MATTU SQUARE

冬には加湿で風邪を防ごう!加湿空気清浄機より加湿単体の機能を持つ加湿機のほうがいい理由【SHARP HV-E50 (HV-F50)】

calendar

こんにちは。MATTUです。

今回は、冬の生活には必須な加湿器を取り上げます。

スポンサーリンク

小さいけど加湿能力のあるSHARPのHV-E50を購入

寝室は6畳なのですが、リビングでも使う可能性を考え、加湿能力としては15畳ぐらいあるものを探していました。

簡単に、加湿器のタイプをまとめます。

タイプ 原理 加湿能力 メリット デメリット
スチーム式
(加熱式)
やかんでお湯を沸かして
蒸気を出す
即効性・パワーが強い
加湿している実感がある
メンテナンス性低い
火事・火傷の危険性
電気代高くなる
気化式
(ヒータレス)
フィルターに含んだ水を
ファンで気化し加湿
電気代が安い
静か
加湿能力は弱い
超音波式 水を超音波で振動させ
微粒子の形にし、
それをファンで空気中に噴出
電気代が安い
小型・インテリア性に富む
加湿している実感がある
細かな手入れが必要
(菌が繁殖しやすい)
ハイブリッド式
(温風気化式)
水を含ませたフィルターを
加熱しファンで噴出
加湿効果が高い
衛生的
定期的な清掃が必要
電気代がかかる

このように4つのタイプを比較し天秤にかけると、性能はスチーム式が最もいいですが、火傷の危険性やメンテナンス性、いろいろひっくるめると、ハイブリッド式がいいと思いました。メンテナンス性を考えると、下の動画をみれば意外と洗いやすいSHARPの加湿器がいいかなと思います。

※私は、加湿器と空気清浄機を併せ持つ「加湿空気清浄機」もSHARPのものを持っています(2014年製のKC-50E1-W)を持っていますが、加湿機能を重視するならば、加湿機能単体の加湿器のほうがいいと思います。
理由は、次章で説明します。

ということで、2016年1月にSHARPのHV-E50を購入しました。
2016年モデルはHV-F50というのが出ていますが、ほとんど機能に差がないので、安いほうを買えばいいと思います。

[2015年モデルHV-E50の検索はこちら]

[2016年モデルHV-F50の購入はこちら]

瀬戸内地方でも、結構空気は乾燥する

瀬戸内海が目の前に見えるぐらい近い位置に住んでいるのですが、やはり冬場は乾燥します。冬場乾燥した状態で寝ていると、やはりのどがカラカラ、というかガラガラな状態で朝、目を覚まし、必死にのど飴をなめながら出勤する、という事態に、昨年の秋から冬にかけて結構な頻度でありました。
実際、風邪をひいたりしたこともあったので、加湿器は必須だなと考えていました。

そして、年明けに加湿器を購入

家電は年末に購入するのがお得!

クリスマス~年末商戦で、家電は大きく値を下げます。カスタマイズPCなど値下がりが期待できない商品は時期をそんなに考えなくても(モデルチェンジする時期ぐらいは見極めて)いいのですが、白物家電などカスタマイズの必要のない製品は、四半期の決算期やこの12月のクリスマス商戦に値下がり、年明け一月からまた値上がるという傾向にあるのが多いので、年を跨ぐか跨がないかぐらいに注文するのが最もお得だと思います

注文は12/30にポチった!

注文は2015年12月30日、発送は同日行われました。
家具を買いそろえるのにポイントがたまっていたので、そのポイントを使いました。
まさか、12月30日に発送されるとは思わなかったのですが、無事発送され、里帰りしていたのもあって1月3日に到着するように手配し、年明けから使い始めることができました。

加湿空気清浄機よりも、加湿器のほうがいい理由

加湿器の性能自体、こちらのほうが上手!

購入したHV-E50はこちらです。

加湿器を使ってみて、感動した!みたいな感情は芽生えませんでした。
まあ、でも、加湿器なんで。そんなもんですよね。
確実に、のどがガラガラになったり痛くなる頻度は減りました。それだけで、ものすごい魅力かなと思います。
500mL/hのハイブリッド式ですが、水は頻繁に取り換えることをお勧めしますが、2~3日は平気でもつので、水を入れる手間も省けていいと思います。

運転は、「うるおい自動」または「おやすみ自動」にしています。
「おやすみ自動」のほうは音が小さいので、寝るときに耳障りになりません。
「うるおい自動」のほうは室温に合わせて55~65%に湿度を調整します。ただ、稼働中に音が「ゴー」っと結構鳴る時があるので、気にする人は「おやすみ自動」のほうがいいかな?と思います。

加湿空気清浄機よりもいい理由(1) 加湿方法が良い!

加湿空気清浄機KC-50E1は、2013年モデルのKC-D50をベースとした2014年製モデルです。
これは友人から譲ってもらったものなので、特にこれを選んだ理由とかそういうのはありません。

これも、もらった当初から、ものすごく重宝していました。
当時は8畳ワンルームの寮に住んでいましたから、これ一台で十分加湿しているかなと思っていました。

ただ、加湿空気清浄機の加湿機能は気化式なのです。
フィルタは円盤状になっています。(次節「掃除しやすさ」で写真を載せています)
水を含んだフィルタが回転して加湿させます。加湿に加熱を伴わないため、どうしても加湿能力が劣るんです。

前章に挙げた表で記載している通り、気化式の加湿機能はさほど良くありません。ハイブリッド式には到底敵わないです。
実際、のどの調子は格段に良くなりました。
(定量評価ができないのが、ちょっと申し訳ないです…)

※加湿空気洗浄機は、基本的にどのメーカーも気化式を用いています。
空気清浄機に加湿機能も含めると、どうしてもコストが高くなってしまうので、ローコストの気化式のものを用いているというのが現状です。

メンテナンス性もよし!掃除しやすい!

上で紹介した動画の通り、掃除は非常にしやすいです。基本、手で水洗いするぐらいで大丈夫です。


頑固な汚れは、お水ではなく、お湯につけたほうが取れます。
※ただし、洗剤は使わないでとメーカーが推奨しています。

加湿空気清浄機よりもいい理由(2) 掃除が非常に楽!

加湿空気清浄機の加湿フィルタ掃除は、非常に大変なんです。

円盤状が故、加湿フィルターのホルダーであるトレーは非常に凸凹していて、汚れを取るには非常に労力がかかります
使わなくなった歯ブラシで、いろいろな角度からごしごしこすっても全然届かないところもあったり、、、
つけ置き洗いしても取れないところも…

まとめ:加湿性能を重視するなら、加湿空気清浄機より加湿器のほうがおすすめ!

という感じで、ちょっと長くなりましたが、じわじわと効果を実感できるハイブリッド式加湿器、おすすめです。
ぜひ、検討してみてください!

[2015年モデルHV-E50の検索はこちら]

[2016年モデルHV-F50の購入はこちら]

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

MATTUとは?

MATTU

MATTU

ごくごく普通であくまで理系な社会人ブロガーのまっつーが、仕事の荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長の一ページである!
毎日のふとした時、若さと渋さの間で揺れるナイス20′sのアナタに贈る『鼻歌みたいなブログ』をツボなつぶやきとともにお楽しみ下さい!

スマホ・ガラホ・PCや家電、お得なポイント・マイル・カード利用法、旅行に関する記事を書きまくっています。ぜひ、おくつろぎながらご覧ください!

ご質問・ご意見やお仕事依頼などありましたら、Twitterの@sunmattuへリプライ・DMか、
himattu あーっと sunmattu.net
までメールをお送りいただければと思います。
(迷惑メール回避のため、あーっとは@に置き換えてください) [詳細]

folder その他

まだ子どもを産んでいない夫婦なら、ぜひ積極的にインコを飼うべし!
インコが来てから二週間がたった
初めてインコが家に来た日
more...