MATTU SQUARE

ふるさと納税の返礼率は現状の4割→3割に減らされる!?今年のふるさと納税は今のうちに納税したほうがいいかも

calendar

reload

ふるさと納税の返礼率は現状の4割→3割に減らされる!?今年のふるさと納税は今のうちに納税したほうがいいかも

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

スポンサーリンク

ふるさと納税の返礼率が4割→3割に下がる!?

日本経済新聞によると、ふるさと納税の返礼率が下がるようです。

総務省はふるさと納税の返礼品の価格について、寄付額の3割までに抑えるよう全国の地方自治体に要請する。

総務省の調べでは全国の自治体は1万円の寄付に対して平均で約4000円分の返礼品を送り返している。4月以降は3000円以下に抑えるよう求める。宝飾品や家電製品、金券といった換金性の高い返礼品も控えるよう改めて要請する。

とあります。つまり、商品券や家電製品の返礼が減らされる、という傾向になる、とみられます。

また、読売新聞でも同様の報道をしており、総務省による圧力がかかります。4月1日付で通達、とのこと。
ふるさと納税、返礼は3割上限に…総務省通知へ(読売新聞)

ちなみに、昨年まで商品券を出していた千葉県勝浦市は、圧力に負け、商品券の廃止を発表。

この傾向によると、返礼品の還元率が下がるのは、時間の問題なのかもしれません。

年収の増減が大きくなければ、昨年とほぼ同程度の納税額で早めに納税したほうがいいかもしれない

つまり、納税するユーザーからすれば、還元率がまだ高い今のうちに納税したほうがいい、ということです。
さらに、家電製品が欲しいのであれば、今のうちにしたほうがいいのかもしれません。

昇進による昇給などあれば、若干の差が出るとは思いますが、昨年のふるさと納税で納税した額程度は今から納税しても問題はないんじゃないかと思います。
昨年ふるさと納税をしていない人でも、下の記事で納税額の上限を調べることが出来ますので、ぜひ調べてみてください。

家電製品のおすすめはこちら

家電製品は、「ふるなび」が最も充実しているのでお勧めです。
特に家電が充実しているのは、以下の自治体です。
長野県伊那市(ロボット掃除機や音響機器、テレビなど)
静岡県小山町(空気清浄機、炊飯器、掃除機など)
茨城県日立市(掃除機、炊飯器、電子レンジ)
長野県飯山市(パソコン、PCモニター)

以下の記事にもまとめてますので、ご覧ください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

MATTUとは?

MATTU

MATTU

ごくごく普通であくまで理系な社会人ブロガーのまっつーが、仕事の荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長の一ページである!
毎日のふとした時、若さと渋さの間で揺れるナイス20′sのアナタに贈る『鼻歌みたいなブログ』をツボなつぶやきとともにお楽しみ下さい!

スマホ・ガラホ・PCや家電、お得なポイント・マイル・カード利用法、旅行に関する記事を書きまくっています。ぜひ、おくつろぎながらご覧ください!

ご質問・ご意見やお仕事依頼などありましたら、Twitterの@sunmattuへリプライ・DMか、
himattu あーっと sunmattu.net
までメールをお送りいただければと思います。
(迷惑メール回避のため、あーっとは@に置き換えてください) [詳細]

folder その他

まだ子どもを産んでいない夫婦なら、ぜひ積極的にインコを飼うべし!
インコが来てから二週間がたった
初めてインコが家に来た日
more...