MATTU SQUARE

WordPressのサイトネットワーク主サイトで、アドレス設定を書き換えられない場合の対処法

calendar

reload

WordPressのサイトネットワーク主サイトで、アドレス設定を書き換えられない場合の対処法

こんにちは。MATTU(@sunmattu)です。

先日、新年のご挨拶の際にSSL化を行ったという話をしました。

しかしこのとき、サイトネットワークを構築しているWordpressサイトでは、構築しているWordpressサイトのページアドレスの表示が灰色になっていて書き換えられず、私は苦労しました。

この時に設定変更を行ったらできるようになったので、その方法をご紹介します。

スポンサーリンク

サイトネットワーク主サイトにおいて、SSL化しようにもホームページアドレスを書き換えられない

ブログをSSL化しようと思ったのは、Googleの検索順がSSLサイトのほうが上位に来る傾向にあるというのと、下記ページを見て簡単にできそう、と思ったためです。

SSL化の手順はざっと5ステップ

とする~む(tosroom.com)さんでも紹介されていましたが、ざっと下の手順でできます。
1.XSERVERで 独自SSL を取得する
2.WordPress の基本設定を変更
3.WORDPRESSテーマのstyle.cssの確認・修正
4.画像リンクや投稿LINKの修正(プラグインを使います)
5..htaccess で301リダイレクトを指示
細かい手順は上の記事が非常に参考になります。

また、SSL化したあとには、Google AnalyticsやSearch Consoleの設定の変更・追加を行いましょう。
これに関しては、以下の記事を参考にしました。

基本設定の時に…詰まる。

基本設定でホームページアドレスを変更しようと思ったときに、手こずってしまいました。
アドレスが灰色表示でテキストボックスになっておらず、書き換えることが出来ないのです。

これはもう変更した後になるのですが(ブログ記事を書くためにわざわざ戻そうとは思えなかったので)、このようにSiteurlの表示が灰色表示で、ほかの項目はテキストボックスになっているのに、ここだけ書き換えることが出来ないのです。

データベースを弄る!

ここを変更するには、データベースを弄る必要があります。
Xserverであれば、インフォパネルから、ほかのサーバーでも、サーバーパネルからphpmyadminにアクセスすることが出来ると思いますので、そこからデータベースにアクセスします。
(データベースのトップ)>wp_options>siteurl
(データベースのトップ)>wp_sitemeta>siteurl


こんな感じで、http://になっているのをhttps://に書き換えて、実行すればOKです。
.htacessで301リダイレクトをすれば、必ずXXLサイトが表示されるはずです。

次は…AMP対応かな。

Googleさんの講演会を聞いたときに、印象深かったのはSSL化とAMPの実装。
AMPは中途半端にしか実装していないので、きちんとエラーを取り除き実装したいです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

MATTUとは?

MATTU

MATTU

ごくごく普通であくまで理系な社会人ブロガーのまっつーが、仕事の荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長の一ページである!
毎日のふとした時、若さと渋さの間で揺れるナイス20′sのアナタに贈る『鼻歌みたいなブログ』をツボなつぶやきとともにお楽しみ下さい!

スマホ・ガラホ・PCや家電、お得なポイント・マイル・カード利用法、旅行に関する記事を書きまくっています。ぜひ、おくつろぎながらご覧ください!

ご質問・ご意見やお仕事依頼などありましたら、Twitterの@sunmattuへリプライ・DMか、
himattu あーっと sunmattu.net
までメールをお送りいただければと思います。
(迷惑メール回避のため、あーっとは@に置き換えてください) [詳細]

folder その他

まだ子どもを産んでいない夫婦なら、ぜひ積極的にインコを飼うべし!
インコが来てから二週間がたった
初めてインコが家に来た日
more...