シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始に感じたこと。モバイル関係に疎い人ほど、iPhoneを買え!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。MATTU(@sunmattu)です。

今回年末年始に帰省して、家族にいろいろスマホのレクチャーをしてきたのですが、すればするほど、iPhoneだったらどれだけ楽か…というのを思い知らされました。

スポンサーリンク

「モバイルに疎い人ほど、iPhoneを買え!」の真理


なぜ、「モバイルに疎い人ほど、iPhoneを買え!」と言いたいか。
それは、LINEの引継ぎ設定が大変だからです。

AndroidのLINEの引継ぎ設定は死ぬほど大変

・iPhoneでは、自分のアカウント1つにつき1回の操作ですべての会話のバックアップができます。
 しかも、iCloudへのアップロードのみで済みます。
・Androidでは、トーク1つにつき1回必要です。なので、いろいろな人とLINEしていたら、トークごとに何十回も引き継ぎ動作をしなければなりません。
 さらに、バックアップしたzipファイルは、内部ストレージの「LINE_Backup」フォルダに入れておかなければなりません。

「全部取っておきたい」願望から、LINEの機種変更設定からすぐ音を上げる

 しかも、疎い人ほど、すべてのトークをバックアップしたいと言うので、操作は非常に手間がかかります。
 さらに、さすがに家族といえどプライバシーの問題もあるので勝手に見るわけにもいかず、本人にやらせるとめんどくさいということで、やっぱり機種変辞めようかな、とか言って音を上げるのです。

ホームアプリの設定も、端末を引き継ぐときに再設定する必要あり

ホームアプリの並び順などの設定も、Androidを採用している各社でapkファイルが異なるため、Googleアカウントの引継ぎやインストールするアプリは、パスワードを覚えている限りは自動的にできるものの、並び順やフォルダなどの設定までは引き継いでくれません。
さらに、パスワードを忘れていることが非常に多く、なかなかSIMを差し替えるだけで使えるようにならないのです。
(パスワードは必ずメモらせて、金庫にしまいましょう。決してショップ店員に書かせる・設定させるようなことはしてはいけません。)

また、我々子ども世代は、その設定作業をサポートしなければならないのです。貴重な正月休みを、このような作業で取られるのは無念です。

その分、iOSでは、PCのiTunesソフトでバックアップ・復元すればすぐ引き継げるのです(一部、iTunes、Googleアカウントやキャリアアカウントの設定などは必要になりますが、引継ぎの労力は圧倒的に楽です)

スポンサーリンク

子どもの労力を考えれば、iPhoneがもっともコスパが良い

子どもが機種変更(乗り換えも含めて)をサポートするのも、毎回毎回2年に一度の周期でこの設定をやり続けるのは骨が折れます。
うちの親のように、auのEメールアドレスを変えたくないができるだけ安く運用したい、などの、こだわりのあるリクエストをしない限りは、労力を考えればiPhoneへ変更するのが最も良いと思います。

※ガラホもいいように思えるのですが、写真や連絡先の移行が結構めんどくさいです。
一度Googleアカウントを作ってそこに紐づけるようにすれば、キャリアを跨いでも問題ないので非常に便利です。

※機種はiPhoneをお勧めしますが、iCloudを使うのはお勧めしません。
写真の自動バックアップの容量に制限があるためです。
Googleフォトは、バックアップ容量にほぼ制限がないので、Googleアカウントでの紐づけを強くお勧めします。

というわけで、iPhoneをお勧めしましょう

iPhoneは一世代古いモデルだと今でも安く買えます。
回線料金を安くしようとしても、総務省が変な方向を向いているため、限界があります。
今回はAndroidの格安スマホで仮にうまくいったとしても、2年後再び大きな災難に見舞われる可能性は非常に高いです。

我々子ども世代の労力低減のためにも、iPhoneを強くお勧めします。

なお、auの電話回線とdocomo系の格安回線のDSDSをお考えの方は、下のカテゴリにまとめていますので、ぜひご一読ください。

「au回線と格安回線のDSDS」の記事一覧です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする