[CES2018]LGが目指すAIの未来、TVとGoogleとの協業

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

アメリカ・ラスベガスで開催されているCES2018において、LGがAIを中心とするスマートプロダクトに関するプレスカンファレンスを行いました。
LGのプレスカンファレンスは日本時間で2018/1/9 AM1:00~行われました。

Innovation for a Better life

LG ThinQ

LGのAIシステム、ThinQ。

EVOLVE Your life


車のエアコンでも、掃除機でも、空気清浄においても、AIによる学習は不可欠。
Wi-Fi 100%化社会に不可欠。

AI everyday Products

人がどこにいるか認知、洗濯機や冷蔵庫の稼働など、日常をすべて学習。

Deep ThinQ

ディープラーニングに不可欠な、オープンプラットフォームなどオープン化を進めている。
Google AssistantやAmazon Alexaと連携。

IoTでメーカーの白物家電などデバイスと同期。
たとえば車の充電容量と充電周期の管理、など。

Googleとの協業

スマートフォン V30などをはじめ、時計など様々なデバイスと提携している。

Google Assistantとも提携し、例えばデバイスにGoogleアシスタントのボタンをつけるなど、徹底している。

LGのAIシステム

LGのスマートプロダクトとして、日常をAIが助けてくれるデモをしています。

LGのコミュニケーションロボ「CLOi」

LGのAIロボット。

会話だけでなく、たとえば天気予報をもとに洗濯の内容(どの服を洗濯するか、乾燥をどうするか、とか)を把握、実行。

海外だと洗濯機と乾燥機は独立しているんですね。

冷蔵庫でもAI

冷蔵庫にディスプレイが搭載され、レシピを見れたり、天気や家族の予定を確認できたり。

家族の活動時間に応じて機械のパワーを調節します。

ディープラーニングにより、問題が生じる前に予兆を察知し、サポートを受けられるようになります。
「予兆を察知する」って相当難しいと思うんですけど、そんなこともコントロールできる時代になったんですね。

Googleアシスタント搭載TV

LGのTVはGoogleアシスタントで音声認識・指示を与えられます。

他の家電機器と連携します。

テレビ自体の技術も向上していて、プロセッサも進化。HFRサポート、4K、OLED TV。

Nano-Cell Displayで、どの角度からもより鮮やかに。

LGのコンセプトロボット

ショッピングカートロボット。結構大きい。太いPepperにしか見えない。

LGが見せる、未来の生活像

AIの開発をGoogleやAmazonと協業。
なにか、Googleの存在感が大きすぎて、LGのテクノロジーがどこまで入り込んでいるのかはわかりづらい点もありますが…
生活をロボットにたより、最小限のことだけ人間がこなす、という時代はすぐそこまで来ているのかもしれません。

しかし、Googleの考えている未来は、「音声指示」がすべてなのでしょうか…
ちょっとモヤモヤしてきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント