[CES2018]ソニーのプレスカンファレンスでXperia, aibo, BRAVIA, ヘッドセットWF-SP700Nなど発表

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

アメリカ・ラスベガスにて開催されているCES2018。
ソニーは日本時間1月9日午前10時よりプレスカンファレンスを開催し、Xperiaやヘッドセット、BRAVIA、aiboなど多数のプロダクトを発表しました。

Xperia XA2, Xperia XA2 Ultra, Xperia L2発表


プレスカンファレンス開催前に、Sony Mobileより先立ってXperia XA2など3機種発表されています。
Xperia XA2シリーズについては以下の記事をご覧ください。

Sonyのプレスカンファレンスをリアルタイム更新中

平井一夫社長が登壇し、プレスカンファレンスが始まりました。

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WF-SP700N』

左右独立型では世界で初めてノイズキャンセリング性能と防滴性能(IPX4)を両立した、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WF-SP700N』を発表しました。
汗や雨を気にすることなく、静寂の中で音楽のビートを感じながら運動に集中できます。
アンビエントサウンド(外音取り込み)モードにも対応しています。

Googleアシスタントにも対応しています。1000xシリーズもアップデートで対応します。

BRAVIA A8Fシリーズ/X900Fシリーズ

テレビもBRAVIA A8FシリーズとX900Fシリーズを発表しています。

Life Space Products『LSPX-A1』

新しい4K超短焦点プロジェクター 『LSPX-A1』を米国で2018年春に発売します。

AI技術も、Xperia Helloやaiboなど

AI技術についても、現在発売中・発売予定のXperia Helloやaiboをはじめ、AIの技術開発を進めています。


他にも多数の技術開発を進めています。
自動車へ人間の眼を超える能力のセンサーを搭載させたり。

aiboは始まりに過ぎない、と。
AIはますます進化していきそうですね。

たくさんの商品が次々と

Xperiaのフラッグシップモデルは次のMWC以降に持ち越しと思われますが、たくさんのプロダクトが発表されています。

AIをアピールする各社の戦略は、ツールこそ違うものを持ち出していますが、同じ方向を向いているようです。

他の各社の発表については、下のページから。
CES2018 – MATTU SQUARE

コメント