2017/09/167 Shares

RICOHの360°カメラ新製品「THETA V」がやってきた!開封の儀!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

IFA2017で一番の注目株だった、RICOHの360°カメラ「THETA V」が2017年9月15日、本日発売になりました!
我が家にもやってきましたので、さっそく開封の儀を執り行います。

 
スポンサーリンク

THETA V開封の儀!

届きました。THETA V
発表から発売までこんなに早いとは、びっくりです。

THETA Vの外箱


外箱は、iPhoneの外箱ぐらいの大きさ。
上面にはTHETA Vの本体の絵が、側面にはTHETAのロゴが描かれています。

開けるとこんな感じで、もう一回THETAのロゴが。
この下に、THETA Vが眠っています。

中身

中身は、本体、microUSB、取扱説明書類、ケースとなっています。

本体

THETA Vの本体です。

正面から

正面は、こんな感じで、シャッターのボタンがあります。

左右の側面

左右は、片方の側面には3つのボタンがついています。

電源ボタン、Wi-Fiボタン、Modeボタンの3つです。
Modeボタンで、静止画と動画を選択できます。

もう片側には何もついていませんが、マイク穴がついています。

底面


底面には、マイク端子、スタンド用のねじ穴、microUSBがついています。
マイク端子は、別売りのマイクTA-1専用ですのでご注意を。
上面は、マイク穴が2つついています。

マイク穴がかなり多く、空間的に録音できるのも今回のTHETA Vの特徴なんです。

初期セットアップ

初期設定は、「THETA S」というアプリをスマホにインストールし、THETA VとWi-Fi接続すればOK。
結構簡単です。
PC用ソフト、スマホアプリともに、下のページからダウンロードリンクがあります!

さっそく撮ってみたよ!

撮影は、静止画は普通にjpgで撮影されるんですね。
カメラの中には、jpgで、下のようなファイルが保存されています。

ろ、廊下ですwww

これを、RICOH THETAアプリにドロップすると、全天球でぐるぐる回せるようになるようです。

TwitterなどSNSにアップロードするときは、
・特定の角度のみを切り取ってあげるか
・角度を指定せずtheta360のHPにあげるか
を選択できます。
角度を指定しない場合は、下のような感じ。

初撮影! #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


上と同じ画像です。かなり印象変わりますね。

ただ、指とか自分の姿も、どうしても映っちゃいますねw
三脚固定して、遠くから遠隔シャッターでどうにかなりそうな気もしますが…

画質は結構いいと思います。
5376×2688ですが…そこまで変な印象はありませんね。

動画は別途チャレンジします!

パノラマ写真をワンタッチで撮影出来て、それを全天球モードで見ることができる。
結構画期的ですね。
独自フォーマットでサポートしているわけでなく、jpgでの保存なので、かなり活用できると思います。

動画は、別途チャレンジします。お楽しみに!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で