スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

手書きメモアプリ「Galaxy Notes(Samsung Notes)」がすごい!Windows PCやタブレットとの連携で、どこでも高機能にメモ!【Gakaxy S22 Ultra レビュー】

Galaxy S22 Ultra(2022)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy S22 UltraでSペンが内蔵され、「Galaxy Noteが戻ってきた!」と喜ぶ方も多いでしょう。
私MATTUも、メモがはかどるのが心地よく、メモしまくっております。

ただ、このメモ機能がGalaxy S22 Ultraの中だけにとどまっていては、PCやタブレットで作業する方にとってはあと一歩!と思うかもしれません。
いやいや!実は、多くのWindows PCにもSamsung Notesアプリを入れることにより、マルチデバイスでメモを連携・共有することができるんです!
Androidタブレットでも、Galaxy Tab S8などで利用可能です!

テキストと手書きを混ぜながらかけたり、会議中の音声録音・筆跡メモ機能や、写真・画像を添付できる機能も。
ページ区切りも可能で、すぐPDFにして送信することもできますし、自分で作ったテンプレートを使ってメモをすることも可能です。

対応機器を持っていれば、とにかく高機能で非常に便利に使えます。
メモの機能をGalaxy Notesに移行して常用できそう。

今回は、Galaxy Notes(Samsung Notes)の高機能ぶりを徹底レビューします。

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

スポンサーリンク

Galaxy Notes(Samsung Notes)の基本、書く!描く!消す!見る!

まずはGalaxy Notesアプリ(Windows PCアプリやAndroid海外版では「Samsung Notes」)の基本である、書く・描く・消す・見る、についてご紹介していきます。

なお、できることはGalaxyスマホ・タブレットとWindows PCすべてで同じです。

テキストと手書きを重ねて書ける!描ける!

Galaxy Notesアプリでは、テキストと手書きを重ねて書くことができます。

テキストモードと手書きモードは左下のボタンから切り替えられます。
また、テキスト編集時にペンを引き抜けば、自動的に手書きモードに切り替わります。

また、テキストモードでも、右下のペンのアイコンから、手書きを認識してテキスト化して入力してくれるモードも搭載されています。
テキストは、左揃え・中央揃え・右揃えの切替や、フォントの色・大きさなどを変えることも可能です。
(フォントの種類は変えられません)

手書きモードでは、ペンの種類や色・太さなどを細かく変更できます。
お気に入りのペンの色を保存し、エアアクション(ペンを浮かせてボタンを1度・2度押し)でペンの種類を切り替えられます。

消しゴムはSペンのボタンを押しながらたどれば消せます。

Sペン自体はかなり書き心地が良く、とくにGalaxy S22 Ultraなど硬いガラス面に書く場合、Sペンのペン先が柔らかく手に衝撃を受けにくいおかげで、筆のような書き心地を味わえます。
長時間書き続けても、手首は疲れにくいです。

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

画面ロックしていても、さっとペンを出してメモを書ける「画面オフメモ」

Galaxy S22 UltraなどSペンが使えるデバイスでは、画面をロックしなくてもペンを引き抜くだけでメモができる「画面オフメモ」を使うことができます。

画面が暗い状態でペンを引き抜くと、背景は黒いままでキャンバスが現れます。
左上にペンの色や太さのアイコンが現れ、画面に自由に文字を書くことができます。

メモした内容は「📌」→「Always On Display」で、ロック解除前のディスプレイに表示できる

書き終わったら、右上のピンのボタンを押せば、画面ロック状態にも常時表示できるAlways On Displayに表示できます。
「保存」を押すと、ほかのメモと同じようにGalaxy Notesアプリに保存されます。後で見返すことも可能です。

ペンが細いとAlways on Displayでは見にくいので、太めにしておくといいでしょう

とっさの状況でもすぐメモが取れるのは便利ですね!

なお、Galaxy Notesの通常の手書きメモに比べると機能は少し限られますので、がっつりメモしたい場合はGalaxy Notesを使うことをお勧めします。
ロックを解除した状態でペンを引き抜くと、通常はランチャーが表示されるのですが、すぐノート作成画面が開くように設定から変更することも可能です。

あとから見返すときはGalaxy Notesアプリから

メモするときは「ノートを作成」からすぐメモを取ることができますが、見返したりメモを書き足したり、という場合には、「全てのノートを表示」を開きます。

Galaxy Notesアプリを開くと、いままでのノートを時系列に表示できます。
星をつけたお気に入りノートを上部に固定することも可能です。

Galaxyスマホでは左の「三」をタップすると、ノートのフォルダが表示されます。
(PC版の左側バーと同様の内容が表示されます)

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

Galaxy Notes(Samsung Notes)、充実の多機能!

Galaxy Notesアプリは、機能が非常に充実しています。
Galaxy S22 UltraをはじめとしたGalaxyスマートフォンでも、Windows PCやGalaxy Tab S8などのタブレットでも、シームレスにメモを共有・編集できます。

手書きメモをテキスト化!

手書きのメモをテキスト化できます。
メニューバーの中にある「テキスト変換」を選択すると、表示されているエリアのテキスト変換プレビューを、自動的にポップアップで表示してくれます。

そのまま「変換」することもできますが、個人的には「コピー」を選択し、別ページにテキスト変換結果を貼り付けすることをおすすめします。

手書きの字体によって精度は変わりますが、結構精度はいい印象を受けます。
ただ、修正が必要な場面もありますし、後述の録音筆跡の機能を使う場合もあると思うので、できれば元のテキストは残しておいたほうがいいかもしれません。

録音しながらメモ!筆跡も保存できる!

Galaxy Notesアプリのすごいところは、メモしながら録音できるだけでなく、手書きの筆跡も保存できる点です。

アプリ右上のクリップ(📎)ボタンから「音声録音ファイル」を選択すると、自動的に録音が開始されます。

録音しながら、メモを取ることができます。
メモしたデータは、録音した音声を再生する際に筆跡も保存されており、聞き返しながらどこをメモしたか確認できます。

メモしている場面で聞き漏らした場合は、音声を確認したらもう一度振り返ることができます。

下の動画では、Surface PC・Galaxy Z Fold3・Galaxy S22 Ultraの3機種で、それぞれメモしたときの録音音声を聞くことができます。
特に、筆跡のボリュームに注目しながら聞いてみてください(再生ボタンタップで該当箇所から再生します)

さらに、「音声しながらメモ」のすごいところは、Galaxy S22 UltraなどGalaxyスマホのSペンにあります。
Galaxy S22 Ultraなど、Sペンのペン先は比較的柔らかめで、画面に描いていてもほとんど手首に衝撃を与えず、非常に書き心地がよいです。

手首に衝撃を与えないというのは、画面にとっても衝撃を感じにくく、筆跡の音を拾いにくいです。
Galaxy S22 UltraなどSペン対応デバイスで録音しながらメモすると、ほとんど筆跡の音を拾わず、声をリアルに録音することができます

議事録を作成する場合など、利用シーンとしては最強の環境だと思います。

その他、カメラで撮影した写真(アプリ内での撮影も可能)やPDF、ほかのアプリで録音した音声ファイルなども添付できます。

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

メモデータは、WordやPowerPoint、画像、PDF、テキストファイルとして共有・出力可能

Galaxy Notesアプリにメモしたデータは、Word・PowerPointや、画像・PDF・テキストファイルなどの各種ファイルで出力することができます。

「ファイルを保存」を押したあと、お好みのファイルで出力できる

Wordファイルなどで出力したデータにちょっと手を加え議事録として仕上げ、会議参加者に共有する、といった使い方も可能です。

Microsoft Wordファイルで保存し、開いた状態。テキストデータはテキストファイルで、手書きデータはまとめて画像ファイルで保存される
(図は手書き文字を選択した状態のため、図を選択している枠が表示されています)

なお、Wordファイルでの手書きメモは画像として保存されます。Microsoft Officeのインク機能で保存されません。
ノートの中のテキストデータは、そのままテキストデータで出力されるようになっています。

PowerPointファイルで保存し、開いた状態。テキストのように見える部分も画像に埋め込まれており、編集不可。
縦長ページも横長スライドで出力される

PowerPointファイルでは、手書きメモ・テキストデータはすべて1ページにつき1枚の画像として出力されます。

手書きをテキスト変換したい場合は、あらかじめGalaxy Notesアプリ上で変換しておくことをおすすめします。

ページを区切ってメモを取れる。オリジナルのフォーマットを取ってメモを取ることも可能!

Galaxy Notesの便利な機能は、ページを区切ってメモを取れることです。
ページを区切らずに無限スクロールでメモを取ることもできますし、ページを区切ることも可能です。

ページの設定変更(左)や、テンプレートを選ぶ(右)こともできる!自分の作ったフォーマットを入れることも可能

Galaxy Notesは様々なページフォーマットが提供されていますので、方眼紙や大学ノートなど、自分の好きなフォーマットでメモを取ることができます。

また、オリジナルのフォーマットを作り、それでメモを取ることもできます。
QUADERNOなど電子ペーパー端末ではおなじみの機能ですが、メモアプリで提供されているのは少なく、結構便利な機能です。

試しに自分のフォーマットで作ってみたところ

上の図は、試しに自分の作ったオリジナルフォーマットのpdfを読み込ませたところです。
ページを追加しても同じフォーマットのテンプレートでページが追加されます。

自分でメモにフォーマットがあったり、特定のフォーマットで使いたい時には便利ですよね!

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

Windows PCやGalaxy Tab S8などタブレットでも利用可能!マルチアカウントでリンクして、どこでも同期しよう

Galaxy Notesアプリは、実はGalaxyスマートフォンだけではなく、Windows PCやAndroidタブレットでも利用できます。

Windows PC版などでも機能の制限はなく、すべての機能を同じように利用できます。

Galaxy Notes(Samsung Notes)を利用できる端末

メモアプリGalaxy Notes(Samsung Notes)を利用できる端末は、以下の通りです。

・PC : Windows 11/10を搭載しており、Microsoft Storeからのアプリインストールに対応するPC

・Androidタブレット:Galaxy Tab S8などのGalaxyタブレット

・Androidスマートフォン:Galaxyスマートフォン

Android OSを搭載した端末でGalaxy Notesのメモアプリをインストールする場合は、Samsung製スマートフォンに限られています。
Sペンに対応していないスマートフォン(例:Galaxy Z Fold2など)でも、インストールして利用することは可能です。

Windows PC向けには、Samsung製Windows PCでなくても、Microsoft Storeからインストールできる場合があります。

Samsung製以外の、多くのWindows PCでインストールする方法

Samsung製Windows PCは執筆時現在、日本でコンシューマー向けには発売されておらず、個人輸入など入手する方法は非常に限られます。

Windowsでは、実はSamsung製以外のWindows PCでもインストールができます。
私も、手元のSurface Laptop StudioやASUS ZenBook Duo、ゲーミングデスクトップPCなどでも問題なくインストールすることができましたので、簡単にご紹介します。

メーカーが推奨しているわけではないので、自己責任でのご利用をお願いいたします

スマホのブラウザからMicrosoft Storeにアクセスする

Windows PCのMicrosoft Storeアプリで「Samsung Notes」と検索してインストール出来れば最もいいのですが……。
PCから直接検索が出てこない場合は、スマホのブラウザでアクセスします。

Get Samsung Notes from the Microsoft Store
Samsung Notesでは書く機能と絵を描く機能が強化されたSペンを使用できるほか、クラウドにファイルを保存できます。 Sペンを使用すると、Samsung NotesにNotes、メモ、画像、音声、ミュージックを含んだNotesを作成できます。 新しいノートを作成してみる。 メイン画面の右下の+をタップす...
Microsoft Storeに、スマホのブラウザからアクセスしてみよう

スマホのブラウザでMicrosoftアカウントにログインし、「入手」をタップします。
すると、Microsoftアカウントに紐づいているPCが一覧で現れますので、その中からインストールしたいPCを選んで「今すぐインストール」を押せば、インストールできます。

もしインストールされない場合は、このあとPCのMicrosoftアプリの「マイアプリ」から、Samsung Notesアプリが表示されるか確認しましょう。
一度アカウントで取得すると、基本的にはMicrosoft Storeの「マイアプリ」に表示できるようになるはずです。

それでもインストールできないときは…

それでもインストールできない場合は、「どのWindows PCにでもインストールできる非公式ツール」がSamsungコミュニティ上に配布されておりますので、これを使いましょう。

※非公式ツールのため、くれぐれも自己責任でご利用ください。利用による不具合などあっても、責任は負えません

Get Samsung Notes on any Windows10 PC
Get Latest Samsung Notes 4.1.28 Now you can view & edit Spen Notes on any PC I have made an installable file for windows 10  which can be installed on any P...

手順は以下の通り。
ダウンロードしたzipファイル内にある「Instructions.txt」にも英語で手順が書いてあります。

(1)ファイルを解凍し、WSAppBak.exeを実行し、10秒以内に閉じます

(2) 「SAMSUNGELECTRONICS~.appx」をWSAppPlgIns.exeに重ね、実行します

これで、Windows PC内に旧バージョンのSamsung Notesがインストールされた状態になります(スタートメニュー内にも入っているはずです)

(3) Samsung Notesを更新後、最新バージョンが利用できます

Microsoft StoreのライブラリにアクセスするとSamsung Notesは「更新」表示になります。
更新をして最新バージョンにしましょう。

Androidスマートフォンやタブレットで、Galaxy Notesのメモを見る方法

Galaxyスマホ・タブレット以外のAndroidスマートフォンやタブレットでは、Galaxy Notesアプリをインストールすることはできません。
しかし、Galaxy Notesアプリ上でMicrosoftアカウントとリンクをすることによって、OneNoteアプリからメモを見ることが可能です。

Microsoft OneNoteと同期を完了すると、OneNoteアプリ上の「最近表示したノート」に表示され、ノートのデータを見ることができます。

ただし、OneNoteのノート内にデータが保存されているわけではなく、編集はできません。
あくまでも、Galaxy Notesアプリ上でメモした内容を、Galaxy Notesをインストールしていないスマホでも閲覧できる機能、となっています。

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

Galaxy Notes(Samsung Notes)アプリは、PC・タブレット・スマホのマルチデバイスで、「紙を超えた」メモができる神アプリ!

Galaxy Notesアプリは、Galaxy S22 Ultraをはじめとするスマホだけではなく、Windows PCやGalaxy Tab S8などのタブレットでも使えます。
意識しなくても自動同期できる、非常に便利なメモアプリです。

私MATTUはQUADERNOSony Digital Paperなどの電子ペーパー端末をよく使っているのですが、どちらかといえば「紙を再発明する」というコンセプト。
紙の良さをそのままに、PCとのデータ同期・印刷機能など、非常に便利に使えています。

Galaxy Notesアプリは、とりあえず私はWindows PCとGalaxy S22 UltraなどのGalaxyスマホで使っているのですが、「紙を超えた」と言っていいでしょう。
書き心地も抜群で筆のようですし、ページ区切りやテンプレートの考え方は紙にメモをするようにも使えます。

録音・筆跡再現機能はさらにすごさを感じます。
GalaxyシリーズのSペンならではの便利な機能で、書き心地の良さだけでなく、書いていても筆跡の音をほぼ拾わないところも魅力
音を拾わないというのは、手首の負担も少なく、長時間書き続けられるという点でもメリットです。

実は、Galaxy Tab S8 Ultraを買ってしまったのですが、買った最大の理由はこの録音・筆跡再現機能です。
あまりにも理想的なメモ環境なゆえ、大画面のAndroidタブレットでメモ環境が構築出来たらどうなるなんだろう?というところから、興味を持ちました。
(Samsung製のWindows PCは、キーボードを取り外せる2in1スタイルのモデルは執筆時点では存在せず、Galaxy Tab Sシリーズでしかこの心地は味わえません)

ぜひ、皆さんにも、Galaxy S22 UltraやGalaxy Tab S8を使って、このメモ環境を味わっていただきたいです!

Galaxy Tab S8 Ultraは到着次第レビューしますので、お楽しみに!
Galaxy S22 Ultraは、そのほかのSペン機能やカメラ機能など、詳細をレビューしております。
下のリンクなどからもぜひご確認くださいね!

Galaxy S22・Galaxy S22 Ultraの購入はこちらから

Galaxy S22シリーズ・S21シリーズのレビューと価格

Galaxy S22・S22 Ultraを買えるところ

国内版

国内版はNTTドコモauから、Galaxy S22 Ultra・Galaxy S22の2機種を発売されます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
127,512円 4/21発売
(MNP/機変/契変 5,500円引)
SCG13
125,030円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB(~5/11))
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
183,744円 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB)
※auは22歳以下の新規でさらに10,000円CB

詳しくは、Galaxy S22シリーズのまとめ記事で順次更新しています。

【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

海外版

モデルExpansysETORENイオシス
(国内からの発送)
Galaxy S22 Ultra 5G256GB 174,892円
512GB 194,890円
1TB 228,889円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
128GB 153,700円
256GB 170,300円
512GB 186,900円
(eSIMモデルのSM-S908E)
256GB 164,800円
512GB 184,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
Galaxy S22 5G128GB 104,892円
256GB 112,890円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
128GB 110,900円
256GB 123,100円
(eSIMモデルのSM-S901E)
256GB 109,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
Galaxy S22+ 5G256GB 139,892円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
128GB 138,900円
256GB 151,000円
(eSIMモデルのSM-S906E)
256GB 139,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
購入先Expansys
(税込・送料無料)
ETOREN
(税込・
送料別+2,000円)
イオシス
(税込・送料別+640円)

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22 UltraやSペン内蔵スマホのレビュー

Galaxy S22 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント
Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外...
【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

Sペンでメモ

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!
Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵すること...