2017/07/245 Shares

Sonyの新型デジタルペーパーDPT-RP1の純正カバーをご紹介!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

前回まで5回に分けて、Sonyの新型デジタルペーパーDPT-RP1のレビューをお送りしました。
今回は、DPT-RP1の純正カバーについて、レビューしようと思います。

DPT-RP1の純正カバー、開封の儀!

純正カバーの箱と、DPT-RP1の端末本体の箱を並べて撮ってます。

純正カバーの箱は、白いほう。ボール紙の箱は、DPT-RP1端末本体です。

箱の裏は、こんな感じです。

端末の貼り付け方が書いてあります。

開けます!

純正カバーを開けると、こんな感じ。

画板のような感じ。肌触りは、しっとりとフェルトのような感じで、つるっつるな感じではないです。
高級感があります。

右側の、ジェルの付いたところに本体を押し付けて、貼り付けます。
最近よくある、乾いて接着力がなくなったら、濡らせばまた接着力が復活するという、あの固形ジェルです。

こんな感じで、くっつきます。
6/5の生放送のなかでも触れましたが、何回かくっつけたりはがしたりしましたが、意外と結構くっついています。

閉じるとこんな感じ。

左下に、SONYのロゴがついています。
また、パカパカするところ、(写真の右側の閉じ口)の上下にそれぞれ磁石がついていて、そこそこの強さで閉じた状態を保持してくれます。
閉じたらオートスリープしてくれる、とか、そういう機能はありません。

ペンホルダーは、中央についています。
これについても、本体の磁力ペンホルダーがカバーの閉じ口にあたるため、別にペンホルダーがついています。
ちょっときついぐらいが、ちょうどいいですね。

持ち運ぶ機会が多いなら、必携!

卓上や会議など、室内で使用する場面が多い場合には、そんなに気にしなくてもいいですが…
家と職場の行き来にも携帯したい場合や、カバンの中に入れておいたりするときは、やっぱり純正カバーがあるほうが安心感が違います。
ぜひ、本体と一緒に、買ってみてください!

ソニーストアでの購入はこちらから。

DPT-RP1の購入は以下にて。

[2017/07/24更新]DPT-RP1は現在品薄状態が続いています。平日の午前10時頃にソニーストアにアクセスすれば当日出荷分は購入できる可能性があります。出荷状況は随時こちらのページにアップしています。

ソニーストアでの購入はこちらから(6月5日発売)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で