Apple,WWDC2018にてiOS12,WatchOS5,tvOS,macOSのアップデートを発表!概要まとめ

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Appleは日本時間の2018/6/5 AM2時よりWWDC2018のKeynoteを行っております。
Keynoteの場において、iOS12の概要を発表しました。
パフォーマンス速度向上、ARkit2の発表など様々な発表が行われています
概要をざっくりまとめています。

iOS12のアップデート

Appleは今秋アップデート予定のiOS12の概要を発表しています。

ざっくりとまとめると…

・パフォーマンス速度向上
・ARKit2の発表、AR環境の開発しやすく
・写真アプリ;場面・場所の自動認識、検索、手動追加も可能。写真共有も提案。
・Siri;ショートカット機能
・CarPlay;Google Mapなどサードパーティのナビアプリを利用可能に
・おやすみモード搭載(追加)
・通知;ロックスクリーンから通知の制御が可能に。通知のグループ化も提供。
・アクティビティレポート(追加);アプリごと、端末の利用時間制限できるように。親のデバイスで子どもの時間管理も可能。
・Animoji;舌の検出可能に。自分の顔を作成可能なMemojiも作成可能。カメラにAnimojiを合成可能
・FaceTime;グループチャット機能導入。最大32人まで。

Watch OS 5のアップデート

Apple WatchのWatchOS 5の概要です。

・健康機能;メダル、個人ごとに作成された月間機能、仲間との競争・表彰機能
・ワークアウト;ヨガ、ハイキングの記録を追加。自動検出機能追加。
・リアルタイムボイス機能(追加);トランシーバーのような、音声チャット機能
・Siri WatchFace;iOS12のSiriショートカットを利用可能
・「Hey Siri」と言わず、手首を上げて質問を投げかければSiri起動。
・通知来たら、サイドボタンをワンタップで利用継続(Webコンテンツ(抜粋)も表示可能)
・PodCastアプリ搭載(追加)
・学生証機能。NFC使用、決済も使用可能(追加)

・レインボーカラーのWatchFace,バンド発売

tvOSのアップデート

Apple TV 4KなどtvOSのアップデートです。

・DOLBY ATMOSを搭載(没入的な3次元の音響効果)
※コンテンツ提供系は、日本には関係なさそうなので省略します。

macOS「Mojave」(モハベ)のアップデート

MacBookシリーズなどに提供されるmacOS「Mojave」(モハベ)のアップデートです。

・ダークモードUI(追加);ソースコードなどすべて暗く
・デスクトップスタック(追加);種類・日付・タグにより、自動的に整理
・Finder;ギャラリービューの追加、メタデータ表示可能、ウォーターマークなどクイック編集可能
・Quick Look;マークアップしたり、動画を編集可能。
・スクリーンショット;簡単に撮って編集可能。
・Continuity Camera(追加);iPhoneのカメラを使って、直接写真をKeynoteに貼り付け。書類のスキャンも。
・セキュリティ機能強化、ブラウザ追跡機能を遮断強化。
・Microsoft Office 365がMac Appでリリース

・Macにexternal GPUを複数追加(metal)、高速化。

iOSのUIKitをmac OSに追加。iOSのアプリをmacで使えるようになるのは、2019年をお楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント