2017/05/071 Shares

dカードプリペイドは、ドコモ契約者なら必携のプリペイドカード。メリットをまとめてみた

こんにちは。MATTUです。
NTTドコモが発行するdカードプリペイドが、今日申込受付を開始しました。

先ほど記事に書いた通り、先着でポインコ柄がゲットできるチャンスです!!

この記事では、dカードプリペイドを使う特典を書いていきます。

還元率はそんなに高くない

dカードプリペイドの還元率は0.5%。一方、クレジットカードタイプのdカードやdカードGOLDは1%です。
つまり、普段使いにはちょっと使いづらいかなと思えるカードです。

チャージはWebページまたはローソン現金払い

チャージの方法は、ケータイとの合算払いやローソンでの現金払い、クレジットチャージ、dポイントからのチャージがあります。

ローソン店頭での現金チャージは手数料がかかる

ローソンでの現金チャージは、手数料がかかります。1回につき200円。
ただし、2017年9月までは、手数料無料キャンペーンをやっているので、無料です。

クレジットカードからのチャージはdカード系のみ

クレジットカードチャージはdカード・dカードGOLDからのみです。
ただし、dカード系からのチャージによりポイントが還元されるかどうかはわかりません。(HPには記載なし)

もしdカードからのチャージでポイント還元されるなら

通常MasterCard加盟店での買い物で、
1%(チャージ時)+0.5%(利用時)=1.5%
の還元率になります。

試してみないとわかりませんね。

 
スポンサーリンク

最大のメリットは、貯まったdポイントをチャージできること!

最大のメリットはdポイントを現金としてチャージすることができるので、また使用したときにポイントがたまるということです。

dカードではポイントを使うときはポイントとしてしか使用できないため、多少お得になります。

例)10000円分のポイントを使う場合

dカード・dカードGOLD(ポイントを使用)

10000ポイントが消費されるだけなので、使用したことによるポイント還元はありません。

dカードプリペイドにチャージ(現金として使用)

あらかじめポイントを現金で10000円チャージしておくことで、
10000円×0.5%=50ポイント
たまります!

dポイントを使う場合は、dカードプリペイドにチャージしておくのがお得!

ふだんの買い物はdカードやdカードGOLDに任せておき、dポイントを使いたいときはdカードプリペイドを使う、というのがもっともお得なのかなぁと思います。

通常使用ではメリットは少ないが、持ってて損はないカード

まとめると、通常使用ではメリットは少ないけれど、損はないです。
特に、ドコモユーザーには持っててお得だと思います。

通常使用で一番お得なのは、やはりLINE PayカードとファミマTカードの組み合わせかなぁと思います。
このくみあわせで3%還元なので、やはりでかいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で