MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

【Xperia Ace III 実機レビュー】動作は快適。使って分かった、スペック表に現れないメリット・デメリット

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Xperia Ace IIIは、NTTドコモやau・UQ mobile, Y!mobileで発売されている、2~3万円台の格安スマホです。

昨年発売されたXperia Ace IIは最低額に抑えていた印象がありますが、今回のXperia Ace IIIはより実用的な快適動作で、非常に使いやすくなっている印象です。

今回は、スペック表やベンチマークに現れない、Xperia Ace IIIの使って分かった長所・短所をまとめていきます。

スポンサーリンク

Xperia Ace III、実際に使っていいと思ったポイント

Xperia Ace IIIを使って感じた、「このポイントはいい!」と思う点をご紹介していきます。

手ごろな大きさ。握りやすく、操作しやすい

Xperia Ace IIIは、昨年のXperia Ace IIとほぼ同じ5.5インチ。
他社の2万円台スマートフォンと比べても、少し小さめな大きさとなっています。

真ん中がXperia Ace III。AQUOS wish2(左)とarrows We(右)と、比較

2~3万円台スマホで比較すると、Xperia Ace IIIが最も小さく、arrows Weが最も大きい感じ。
ただ、結構大きさは近いため、握り心地にそこまで差があるわけでもありません。

カメラ部分はフラット。出っ張っていない安心感があります。
スマホ自体はちょっと厚めではありますが、本体小さめなので握り心地としては比較的いい感じ。

端末上部には3.5mmイヤホンジャック、右側面には電源ボタン(兼指紋センサー)と音量ボタンがあります。

下部にスピーカー(シングル)、USBポート。左側面にSIMスロットが搭載されています。

少しだけ小さい程度のサイズ感ではありますが、かなり手にフィットしていて握りやすいです。

Xperia Ace III、いいサイズ感!

Xperia Ace IIIは、最近のXperia 1 IVやXperia 10 IVなどとは異なり、細長い形状ではありません。
縦横比18.7:9と、通常の縮尺のスマートフォンとなっています。

Xperia Ace III(左)とXperia 10 IV(右)
キーボードアプリGboardを開いた様子

ただし、Xperia Ace IIIの横幅は、だいたいXperia 1 IVと同じ程度。
69mmという横幅は、キーボードアプリで文字を打つのにちょうどいい幅です。70mmを超えていないのがポイント!

Xperia Ace III(左)とXperia 1 IV(右)

また、縦の幅は140mm。Xperia 10 IVよりも指一つ分短いです。
手のひらに収まる大きさは、片手操作も容易。非常に便利に使えます。

Xperia Ace III(左)とiPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)とも、だいたい同じ大きさです。

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

動作はかなり快適!ヘビーなゲームでなければ、普通に使える

Xperia Ace IIIは、CPU(スマートフォン内の「頭脳」)に、Snapdragon 480 5Gを搭載しています。
他社2万円台スマホと同様のCPUで、4~6万円台のスマホに採用されている1ランク上のCPUとも劣らない程度のパフォーマンスを発揮しています。

Xperia Ace IIIとライバルスマホのスペック

「スペック表にのらない…」と謡いながら早々にスペック表を出してしまいますが、各社のスペックを比較します。

項目Xperia Ace III AQUOS wisharrows WeAQUOS wish2
発売キャリアNTTドコモ SO-53Cau SHG06
UQ SHG06
Y!mobile A104SH
ソフトバンク(法人向け)
NTTドコモ F-51B
au FCG01
UQ FCG01
ソフトバンク A101FC
NTTドコモ SH-51C
Y!mobile A204SH
サイズ140x69x8.9mm147x71x8.9mm147x71x9.4mm147x71x8.9mm
画面5.5インチ HD+/TFT5.7インチ HD+/TFT5.7インチ HD+/TFT5.7インチ HD+/TFT
CPUSnapdragon 480 5GSnapdragon 480 5GSnapdragon 480 5GSnapdragon 695 5G
メモリ4GB4GB4GB4GB
ストレージ64GB64GB64GB64GB
アウトカメラ広角:1,300万画素広角:1,300万画素広角:1,310万画素
マクロ:190万画素
広角:1,300万画素
インカメラ500万画素800万画素500万画素800万画素
電池4,500mAh3,730mAh4,000mAh3,730mAh

AQUOS wish2は、1ランク上のAQUOS sense6sと同じCPUを採用していますが、それ以外の3機種はほぼ同じスペックを搭載しています。

ベンチマーク結果を比較

ベンチマーク結果も比較していきます。

Xperia Ace III AQUOS wisharrows WeAQUOS wish2
Antutu総合スコア298045285891283340346417
 CPU989399745296579118986
 GPU65854666466426378315
 MEM62015612345798265027
 UX71237605596451684089
Geekbench シングル500497500672
Geekbench マルチ1571148415321826
CPUSnapdragon 480 5GSnapdragon 480 5GSnapdragon 480 5GSnapdragon 695 5G
メモリ4GB4GB4GB4GB
ストレージ64GB64GB64GB64GB

AQUOS wish2は採用CPUが異なるため少しスコアも高めですが、Snapdragon 480を搭載したXperia Ace IIIなど3機種は、だいたい29万点程度のスコアとなっています。

ベンチマークスコアと実際の体感、実は少し違う…

ただし、このスコアの通りの体感、とは限らないように感じています。

1ランク上のSnapdragon 695を採用しているAQUOS wish2は、Twitterアプリのスクロールでは反応が悪く、AQUOS sense6sのほうが断然いい感じ。
ブラウザアプリでのスクロールではAQUOS wish2も問題ないものの、やっぱりちょっと動作に関しては両手を挙げて喜べない印象があります。

Xperia Ace IIIやarrows Weで使ってみると、結構快適にスクロールできます。
また、動画ではポケモンGO(ゲーム)などでも試していますが、こちらも不自由なくARモードでも利用可能です。

個人的には、Xperia Ace IIIの動作は快適で、Xperia Ace IIの時に感じていた「最低限感」は全く感じられません。
ヘビーな利用でなければ、おすすめです!

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

シャッターを切るのに待たされない!便利なカメラ

Xperia 10シリーズは、カメラのシャッターボタンを押すと緑色の丸が表示され、ちょっと待たされてから撮影されます。
シャッターが下りた(撮影された)タイミングがいまいちわかりにくいのです。

とくに人物をとる際など、動くものの一瞬を撮りたいという場合にストレスでした。

Xperia Ace IIIも、Xperia Ace II同様、シャッターボタンを押してから保存までの時間が劇的に短いです。

Xperia 10 IVはどうかというと、やっぱりちょっと時間がかかるんです(それでも速くなりましたが)。
なんでXperia 10シリーズは歴代こんなに時間がかかるのか…よくわからないですが、Xperia Ace IIIはそんなことないのがうれしいところ。

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

Xperia Ace IIIを使って感じた、ちょっと微妙なポイント

Xperia Ace IIIを使って感じた、ちょっと微妙なポイントをまとめていきます。

サイドセンス非対応。マルチウインドウ自体はできるが、操作が面倒

Xperia 10 IV(右)にも搭載されている「サイドセンス」の文字、Xperia Ace IIIにはない…

最近のXperiaスマートフォンのほぼすべてに搭載されていた、「サイドセンス」機能は、Xperia Ace IIIには搭載されていません。
昨年のXperia Ace IIには搭載されていたのに、です……。

サイドセンスは、画面の端にあるショートカットのつまみをタップ・フリックすると、よく使うアプリのショートカットが表示されます。
ホーム画面に戻らずに、よく使うアプリにアクセスできる機能です。

昨年のXperia Ace IIには、ポップアップウインドウ自体は非対応だったものの、サイドセンスやマルチウインドウの機能は対応していました。

サイドセンス(Xperia Ace IIでの画像)
Android標準機能の「分割画面」は利用可能
マルチウインドウで実際にYouTubeとブラウザを同時表示

Xperia Ace IIIは、サイドセンスのつまみ自体がありません。

マルチウインドウ(2画面分割表示)については、Androidの標準機能で利用可能です。
アプリ履歴画面から、「分割画面」を選んで利用する必要があります。

21:9のシネマワイドディスプレイ(細長画面)ではないため、そこまでマルチウインドウを使う方は多くないかもしれません。

競合スマホに比べ、少し価格が高め

Xperia Ace IIIと同様にSnapdragon 480を採用しているスマートフォンはいくつかあります。
その中では比較的高めの部類に位置しています。

ドコモオンラインショップで取り扱われている最新の格安機種は、主に上の4機種。
AQUOS wish2やarrows We、Galaxy A22 5Gは22,000円なのに対し、Xperia Ace IIIは34,408円となっています。

Xperia Ace IIIについては、「いつでもおかえしプログラム」という返却プログラムの対象機種となっており、2年後にドコモに返却すると2年間の機種代金支払額は26,488円。
少し、他メーカーのスマートフォンに比べて高い価格設定になっています。

機種MNP
一括価格
新規・機種変更
一括価格
購入
Xperia Ace III SO-53C17,908円
(▲16,500)
(実質9,988円※)
34,408円
(実質26,488円※)
購入
する
AQUOS wish2 SH-51C5,500円
(▲16,500)
22,000円購入
する
arrows We F-51B5,500円
(▲16,500)
22,000円購入
する
Galaxy A22 5G SC-56B5,500円
(▲16,500)
22,000円購入
する
価格は執筆時点(2022年8月時点)
※実質価格は、2年後返却した場合の支払額

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

Xperia Ace III、カメラの映りは?2~3万円台スマホの中では結構いい感じ

Xperia Ace IIIで写真を撮ってみました。
いくつか作例を比較してみます。

外での写真

Xperia Ace III
AQUOS wish2(公園)
arrows We(公園)

AQUOS wish2はちょっと暗めですが、Xperia Ace IIIやarrows Weは似た傾向です。

Xperia Ace III
Xperia 10 IV
arrows We
AQUOS wish

もう少し上の価格帯のXperia 10 IVと比べると、Xperia Ace IIIでも少し暗めの仕上がりが多い印象があります。

Xperia Ace III(2倍デジタルズーム)
Xperia 10 IV(2倍望遠レンズ)
Xperia Ace III(1倍)
Xperia 10 IV(1倍)

Xperia Ace IIIの写真は、シーンによっては少し暗めにとれることもありますが、比較的寒色寄りのパリッとした傾向にあります。
Xperia 10 IVのほうが暖かく・少し明るくといった印象。

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

室内・暗所

Xperia Ace III
AQUOS wish2
arrows We

背景である窓の外のバランスを見ると、Xperia Ace IIIの絵作りは好きです。

色としては、Xperia Ace IIIは自然な色合いで出ることが多いです。
AQUOS wish2はシーンによってはビビッドな色合いで出る場合もあります(高価格帯によくみられるSNS映えというよりは、低価格向けのセンサーを使っている感)。

少し暗い環境でのピントの合い方の難易度は、AQUOS wish2が最も合いやすく、arrows Weが最も難易度が高いです。
Xperia Ace IIIはちょうど真ん中ぐらい。

躍動感で言えば、明るいAQUOS wish2がある気はします。

Xperia Ace III
Xperia 10 IV

Xperia 10 IVとXperia Ace IIIで比べると、Xperia 10 IVのほうがピントは合いやすく(時間はかかりますが)、緩急しっかりついている印象はあります。

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

食事

Xperia Ace III
AQUOS wish2
arrows We

Xperia Ace IIIをはじめ、Xperiaは食事を認識すると、少し赤を強調する写真に仕上がります。
赤を強調することで、おいしそうな写真に見えますよね。

比較的リアルなのはAQUOS wish2。arrows Weは黄色がかなりのっています。
2万円台でも食事をおいしそうに撮りたい、ということであれば、Xperia Ace IIIはおすすめかも。

Xperia Ace III
Xperia 10 IV
arrows We
AQUOS wish

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

Xperia Ace IIIの評価まとめ。先代のXperia Ace IIより大幅に快適さが向上!

Xperia Ace IIIは、定価3万円台と低価格なスマートフォンに仕上がっております。

昨年のXperia Ace IIは、昨年公開した実機レビューでも「とにかく安くていいから、最低限の機能は快適に使いたい」という層におすすめ、と書いた通り、利用していて「最低限感」は否めない印象でした。
それでも、ライトな利用については快適に使えますが、少し重い動作をするとカクつくこともありました。

Xperia Ace IIIは、Xperia Ace IIで抱いていた「最低限感」はなくなり、かなり快適に使えます
SNSやブラウジングなどでは、カクつく動作はあまり見当たらず、快適です。

また、手になじむ大きさはiPhone SE(第3世代)ともほぼ同じ大きさ、そのなかでより画面も大きめ。
操作もしやすく、「安いのがいいけど、快適なスマホが欲しい!」というあなたにはぴったり。

Xperia Ace IIIは他社の同等性能のスマホに比べると、ちょっと価格は上がります。
しかし、動作の安定性やカメラの満足感、コンパクトさなど、その分快適だと思う点も多いです。

ぜひ、使ってみていただければと思います。

機種MNP
一括価格
新規・機種変更
一括価格
購入
Xperia Ace III SO-53C17,908円
(▲16,500)
(実質9,988円※)
34,408円
(実質26,488円※)
購入
する
AQUOS wish2 SH-51C5,500円
(▲16,500)
22,000円購入
する
arrows We F-51B5,500円
(▲16,500)
22,000円購入
する
Galaxy A22 5G SC-56B5,500円
(▲16,500)
22,000円購入
する
価格は執筆時点(2022年8月時点)
※実質価格は、2年後返却した場合の支払額

Xperia Ace IIIの詳細や購入は公式サイトから

コメント