6 Shares

猛暑到来!ダイソンの「羽根のない扇風機」Dyson pure cool linkが涼しくておススメ!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ついに、猛暑がやってきましたね。扇風機が欠かせない。
そんな夏ですが、以前記事にしたダイソンの羽根のない扇風機「Dyson Pure hot + Cool Link」が結構涼しくておススメです。

 
スポンサーリンク

「羽根のない扇風機」

「羽根のない扇風機」というフレコミで、もう5年以上前になりますか、ダイソンの扇風機が日本に初登場しました。

その頃は、

「あまり涼しくない」

「風量が足りない」

など、結構散々な感想をよく耳にしたものなのですが…
昨年意を決して買ったDyson Pure Hot + Cool Link HP02WSを買ったところ、非常に満足できました。

風量は十分。10段階調節可能。

風量は、10段階調節ができます。わたしは普段「4」で使用していますが、全然問題ないです。
首振り機能もありますし、風のあたる領域はスポットかワイドかを選択することが出来ます。

羽根がないので、赤ちゃんやペットに最適

羽根がない、というのは、どういうメリットがあるのか?というと。。。

ペットや赤ちゃんが手を突っ込んでも、安心できるということ。

私は現在インコを飼っています。
普段はかごの中にいますが、日に1時間ぐらい部屋の中を放鳥します。
すると、結構扇風機の上に止まることも多いのです。

羽根のある扇風機は、枠があるとはいえ回転体です。
回転体に、インコの足が入ってしまうと、最悪足が切れる可能性があります。
非常に危険。

赤ちゃんも、指が細くて小さいうえ、動くものにはかなり興味をもって触ったりします。
怖いですよね。

そんな家庭でも、羽根のない扇風機であれば、ペットの足や赤ちゃんの手の心配もないので安心です。
放鳥の時間だけ扇風機を切る、というのも結構暑くて大変なので…

空気清浄機能がついているので、新鮮な空気を送り込める

羽根のない扇風機には、空気清浄機能がついているため、新鮮な空気を送り込めます。
また、商品名に「Link」がついているモデルは、扇風機がWi-Fiで接続し、スマートフォンのアプリで扇風機の動作や空調の具合を確認できます。
例えば、部屋がどれぐらいきれいかチェックすることもできます。

 

空気清浄機能は、機器の下部にフィルターがついており、1日12時間の使用で1年間使用することが出来ます。
フィルターは、交換品も発売されています。

ちなみに、アプリは温度もチェックできます。
外出中に室温を監視して、遠隔操作でスイッチをオンにすることもできます。

Hot + Cool Linkはファンヒーターなので、冬は暖房に、夏は扇風機として、一年中使える!

ダイソンの「羽根のない扇風機」シリーズの中で、「Hot + Cool」と商品名についているものは、ファンヒーター機能も備わっています。
夏は扇風機として、冬はファンヒーターとして、1年中使うことが出来ます。

ファンヒーターなしモデルは、多様なレパートリーあり

ファンヒーターの付いていないモデルは、多様なレパートリーがあります。

タワーファンは、高さ1.08mと、座っている場合の全身長をカバーできます。

テーブルファンは、42cmと少し小柄。円形なので、扇風機のカタチには一番近いのかな。

私のおすすめは、やはりファンヒーターも付属しているPure Hot + Cool Linkです。

一年中使える、というのは、やはり大きいです。
ぜひ、使ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で