Magcaseは、Galaxy Note10+にも最適!!

大きいGalaxy Note10+は手が滑って落としやすいので、軽くて丈夫なPITAKA Magcaseはホント最適です。
ワイヤレス充電やFeliCa決済も問題なく使用可能ですので、非常に便利。

まるでつけていないような着け心地が最高です。

ぜひ、Galaxy Note10+お持ちの方は、試してみてくださいね!!

「PITAKA」MagEZ Case Samsung Galaxy Note 10+ ケース 対応 アラミド繊維 カーボン風 超薄(0.85mm) 超軽量(17g) 耐衝撃 ワイヤレス充電対応(黒/グレ-ツイル柄)
PITAKA

Galaxy S22シリーズ・S21シリーズのレビューと価格

Galaxy S22・S22 Ultraを買えるところ

国内版

国内版はNTTドコモauから、Galaxy S22 Ultra・Galaxy S22の2機種を発売されます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
127,512円 4/21発売
(MNP/機変/契変 5,500円引)
SCG13
125,030円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB(~5/11))
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
183,744円 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB)
※auは22歳以下の新規でさらに10,000円CB

詳しくは、Galaxy S22シリーズのまとめ記事で順次更新しています。

【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

海外版

モデルExpansysETORENイオシス
(国内からの発送)
Galaxy S22 Ultra 5G256GB 174,892円
512GB 194,890円
1TB 228,889円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
128GB 153,700円
256GB 170,300円
512GB 186,900円
(eSIMモデルのSM-S908E)
256GB 164,800円
512GB 184,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
Galaxy S22 5G128GB 104,892円
256GB 112,890円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
128GB 110,900円
256GB 123,100円
(eSIMモデルのSM-S901E)
256GB 109,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
Galaxy S22+ 5G256GB 139,892円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
128GB 138,900円
256GB 151,000円
(eSIMモデルのSM-S906E)
256GB 139,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
購入先Expansys
(税込・送料無料)
ETOREN
(税込・
送料別+2,000円)
イオシス
(税込・送料別+640円)

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22 UltraやSペン内蔵スマホのレビュー

Galaxy S22 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント
Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外...
【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

Sペンでメモ

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!
Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵すること...
手書きメモアプリ「Galaxy Notes(Samsung Notes)」がすごい!Windows PCやタブレットとの連携で、どこでも高機能にメモ!【Gakaxy S22 Ultra レビュー】
Galaxy S22 UltraでSペンが内蔵され、「Galaxy Noteが戻ってきた!」と喜ぶ方も多いでしょう。私MATTUも、メモがはかどるのが心地よく、メモしまくっております。ただ、このメモ機能がGalaxy S22 ...
Galaxy Note20 UltraのSペンは「地味だけど着実に進化」手書きSペン周りをレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、もちろんスマートフォンやカメラとしても進化しています。ただ、最も特徴的な「ペン」の進化はやはり着目するべきでしょう。今年のGalaxy N...
【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いや...
Galaxy Note10+にも使えるLAMY AL-STAR EMRペン、書き心地がよすぎる!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。LAMY AL-STAR EMRペンを購入してみました。WACOM Feel ITテクノロジーに対応したペンで、Galaxy Note10+をはじめとしたGalaxyのペン対応デバイス...

Sペンエアアクションでジェスチャーリモコン

Galaxy Note20 Ultraでパワーアップした「Sペンエアアクション」をレビュー。まるで魔法の杖…
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、Sペンをジェスチャー操作してコントロールする「Sペンエアアクション」が進化しています。Galaxy Note10+では特定アプリとカメラ・音楽...
【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとし...

カメラ

【Galaxy S22 Ultra カメラレビュー】S21 Ultraから変わった見えない進化は?iPhone 13 ProやXperia 1 III・PRO-Iとも比較!
Galaxy S22 Ultraは、標準レンズに1億8百万画素(108MP)の高画素レンズ、望遠レンズは3倍に加え、光学10倍ペリスコープレンズも備え、最大100倍のスペースズームも楽しめます。もちろん超広角レンズやレーザーAFも搭載...
Galaxy S21 Ultraのカメラをレビュー!!望遠の強さだけでない、バランスのすごいカメラ
いよいよGalaxy S21シリーズの国内投入が発表されました!ドコモ・auから発売されます。一足先に、Galaxy S21 Ultraを(海外版ですが)2か月ほど使ってきました。非常に満足して使えていますが、中でもすごいのはやはりカ...