MATTU SQUARE

MUSICMAN(桑田佳祐)を買ってみた

calendar

こんばんは。無事卒論も終わり、一息しつつバイトに励んでいます(笑
またちょこちょこブログ更新していきたいと思います!

今日は桑田佳祐のニューアルバムMUSICMANの発売日(まあ正式には水曜日なので、フライング?)。早速購入してみました。
じつは音楽エントリーは初めてなんだよね。

10時前に横浜につくということで、ヨドバシ横浜で購入。予約してなかったけどすんなり。ヨドバシのポイントも付き、モバイルsuicaで払ったので(チャージ時に)suicaのポイントもついてます。
買ったのは初回限定盤。桑印のクリアファイルつき。

研究室に行ってから、中身を開けました。こんな感じ。和のMUSICMANって感じがいい。赤・白・黒で統一されてます。
赤いディスクがCD,白いディスクがDVDです。

アルバムって、それでひとつの作品。一曲一曲がバラなんじゃなくて、それらがすべて合わさってようやくひとつの作品になる。
曲だけでなく、パッケージも。
パッケージは作った人(もしくはレコード会社)がどれだけ力を尽くして、丁寧に作ってきたものなのかを知る一つの指標になると思う。
中に入っている曲はよくても側が悪ければもったいない。
初期のRYTHEMのアルバム(ウタタネ、夢現ファクトリー)なんかも、力が入ってよさげに感じた。現に、この2枚、とくに夢現ファクトリーは名盤だと思っている。RYTHEMの解散がもったいない…

話はそれてしまいましたが、桑っちょのMUSICMANはまた一段とこだわりがあるように思います。
さてさて、中身の曲。
何曲かタイアップで聞いたことのある曲、夜遊びなどラジオで流れてる曲などが入ってたりしてますが、曲順に通して聴くとなんか違う印象を受けます。
いきなり初めの現代人諸君!!で衝撃を受けてしまいました…
3番のいいひと~Do you wanna be loved?~とか、5番の古の風吹く杜とかいいっすね。
言葉にするのが苦手なのであまり詳しく感想書かないようにします…

ちなみに、周知の事実ですが、桑田佳祐は食道がんで去年療養しました。
それで心境の変化があったり、曲に表れているのもあると思いますが、自分はとりあえずそういうのを全く考慮せず、一曲一曲を聴いてます。
まあ、ライナーノーツ見ればそういうところはわかると思うので、とりあえずそういうのにとらわれずに聴きます。
「これはこうなんだ~」なんていうことは知識として知ってる必要はない。あらかじめ知識として持つことによって、それが自分の感性の邪魔になると思っているからです。
実はこれは自分の旅に対する姿勢と似てたりします。
自分は観光ガイドブックなんていうものが大っ嫌いです。予め旅先の景色を写真で断片的に見たりして、当日の素直な気持ちを妨害してる。いやじゃん。
行先だけ決めて、あとは観光案内所でおばさんにお勧めの場所を聞けばいいんです。それで十分。
もし万が一事前情報を知ってしまったら、それを超える何かを見つけに行きますね。なかったらどうするんだって?ないわけないじゃん。どんなに細かいことでも、人は心動かされるものを持っている。

音楽と旅は共通していると思ってます。
音楽を聴くのも好き、奏でるのも好き。だからこそ、旅に出るのかもしれません。
来週、一人旅に出ます。北の方に行ってきます。まだ雪が残ってるかな?それはわかりません。冬に北の方に行ったことがないから。でもいいじゃん、それで。
雪が残っていたら、はじめて雪国への旅。いいじゃん~。
できる限り、自分の心を刺激させてあげたいなと思ってます。

感想の代わりに、音楽と旅について書いてみました。
あ、旅行はtwitter等々で実況します。たまに映像も使うかもしれません。見ていただける方はぜひ見てください~!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

MATTUとは?

MATTU

MATTU

ごくごく普通であくまで理系な社会人ブロガーのまっつーが、仕事の荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長の一ページである!
毎日のふとした時、若さと渋さの間で揺れるナイス20′sのアナタに贈る『鼻歌みたいなブログ』をツボなつぶやきとともにお楽しみ下さい!

スマホ・ガラホ・PCや家電、お得なポイント・マイル・カード利用法、旅行に関する記事を書きまくっています。ぜひ、おくつろぎながらご覧ください!

ご質問・ご意見やお仕事依頼などありましたら、Twitterの@sunmattuへリプライ・DMか、
himattu あーっと sunmattu.net
までメールをお送りいただければと思います。
(迷惑メール回避のため、あーっとは@に置き換えてください) [詳細]