シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのサイトネットワーク主サイトで、アドレス設定を書き換えられない場合の対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。MATTU(@sunmattu)です。

先日、新年のご挨拶の際にSSL化を行ったという話をしました。

明けましておめでとうございます!2017年もよろしくお願いします。
明けましておめでとうございます。MATTU(@sunmattu)です。 2016年もいろいろとお世話になりました 2016年はプライベー...

しかしこのとき、サイトネットワークを構築しているWordpressサイトでは、構築しているWordpressサイトのページアドレスの表示が灰色になっていて書き換えられず、私は苦労しました。

この時に設定変更を行ったらできるようになったので、その方法をご紹介します。

スポンサーリンク

サイトネットワーク主サイトにおいて、SSL化しようにもホームページアドレスを書き換えられない

ブログをSSL化しようと思ったのは、Googleの検索順がSSLサイトのほうが上位に来る傾向にあるというのと、下記ページを見て簡単にできそう、と思ったためです。

常時SSL化、最近ブログやホームページを管理していると避けては通れないかのような大きな波がやってきている気がし…

SSL化の手順はざっと5ステップ

とする~む(tosroom.com)さんでも紹介されていましたが、ざっと下の手順でできます。
1.XSERVERで 独自SSL を取得する
2.WordPress の基本設定を変更
3.WORDPRESSテーマのstyle.cssの確認・修正
4.画像リンクや投稿LINKの修正(プラグインを使います)
5..htaccess で301リダイレクトを指示
細かい手順は上の記事が非常に参考になります。

また、SSL化したあとには、Google AnalyticsやSearch Consoleの設定の変更・追加を行いましょう。
これに関しては、以下の記事を参考にしました。

WEB担当者の方なら「SSL対応」が気になっていることと思います。最近では、SEOの1つとして評価されるという話も出てきていますよね。SSL(常時SSL)は必要だよなと思いつつ後手後手にまわっていましたが、やっと「WEBマスターの手帳」をSSL化しました。

基本設定の時に…詰まる。

基本設定でホームページアドレスを変更しようと思ったときに、手こずってしまいました。
アドレスが灰色表示でテキストボックスになっておらず、書き換えることが出来ないのです。

これはもう変更した後になるのですが(ブログ記事を書くためにわざわざ戻そうとは思えなかったので)、このようにSiteurlの表示が灰色表示で、ほかの項目はテキストボックスになっているのに、ここだけ書き換えることが出来ないのです。

データベースを弄る!

ここを変更するには、データベースを弄る必要があります。
Xserverであれば、インフォパネルから、ほかのサーバーでも、サーバーパネルからphpmyadminにアクセスすることが出来ると思いますので、そこからデータベースにアクセスします。
(データベースのトップ)>wp_options>siteurl
(データベースのトップ)>wp_sitemeta>siteurl


こんな感じで、http://になっているのをhttps://に書き換えて、実行すればOKです。
.htacessで301リダイレクトをすれば、必ずXXLサイトが表示されるはずです。

次は…AMP対応かな。

Googleさんの講演会を聞いたときに、印象深かったのはSSL化とAMPの実装。
AMPは中途半端にしか実装していないので、きちんとエラーを取り除き実装したいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする