0 Shares

CEATEC JAPAN 2010に行ってきた

こんにちは。MATTUです。
今日、CEATEC JAPAN 2010に行ってきました。
今年は10/5が特別招待日、10/6-8が一般公開日(事前登録制)、10/9がフリーとなっています。
今日は一般公開日の初日とあって、めちゃくちゃ混んでました…

明日以降行く方も大勢いらっしゃると思います。
明日と明後日いく一般の方は、”Edy”での参加登録を強くお勧めします。
Edyは専用の手続きコーナーがあり、それほど混んでおりませんので、早く中に入ることができます。

さて、このブログではモバイルガジェットについてのみ触れておくことにしましょう。
まず向かったのはKDDIブース。auが10/4に発表したスマートフォンIS03が展示されていました。


画面が指紋でぎっとぎとのXperia SO-01B(docomo)との比較。大きさはそれほど変わらないです。持った感じも変わらない。
サクサク感は人によって感じ方が異なるし、アプリ入れたりなんなりしてると重くなっちゃうのはしょうがないので、今この段階で一概に表せませんが、今のところIS03は結構サクサクなのかなと思っちゃったりしてます。当たり前か?
やっぱり面白いのは、メモリー液晶の時刻等表示でしょうね。

電源がついてる限り、常時点灯してます。
Felicaを試しに見てみたところ、モバイルSuicaはモバイルSuicaのHPに飛ばされ、Edyは”近日公開”としか書かれなかったため何とも書きようがないが、使い勝手はガラケ並みのものが出るんでないかな?

IS03に関しては、Xperiaを持っていなかったらヒトバシラーになる勢いで買ってたかもしれないなぁと思います。
付け加えられた機能が本当にフューチャーフォンと同じ感じで、使いやすいと思います。
文字入力とかは忘れましたが、安心と実績の(?)iWnnみたいなので、大丈夫でしょう!w

続いてNTT docomoブース。IS03とは違いgalaxy Sとgalaxy Tabはdocomoブースのみでしか触れない(と思われる)ので、人が常にあふれてました。
まずはgalaxy S(SC-02B)ですね。

Xperia SO-01Bとの比較。やっぱりGalaxyは有機ELなのもあり、綺麗。野外に持っていくとどうなるのでしょうか…

ちゃんとAndroid 2.2(Froyo)が搭載されてますね!素晴らしい!
持った感じは…まあ、持ちやすかったですね。

あと、Galaxy Tab(SC-01C)でしたね。

設定画面が白背景ですね。
Galaxy Tabを車につけてカーナビ代わりに使うとちょうどいいかも、と感じたりしてました。

詳しいリポートはほかのブロガーがやってくれてると思うので、ここではあまり触れません。
あと、偶然入ったブースでいい情報を聞きました。

これ、Xperia SO-01B/X10のケースなんですけど、カーボン繊維なんです!すごい!
11月ごろより発売予定で、価格は5000円前後の予定だとか。今のところXperia専用で、ほかの端末のカーボン繊維ケースの発売は未定だとか。
かっこいいねぇ。ほしいねぇ。

ほかにもいろいろ面白いブースはありました。
docomoとかKDDIが入ってるほうの展示場ではほかにもSHARP、SONY, MITSUBISHI, TOSHIBAなど様々な企業が展示などしてありました。
特に、SHARPの展示場はクアトロンでうりのAQUOSの文字がでかでかとブースに書いてあるンですが、中身はIS03と電子書籍端末GALAPAGOSのタッチアンドトライが大半を占めてました。
Sonyのブースでは超大型3Dディスプレイを見れます。11月に発売だとか言われているグランツーリスモ5の試乗(←ここ大事)ができます!
もう一つの会場では、富士通などの展示のほか、いろいろな分野の展示があります。
人は親しみやすい家電・ガジェットエリアに行ってしまいがちですが、縁の下の力持ち、ではないですが大きなものを作るのに支えている部品たちなど、見てみるのもいいのではないかと思います。

というわけで、チョーかんたんにまとめさせていただきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で