MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

小型の本命!ASUS Zenfone 9を先行実機レビュー!ジンバルカメラの威力と、手のひらに収まる小型の魅力![PR]

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ついに待ち焦がれていた本命スマホが発表されました。
ASUS Zenfone 9です。

「小型」で扱いやすい大きさはZenfone 8と同等ですが、さらに軽く・高性能に。
そして、さらにカメラも6軸手振れ補正・ハイブリッドジンバルが搭載され、最強なスマートフォンとなって登場します。

もちろん、日本では欠かせないおサイフケータイ(FeliCa)も、もちろん対応。

かゆいところに手が届く、ASUS Zenfone 9を、発売前に先行してASUS JAPAN様よりお借りしました。
Zenfone 9の実力をレビューしていきましょう。

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

スポンサーリンク

ASUS Zenfone 9、外観の進化に衝撃!

まずは、Zenfone 9の外観から見ていきましょう。
今までのZenfoneシリーズのスマホから、デザインがかなり洗練されている印象です。

絶妙な横幅68mmのこだわり!片手持ちにはぴったり!

Zenfone 8(左)とZenfone 9(右)、大きさはほぼ同じ

Zenfone 9のフォルムは、Zenfone 8からは大きく異なり、最近の流行でもある角ばったデザインです。
とはいっても、多少の丸みもあり、手になじむフォルムであるのは間違いないです。

手になじみすぎている、最高の持ちやすさを誇るZenfone 9

そして、横幅68mmのこだわりがすごすぎます。
内覧会でも開発者の方が「片手操作できる絶妙なサイズが70mm。70mmに収まるように開発した」とおっしゃっていました。
私も普段からレビューあるごとに「70mm以下がベスト」と言っている通りで、個人的にはベストサイズに仕上がっていると思います。

ASUS Zenfone 9(右)は、iPhone 14 Pro(左)と縦はほぼ同じ長さ。横幅は若干Zenfone 9のほうが細い

iPhone 14 Proは6.1インチですが、縦はほぼ同程度、横幅はZenfone 9のほうが少し細いのがわかるでしょうか?

68mmというサイズ、これホント絶妙なんです。

Xperia 5 IVとも近いですが縦幅が少し短い分、Zenfone 9のほうが「片手」前提での使い勝手としては勝るかと思います。

背面のさらさら具合が、半端ない上質感!グリップ性能も高い!

光沢感のあるアルミボディだったZenfone 8(左)と比べ、Zenfone 9(右)は背面が非常にさらさらと肌触りがいい

Zenfone 9の背面のさらさら感は、半端ないです。

新素材のポリカーボネートとポリウレタンの組み合わせを組み合わせたもの。
指紋もつきにくく、グリップ性能も高いです。

カメラ周りの装飾も男心くすぐる!

背面の装飾はROGブランドっぽさも少し思わせる、男心もくすぐるかっこよさで、個人的にはうれしいところです。

人によって評価が分かれるところですが、個人的にはミッドナイトブラックやサンセットレッドなど、少し濃いめのカラーとこの印字のバランスが絶妙に合う気がしています。

カラーバリエーションは、カラフルな4色!

Zenfone 9のカラーバリエーションは、カラフルな4色です。

Zenfone 9 ミッドナイトブラック

ミッドナイトブラックは漆黒。

Zenfone 9 サンセットレッド

サンセットレッドはZenfoneのシンボルカラーでもあります。
公式画像や写真で見るより、実物はもう少し明るい印象を受けます。

Zenfone 9 スターリーブル―

スターリーブル―は、少し淡い青。パステルカラーでこの色もなかなか素敵だと感じました。

今回お借りしているのがムーンライトホワイト。
他の3色は側面が黒なのですが、ムーンライトホワイトのみ側面やカメラリングはシルバーとなっています。

表面のざらざらもあって、少しベージュっぽい色合いです。

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

指紋センサーは画面から「電源ボタン」へ移動!実は側面のほうが使いやすい…

Zenfone 9の指紋認証は電源ボタン

Zenfone 8の指紋センサーは画面内でしたが、Zenfone 9では側面の「電源ボタン(スマートキー)」に移動しています。

「あえて移動した」意気込みを思わせる、側面ボタンでのロック解除のスムーズさ

指紋センサーを電源ボタンにすることによって、ボタン2回押しでカメラを起動する際に一緒に画面ロックも解除できます。

▼動画でもレビューしています(指紋ロック解除のシーンから再生されます)

ボタン2回押しでカメラ起動は、最近のAndroidでもオーソドックスになりつつありますが、撮影した写真を確認したり設定変更する際には別途ロック解除が必要になるシーンも多いですよね。
Zenfone 9ならカメラ起動時にロック解除された状態となっているため、新たなロック解除を必要とせずそのまま利用し続けることができます。

電源ボタン2回押し・長押し・スワイプは様々な機能に割り当て可能

スマートキー(電源ボタン)、2回押しや長押しで様々な機能を使える
上下スワイプでもいろいろな機能が!

ZenTouchという機能が内包されており、電源ボタンの2回押しや長押しで、様々な機能を割り付けることもできます。
Androidの機能だとカメラ起動かGoogleアシスタントぐらいしか割り当てられていないことが多いですが、かなり多数の機能が割り当てられます。

電源ボタンをスワイプでも機能を割り当てられます。
通知のスクロールだけでなく、メディアコントロールなども含めて選択できます。

顔認証も、マスク着用で利用可能!

生体認証は、側面指紋認証のほかに顔認証も利用可能です。
顔認証はマスクを着用したままでもロック解除できます。

▼マスク装着して顔認証しています(該当シーンから再生します)

ちゃんと「おサイフケータイ」(FeliCa)搭載してくれているのは、うれしい!もちろん3.5mmイヤホン端子も搭載!

ASUSとしては、Zenfone 8で初めてFeliCa/おサイフケータイを搭載して発売しております。
今回のZenfone 9でも、しっかりとFeliCaに対応。

Suica、ちゃんとZenfone 9で使えますよ!

Suica・PASMOやiD・QUICPay、楽天Edy、nanaco、WAONを問題なく利用可能です。

3.5mmイヤホンジャックは、上部に搭載!

また、3.5mmイヤホン端子ももちろん搭載しています。
ただし、Zenfone 8で対応していたFMラジオは、Zenfone 9では非対応となっています。

底面は、Zenfone 8(下)についていたLEDランプは、Zenfone 9では非搭載に

下面には、スピーカー穴とUSB Type-C、SIMトレイがついています。
Zenfone 8では、通知を知らせるLEDランプがついていましたが、Zenfone 9では非搭載となっています。

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

ステレオスピーカー、かなりの高音質!

今回、Zenfone 9はステレオスピーカーが搭載されています。
かなりクリアで高音質。非常に満足できます。

▼Xperia 1 IVとスピーカー音質比較しています(再生ボタンで再生されます)

Zenfone 9、こだわりのスペック。ここまで極めても、コンパクト

Zenfone 9の魅力は、ほどよい大きさなのに、さらにコンパクトになっているという点でしょうか。
開発者のこだわりを非常に感じます。

ASUS Zenfone 9のスペック

まずは、スペック表で進化点を確認していきましょう。

項目ASUS Zenfone 9ASUS Zenfone 8
画面5.9インチ 有機EL
120Hz駆動対応 1080:2040 (20:9)
5.9インチ 有機EL
120Hz駆動対応 1080:2040 (20:9)
サイズ68.1×146.5x9.1mm, 169g68.5x148x8.9mm, 169g
CPUSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888 5G
メモリ8GB/16GB6GB/8GB/16GB
ストレージ128GB/256GB64GB/128GB/256GB
OSAndroid 12Android 11
カメラ50MP(標準,6軸ハイブリッドジンバル対応)
12MP(超広角)
インカメラ12MP
64MP(標準)
16MP(超広角)
インカメラ12MP
バッテリー4,300mAh4,000mAh
FeliCaおサイフケータイ対応おサイフケータイ対応
SIMDual SIM対応Dual SIM対応
生体認証側面指紋認証,顔認証(マスク対応)画面内指紋認証,顔認証(マスク対応)
防水IP68IP68
詳細ASUS公式ASUS Store

CPUは最新最高峰のSnapdragon 8+ Gen 1を搭載。
バッテリーは4,300mAhに増量し、カメラは6軸ハイブリッドジンバルに対応したカメラを搭載しています。
それだけではありません。

ベイパーチャンバーも、Zenfoneとして初搭載

スペック表には見えにくい進化ですが、Zenfone 9は冷却機構として、ベイパーチャンバーを初搭載しています。ROG Phoneには搭載されていますが、Zenfoneシリーズには初搭載となります。
放熱面積を増やすことで、より長時間パフォーマンスを維持できます。

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

Zenfone 9のAntutuベンチマークは、やっぱり最速107万点台

Zenfone 9でもAntutu・GeekBenchのベンチマークを取ってみました。
さすがSnapdragon 8+ Gen 1、やはりすごいです。

Antutuのベンチマークでは107万点台と、他社のフラッグシップスマホを寄せ付けない点数に驚きです。
同じSnapdragon 8+ Gen 1を搭載するGalaxy Z Fold4は97万点で、10万点の差があります。

他社スマートフォン等と比較すると、以下の通り。

機種CPU・メモリ価格Antutu v9Geekbench 5
Zenfone 9Snapdragon 8+ Gen 1 /8GB112,800円1077855S 1264 M 3698
ROG Phone 6 ProSnapdragon 8+ Gen 1 /18GB169,800円1119749S 1310 M 4382
Galaxy Z Fold4(韓国版)Snapdragon 8+ Gen 1 /12GB249,700円972813S 1292 M 3607
Zenfone 8Snapdragon 888 / 8GB79,800円834860S   813 M 3537
AQUOS R7(SB版)Snapdragon 8 Gen 1 /12GB189,360円819596S 1214 M 3147
Xperia 1 IV SO-51CSnapdragon 8 Gen 1 /12GB190,832円783450S 1179 M 3178
Galaxy Z Fold3(台湾版)Snapdragon 888 / 12GB237,600円741895S 1045 M 2988
Galaxy S22 Ultra(香港版)Snapdragon 8 Gen 1 / 12GB183,774円790036S 1138 M 3379
iPhone 14 Pro(A16)(149,800円)(955937)
iPhone 13 Pro(A15)(142,560円)(890538)

物理SIMx2枚のDual SIMに対応。対応バンドは?

Zenfone 9は、Zenfone 8と同様に両面仕様のDual SIMスロットを搭載しています。
microSDやeSIMには非対応で、物理SIM2枚でのDual SIMを使う形となります。

Zenfone 9の対応バンドは以下の通り。

5Gのn79(ドコモ)は非対応ですが、それ以外の4G・5G周波数帯はプラチナバンド等含めほぼ完全対応です。
5G n79は、実はこの秋発売のROG Phone 6シリーズでは対応していたんですよね……。
できれば対応してくれればうれしかったとは思いますが、サービスエリアとしては4G LTEで十分使えると思いますので、実運用上は問題ないと思います。

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

Zenfone 9を特徴づける「ジンバルカメラ」で、アクションカメラはもういらない?

ASUS Zenfone 9の最大のポイントである「ジンバルカメラ」をレビューしていきましょう。

Zenfone 9のカメラ構成

Zenfone 9のカメラは3つともソニー製のセンサーを搭載しています。

メインカメラは、広角・超広角の2眼構成。
望遠レンズは搭載していませんが、2眼の大きなレンズのフォルムが非常に印象的です。

広角カメラには6軸ハイブリッドジンバルスタビライザーが搭載されています。
従来のOISではカバーしきれない±3°の揺れまでカバーしてしまいます。

実際に、カメラアプリを起動した状態で広角カメラを観察してみると、レンズ内部がウニウニしているのがわかります。
めっちゃすごくジンバルモジュールがきいているのが目でも確認できます。

カメラ画面の「スタビライザーガイド」が、これまたすごい!

画面中央の円の中にドット、手振れ状態に合わせてドットが動く。円の中に入っていれば、安定して使える!(再生で該当動画再生します)

カメラ設定から「スタビライザーガイド」をONにすると、動画・写真ともに、カメラ画面中央に円が表示されます。
円の中のドットが、手振れ状態によって動きます。
ドットを円の中に入った状態を保つことで、安定状態を保つことができます。

このスタビライザーガイド、なかなかすごすぎです。

Zenfone 9で撮影した、揺れる環境での動画撮影

Zenfone 9で実際に動画を撮影してみました。

歩行の揺れはどう補正される?

まずは、歩行時の揺れを比較してみましょう。
Zenfone 9では、3種類の手振れ補正モード(オフ・普通・HyperSteady)の3モードで試してみました。

▼動画再生で、該当箇所から再生されます

手振れ補正オフと普通の間の揺れの差が、非常に激しいです。
手振れ補正「普通」の状態では、かなりぬるっとジンバルを外付けしたような映像を楽しめます。

手振れ補正最強なのがHyperSteadyですが、普通とHyperSteadyで私が使用した数シーンではそこまで差を見つけられませんでした。
HyperSteadyモードではFHDまでの撮影で、4Kでは撮影できないため、4K画質を優先したい場合は手振れ補正「オン」で十分高品質な動画が撮影できると思います。

電動キックボード車載動画:路面の揺れを補正できるか?

電動キックボードに乗った状態で、車載動画を撮影してみました。
電動キックボードは路面の揺れを感じやすい構造のもので、実際にカメラも拾いやすいはずです。

Zenfone 9では、3種類の手振れ補正モード(オフ・普通・HyperSteady)を試してみています。
こちらも、オフと普通での揺れの差があまりにもすごすぎます。
一方、普通とHyperSteadyでの差は、そこまでないように感じます。

Galaxy S22 UltraやPixel 7 Proでも同様に走行試験をしてみました。
とくにGalaxy S22 Ultraは手振れに強いですが、石畳の路面を走行するようなシーンではどうしても細かい揺れを少し拾ってしまっています。
Zenfone 9では、非常に滑らかに、石畳の路面に起因するような揺れはほぼ感じ取れないのが非常にうれしいところ。

相当に揺れには強いのがわかりますね。

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

Zenfone 9 Smart Backpack Mountで、歩きながらの撮影も便利に!

Zenfone 9のアクセサリーとして、Smart Backpack Mountが非常に有用です。

バックパックのショルダーの部分にマウントベースとストラップを、パーツを挟み込むような形で取り付けます。
Zenfone 9用の黒いケースも付属されていますので、スマホに取り付けます。

マウントベースにZenfone 9を装着し、ケースの黄色いストラップホールにワイヤーストラップを装着します。

結構頑丈に取り付けられているため、Zenfone 9は簡単には落ちそうにありません。
また、ストラップは伸縮できるワイヤータイプで、万が一落としても比較的安心です。

Smart Backpack Mountから取り外したら、指定したアプリを自動起動可能

Smart Backpack MountからZenfone 9を取り外すと、指定したアプリを自動的に起動できます。

たとえば、カメラアプリを設定しておけば、取り出すと瞬時にカメラアプリが起動された状態となるため、一瞬のチャンスを逃さずに写真や動画を撮影することができるのです。

撮りたい被写体が現れたとき、さっと取り出してすぐ撮影できるのは魅力!

アクションカメラのように、胸元で録画したまま「移動中の撮影」も可能

Smart Backpack MountのマウントベースにZenfone 9を装着中にでも、カメラを起動して動画を録画したまま移動することも可能です。

カメラアプリを起動した状態でマウントベースに挿し、音量(+/-)ボタンで録画開始!

カメラアプリを起動した状態でマウントベースに装着し、動画を起動しておきます。
音量(+/-)ボタンを押すと録画が開始され、移動中は誤作動などなくずっと動画を録画し続けることができます。

前節での録画は、基本的にSmart Backpack Mountにマウントさせた状態での移動の様子を撮影したものです。
スムーズに録画・撮影も可能ですし、ポケットではない場所に入れられるのが非常に便利。
ウォーキングやバイクなど、手軽なアクティビティに使うのもかなり楽しめます!

Zenfone 9での写真作例

Zenfone 9の写真作例は以下の通りです。

同じ価格帯のPixel 7 Proと、小型スマホXperia 5 IVと同じ広角レンズを持つXperia 1 IVを比較対象としています。

外の風景

Zenfone 9 広角1.0倍
Zenfone 9 超広角0.6倍
Zenfone 9 広角レンズ2倍

Zenfone 9の写真は、比較的見たままを撮れる印象です。

Zenfone 9 広角1.0倍
Pixel 7 Pro 1.0倍
Xperia 1 IV 1.0倍

屋内

Zenfone 9 広角1.0倍
Pixel 7 Pro 広角1.0倍
Xperia 1 IV 広角1.0倍

食事

Zenfone 9 広角1.0倍
Pixel 7 Pro 広角1.0倍
Xperia 1 IV 広角1.0倍

少し暗いレストランのシーンでは、Zenfone 9はちょうどいい印象を受けます。
Pixel 7 Proは少し食事は苦手、Xperia 1 IVは過度に赤に補正する傾向にあると思います(シーンによっては赤く補正するXperia 1 IVがおいしそうに感じることも多いですが)

Zenfone 9 広角1.0倍 クッキー
Pixel 7 Pro 広角1.0倍
Xperia 1 IV 広角1.0倍

夜景

Zenfone 9 広角1.0倍
Zenfone 9 広角1.0倍

超広角だとかなり暗くなりますが、広角レンズでの夜景はなかなかにきれいです。

Pixel 7 Pro 1.0倍
iPhone 14 Pro 1.0倍

ライトトレイルモードで、動きのある写真を撮影できる!

Zenfone 9では、新機能のライトトレイルモードが搭載されています。
星空以外のシーンでは、三脚なしの手持ちでもある程度、動きのある光跡・滝などを長時間露光(といっても数秒程度)撮影できます。

ライトトレイルモード(トラフィック)

これは「トラフィック」のモードで撮影したものです。
よく通る道でも、車のライトをこのように印象的に映し出せます。

ライトトレイルモード(ライト)

同じ車のライトでも、「ライト」のモードで撮影すると、印象がかなり変わります。

ライトトレイルモード(滝) 1倍で撮影し、滝の部分を切り出し

「滝」のモードで撮影すると上の通りです。
ライトトレイルモードでは、ズーム倍率は1倍で固定になるため、近寄れない場合にはとりあえず1倍で撮影しておき、あとで切り出すといいでしょう。

Pixel 7 Proでも「モーション(長時間露光)」モード自体は搭載されているのですが、露光時間を調整することはできません。

Pixel 7 Proの長時間露光モード

もうちょっと動きのある感じに仕上げたい…など、プロ機能より手軽に、だけど本格的な写真に仕上げることもできます。

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

Zenfone 9の価格とキャンペーンは!?

Zenfone 9の価格とキャンペーンをまとめておきましょう。

ASUS StoreでのZenfone 9価格・キャンペーンまとめ

ASUS StoreでのZenfone 9の価格は以下の通りです。

メモリ・ストレージカラー価格(税込)購入ページ
Zenfone 9
8GB-128GBモデル
サンセットレッド
スターリーブル―
ムーンライトホワイト
ミッドナイトブラック
99,800円購入ページ
Zenfone 9
8GB-256GBモデル
ムーンライトホワイト
ミッドナイトブラック
112,800円購入ページ
Zenfone 9
16GB-256GBモデル
ミッドナイトブラック129,800円購入ページ

ベースモデルの8GB-128GBモデルは4色ありますが、上位モデルはムーンライトホワイト・ミッドナイトブラックに限定されます。

また、ASUS Storeでは、現在ASUSスマホをお持ちの方がZenfone 9を購入する場合、シリアルナンバー入力で10%割引となる「買い替えキャンペーン」が実施されます!

Zenfone 9の詳細や購入は公式サイトから

アクセサリーの価格・キャンペーンまとめ

ASUS Storeでのアクセサリーの価格は以下の通りです。

アクセサリーカラー価格(税込)購入ページ
Connex Accessories SetBlack
White
5,280円購入ページ
Smart Backpack Mountブラックのみ
(ASUS Store限定)
9,980円購入ページ

ASUS Storeでは、Zenfone 9と同時にアクセサリーを購入で、アクセサリーが10%OFFになるキャンペーンが実施されます!
Zenfone 9本体の「買い替えキャンペーン」との併用・同時適用も可能です。

小型だけどパワフル!Zenfone 9が今季最強スマホの予感

今回は、Zenfone 9の先行実機レビューをご紹介しました。

横幅68mmのこだわりとフォルムの刷新で、非常に持ちやすく使いやすいZenfone 9。
スペックは妥協せず、放熱設計もしっかりしています。

そして、最強と感じるのはやはりジンバルカメラ。
非常にヌルっと滑らかな動画を、あまり考えずにカメラを構えても手軽に撮影できるのは非常にうれしいです。
熱ですぐ止まるということもなく、Smart Backpack Mountと併用すればアクションカメラとして非常に便利に利用可能です。