11 Shares

Sony、家庭用超短焦点プロジェクター「Xperia Touch G1109」国内発表!Android7.0搭載6月24日発売!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Sonyが、家庭用の超短焦点プロジェクター「Xperia Touch」を日本国内で発売することが発表されました。
6月24日発売で、現時点での価格は税別15万円前後とのこと。

投影面につけて設置し、タッチで操作可能!

投影面につけて設置することで、23インチのサイズでタッチ操作することが出来ます。

投写面から30cm以上話すとタッチ操作は無効になります。
最大80インチまでスクリーンを表示できます。

 
スポンサーリンク

内蔵バッテリーも搭載

バッテリーは1200mAh。駆動時間は1時間とされています。
内蔵バッテリー使用時においては、画面最大輝度が50%に自動調整されます。

スペック

Android 7.0搭載で、Google Playアプリを大画面で使えます。
マルチウインドウにも対応。
Video & TV SideViewを使えば、テレビも大画面で見ることが出来る、のか?と思ったりもします。

プロジェクターの寿命としては、1日4時間の利用で、5年以上の寿命が確保される設計になっているとのこと。

RAM 3GB、ROM 32GBで、microSDにも対応しています(SDXC256GBまで)
USBはタイプC(充電・データ転送)、HDMIタイプD(入力)にも対応しているとのこと。

23-80インチを投影可能で、23インチの場合のみ10点までのマルチタッチ操作ができます。
フォーカスは電動で、オートフォーカス対応です。

人感センサー、ボイスコマンドにも対応しています。

予約受付は6/9、発売開始は6/24

6/9より予約受付が開始され、発売開始は6/24です。
楽しみですね!

ソニーストアはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で