スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

電動キックボードを1年半普段使いして感じた、電動キックボードの魅力と課題

家電・Accessory

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

道路交通法が改正され、電動キックボードのヘルメット・免許の緩和がこの2年以内に実現する予定です。

私は2020年末から執筆時点までに1年半、電動キックボードを普段使いしています。
電動キックボードは非常に便利ではありますが、実際に使ってみてヒヤッとした経験もしています。

実際に電動キックボードを1年半使って感じた、電動キックボードの魅力と課題、心構えをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

電動キックボードに乗るための注意点は?

電動キックボードに乗るための注意点をご紹介します。

電動キックボードの規制緩和、条件は?

電動キックボードは様々なメーカーから発売されています。
電動キックボードの一部車種については、規制緩和が予定されています。規制緩和の内容は

  • 最高速度は15~20km/hに制限されたもの(※)
  • 定格出力600W以下の電力
  • 自転車と同程度に収まる車体(長さ190cm x 幅 60cm内)、乗員1名

であれば、「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」として利用できます。
「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」であれば、16歳以上であれば免許不要、ヘルメット着用は推奨として、義務ではない形となります。
走行は車道のみです。

もっともネックになるのが最高速度20km/h制限(※)でしょう。
20km/hを超える出力ができる電動キックボードは、「原動機付自転車」という扱いになります。
原付免許・ヘルメット必須です。

なお、「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」でも、市区町村役所でのナンバープレート交付と、自賠責保険の加入は必須となります。
ナンバープレートの交付自体は、免許証がなくても住民票さえあれば申請可能です。
また、自賠責はもしも事故があった時に頼りにもなりますので、必ず加入しておきましょう。

最高時速6km/hに制限されたものは「歩道通行車」として、歩道を通行可能です。電動車いすなどの利用が想定されています。

これらの規制緩和については、執筆時点ではまだ施行されていません。
今後2年以内に施行される予定となっており、現時点ではノーヘルメット・免許なしでの走行は違法となります。

「公道走行OK」のモデルを選ぶ

日本で公道を走るには、ウインカー・ブレーキなど保守部品がそろっているものである必要があります。
日本での公道走行がOKであれば「公道走行OK」とメーカーも明示していますので、そのモデルを選びましょう。

ナンバープレートを取得し、自賠責保険に入る

公道OKの電動キックボードは、商品と一緒に「販売証明書」が入っています。
販売証明書と一緒に、記入した軽自動車税申告書を市区町村役所にもっていき、ナンバープレートをもらいましょう。

ナンバープレートが確定したら、続いて自賠責保険に入ります。
コンビニなどでも入れますので、かならず自賠責保険に入ってから運転しましょう。

自賠責の保険証は走行中携帯する必要がありますが、E-KONには入れる場所がないため、免許証と一緒に携帯しておくといいと思います。

バイク自賠責保険 | セブン‐イレブンで入る保険(三井住友海上)
セブン‐イレブンで入る三井住友海上のバイク自賠責保険なら、全国セブン‐イレブンのマルチコピー機で、24時間365日いつでもお申し込み、その場でステッカーと証明書が受け取れます。原動機付自転車、車検不要の排気量250cc以下の二輪自動車の自賠責保険にご加入いただけます。

ヘルメットをつけて運転しよう

個人所有の場合はヘルメットを必ずつけよう

日本では、電動キックボードを運転する際には、原付と同じ扱いのためヘルメットを付ける必要があります。
一部自治体で実施されている実証実験・レンタル事業のみ、ヘルメットの着用は任意となっています(指定事業者からの貸し出しに限定されます。)

※法改正により20km/hを超えない電動キックボードはヘルメットの着用は努力義務となりますが、まだ施行されていませんので必ずヘルメットを着用しましょう。

個人所有の場合は基本的にヘルメットは必須です。用意しておきましょう。
ちなみに、冬場は寒いので、手袋も用意しておいたほうがいいでしょう。

バイクパーツセンター ヘルメット ハーフ ダックテール マットブラック XL (頭囲 61cm~62cm未満) 711805
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)

実際に電動キックボードにのってみて感じる、魅力と問題点

電動キックボードに興味がある方も、批判的にとらえている方もどちらも多いと思います。
個人的には、このような気軽に持ち運んで乗れる乗り物は、当サイトで取り上げている「ガジェット」にも近い印象で、非常に気になって買ってみました。

実際、電動キックボードの良さも、悪さも、乗ってみないとわからないところはあります。

今回は、実際に電動キックボードにのってみて感じたことを率直にご紹介します。

車に積んで、どこでも折りたたんで持ち運べる!

私が一番便利だと思うポイントは、車をハブにして、出先では電動キックボードを使って走り回れる、という点です。

車の後部座席に入れてます

電動キックボードは折りたたむことができるモデルが多いです。
折りたたんで車に入れて持ち運び、目的地周辺を電動キックボードで回る、ということが気軽にできるのはメリットです。

折りたたみはワンタッチで…というものが多い!ハンドルまで折りたためるかはメーカーによります

電動キックボードの航続距離は、大体40-50km程度というものが多いです。
普通の原付バイクに比べるとやはり短めですので、目的地までは車で、目的地周辺の周遊を電動キックボードで、というように乗り物に応じて選択できるのはかなりのメリット。

ものによりますが、安定走行できるモデルを選ぶと、重さは20kgを超えるものになります。
電車やバスで持って運ぶのは、正直現実的ではないと思います。
電動キックボードだけで行くか、車に積むのがベター。

出先の移動手段になるのは非常に便利

折りたためる原付、というのはほとんどなく、最近発売し始めている電動バイクであれば実現できなくもない、という感じではあります(航続距離は同じくらい)。
取り回しの良さでは、「電動キックボード」が圧倒的に優位でしょう。

想像以上に馬力がある!坂道もぐいぐい登れる!

電動キックボードは、メーカーにもよりますが、想像以上に馬力があります。

先日レビューした、Kaabo MANTIS 10は500Wのブラシレスモーター搭載。
下の動画レビューでもレポートしていますが、想像以上にパワフルで驚きます。

このKaabo MANTIS 10はカマキリのような前輪形状をしており、しっかりとしたサスペンションが搭載されています。
他機種に比べ、路面の凸凹を感じにくい非常に乗り心地のいい電動キックボードで驚きです。

実際、電動キックボードで重要なのはある程度の坂道を登れる馬力。
MANTIS 10であれば25度までの坂道を登れます。
私は広島県尾道市で乗ることが多いため、坂道の多い環境でもちゃんと登れるのは非常に便利です。

電動キックボードを選ぶ際は、500W~600W程度の馬力のあるモデルを選ぶことを強くお勧めします。
(速度より馬力を重視したほうがいいです)

走れる道路は原付よりだいぶ限られる。30km/hの交通量少なめ道路がおすすめ

電動キックボードにのる際は、時速30km制限の道路が目安になると思います。
交通量の多い片道2車線道路や時速50km制限の道路など、正直かなりヒヤッとします。
道幅にもよるのでしょうけど、交通量の多い道路や車がスピードを出す道路はおすすめしません。

これは、乗り始めだけでなく1年半たった今でも感じることです。
交通ルールを守るということはもちろん大事なことですし、事故を起こさない、巻き込まれないためにも、交通量少なめ・スピード遅めの道路や生活道路を中心に走行するのがおすすめです。

後方にウインカーがついているか?ちゃんと確認して購入しよう

電動キックボードの多くは、後部にウインカーがついていません。
ハンドルの端にウインカーがついているものが多いですが、これだと後ろを走っている車両は気づきにくいですよね。

MANTIS 10の後ろ側には、ウインカーライトあり

MANTIS 10やシェアリングサービスのLUUPなど、一部の電動キックボードのみ、後部のナンバープレート付近にもウインカーがついています。

右折の場合は、個人的には普通に右折するよりも、一度降りて横断歩道を歩いて渡るほうがいいと思います。
無理して右折すると車に負ける可能性ありますし、片道2車線以上の道路は「二段階右折」が必須です。

電動キックボードだからこそ、バックミラーは必須だと思う

電動キックボードに乗っていて気になるのは、やはり後方車両の存在です。
後ろに車がいるか、車との距離やスピードは、原付以上に大事だと思います。
そのためには、やはりバックミラーは大事だと思います。

電動キックボードは立った状態で運転するので、短いバックミラーだとちゃんと後続を確認できません。
ポジションによっては自分の体に邪魔されて、うまく後続車両を確認できない場合があります。

ある程度の長さを確保したバックミラーをしっかり取り付けておいたほうがいいと思います。
原付のバックミラーは左右の片側だけで大丈夫ではあるのですが、両方つけておいたほうがいいです。

下の商品のように、バーエンドミラーというのもあります。
方向指示器をふさがないようにしていただく必要はありますが、つけておくのもありかもしれません。

電動キックボードに乗るときは、ルールを学んで守ろう!条件ではなくても、原付免許は持っておいたほうがいい

私は電動キックボードを購入し、乗ってよかったと思います。
もともと原付にも車にも乗っていますし、ちゃんと交通ルールを守って運転すれば、非常に便利な乗り物です。
実際、尾道市街を中心に乗っていますが、非常に便利に乗り回すことができます。

一方で、マスコミの報道やSNSでの投稿にもありますが、危険な運転をしている方もいるのが現状。
よく見るのは歩道運転、信号無視などでの無理な走行。

個人的には、将来的に原付免許のいらない「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」の運用が開始されても、交通ルールを勉強するために原付免許を取っておくべきだと思います。
自転車でさえも怖い運転をする方もそこそこ多いなか、簡単に速度の出る電動キックボードはルールを守らないとより危険になります。

ただし、電動キックボードを運転している身としては、自動車も危険な運転をするものも結構いるようにも思います。
まずは、電動キックボードを社会が認知し、慣れるというのが大事なポイントなのかもしれません。

電動キックボードを過剰に恐れる必要はないと思います。
正しく知って、ルールを守って快適に走行していくのがいいでしょう。

家電・Accessory

ラジオDJ・ペンガジェッター。料金プランにも詳しく、シミュレーターも作りました。
広島から、あなたの物欲を刺激する「コレはおススメ!」という情報をどんどん発信しています!
陸マイラーで、1年間に貯めたマイルは25万マイルを超えるポイントヲタク。

詳細・お問い合わせ・お仕事依頼はこちらから!

運営会社情報はこちら

MATTUをフォローする
MATTUをフォローする
MATTU SQUARE

コメント