【Love 広島】贅沢なおいしさ。ウニホーレン・ウニクレソンが密かに熱い!

Love 広島

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

皆様は、「ウニホーレン」って聞いたことありますか?
ホウレンソウとウニをバター醤油で炒めた、非常にシンプルな料理です。

関東から来た友達に食べさせたら、「信じられない!?」の一言。
Twitterにも投稿したら、結構反響がありました。

信じられないけど、贅沢。
めちゃくちゃおいしいので、広島に来たらぜひ食べてほしい逸品です。

「ウニホーレン」は、昭和50年代頃からじわじわと流行る、広島の人気料理

ウニホーレンは、昭和50年代ごろから、広島市内の鉄板焼き屋(お好み焼き屋)で徐々に流行りだしました。
酒飲みの間では、おつまみとして非常に愛されています。
読売テレビの「秘密のケンミンショー」でもたびたび取り上げられているので、知っている人も多いかも。

ほうれん草とウニを、醤油とバターで炒めただけのシンプルな料理。
味付けもシンプルながら、酒飲みにはたまりません。進みまくりです。

また、ウニのしっとり感にほうれん草がめちゃくちゃ合うんです。
ザ・鉄板料理って感じです。
広島市内の鉄板焼き屋であればだいたいあると思いますが、「五ェ門」がおススメです。
お好み焼きも「満月焼き」というのがおいしいですよ!

五エ門 堀川町本店 (胡町/お好み焼き)
★★★☆☆3.50 ■味と元気で勝負!! 明るく居心地の良い店内で、美味しい『鉄板料理』 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

「ウニクレソン」の発祥は、「中ちゃん」

一方、ウニとクレソンを炒めた「ウニクレソン」というのもあります。

(食べログより引用)
広島市の繁華街流川にある、「中ちゃん」というお店が発祥とのことです。
ワカコ酒にも取り上げられているようで、結構人気なようです。
ウニホーレンとウニクレソン、調べた限りではウニホーレンのほうが先のような感じがしますが、これも諸説ありますので。。。

ウニのふわふわと、クレソンのシャキシャキをフランスパンに載せていただけます。
これはこれで、非常においしそう。

ぜひ、広島に来たら、お好み焼きを食べるついでに、ビールと一緒に召し上がってみてくださいね!

ひろしま丸かじり 中ちゃん (銀山町/お好み焼き)
★★★☆☆3.58 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

コメント