2017/05/074 Shares

国際線の航空会社ラウンジなどのプレミアムラウンジが使える「プライオリティ・パス」のメリットと利用条件

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

今回は、国際線のプレミアムラウンジが使える「プライオリティ・パス」についてご説明しようと思います。

プレミアムラウンジって?

ゴールドカード以上を持っているカードラウンジと異なり、航空会社や空港などが運営しているプレミアムラウンジは、

・全席電源付き
・アルコール類も飲み放題
・食事つき
・シャワーあり

と、かなり至れり尽くせりです。
※ラウンジによって条件は変わります

例えば、日本で唯一の5-STARを取得しているANAラウンジの羽田国際線の様子は、下の記事を見ていただければと思います。

あと、シンガポールのチャンギ国際空港のラウンジの様子も、下の記事にて記載しています。

いずれにしても、航空会社ラウンジでは、搭乗前の2時間という長い地獄のような時間を、快適に仕立て上げてくれるのです。

航空会社ラウンジの使用条件

航空会社ラウンジの使用条件は、以下の通りです。

・当日の搭乗便で、プレミアムエコノミー以上のクラスを予約している方
・各アライアンスの上級会員の方((例)スターアライアンスの場合、ゴールドメンバーの方))
プライオリティ・パスを持っている方※プライオリティ・パス加盟ラウンジに限る

ここで、例えばANAのSFCを持っているが、ワンワールド加盟社の便や、どのアライアンスにも加盟していない航空会社に乗らなければならない場合、上級会員でないため航空会社ラウンジに入れません。
しかし、「プライオリティ・パス」を持っていれば、加盟しているラウンジであれば、どこでも入ることが出来るのです。

プライオリティ・パスの発行条件

プライオリティ・パスの会員は3種類あります。

会員 年会費 利用料(本人) 利用料(同伴者)
スタンダード US$99 US$27 US$27
スタンダード・プラス US$249 10回まで無料
その後US$27
US$27
プレステージ US$399 無料 US$27

そこまで海外に出ない人であれば、スタンダード・プラス会員で十分だと思います。
しかし、プライオリティ・パスのプレステージ会員が付帯されているクレジットカードがあります。

プライオリティ・パスを発行可能なクレジットカード

おすすめは、楽天プレミアムカード

なんといっても、おすすめは楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードは、年会費1万円(税別)という格安の年会費で、プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料でなることが出来ます。
ただし、家族会員はプライオリティ・パスの無料発行対象になりません。
家族もプライオリティ・パスを使用したい場合は、本会員として申し込む必要があります。





SFCやJGCを作っている人には、プラチナカードへの切り替えもおススメ

ANAのSFCやJALのJGCをお持ちの方は、プラチナカードへ切り替えるのも一つの手です。
プラチナカード以上のカードで、プライオリティ・パスをゲットできます。

海外旅行に行く前に、プライオリティ・パスを作っておきましょう

結構安価でプライオリティ・パスを作れますし、一年ごとの更新なので、要らない年は更新しない、という手も可能です。
是非、海外旅行に行く前に、ご検討ください!





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で