2017/05/079 Shares

【Love広島】ビールは注ぎ方で味が変わるのを体感できる!「ビールスタンド重富」で一杯目のビールを飲もう!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

以前LINE BLOGの方にも一度投稿したことがあるのですが、今回はビールスタンド重富のビールをご紹介しようと思います。

広島で一番の繁華街、流川の一角にある

繁華街といえば、東京では新宿歌舞伎町、札幌ではススキノ、福岡では中州ですが、広島は流川です。

今回ご紹介する「ビールスタンド重富」は、広島で、というか中国地方で一番の繁華街、流川の一角にあります。

営業時間は17時から19時までの2時間限定。
立ち飲みで、一人2杯限定です。おつまみの持ち込みも厳禁。
長蛇の列になりますが、2杯、という制限があるおかげで、結構回転が速いので、まあ30~40分ぐらい並べば入れると思います。

店の前には立て看板があり、そこに今日の注ぎ手の名前があります。

この日は、重富さんです。

スポンサーリンク

中に入ると、2台のビールサーバーがお出迎え!

実際には、お出迎えをしてくれるのは重富さんですが、入ったら正面に2台のビールサーバーが迎えてくれます。

写真左手のは、今いろいろなところで使われている一般的なビールサーバーです。
右手のは、昭和8年当時の設計図を基に作られたビールサーバーとのこと。
昭和初期のビールサーバーは、現代の一般的なサーバーとは違って、勢いが違います。

この2台のビールサーバーで、注ぎ方は同じなのに、同じ銘柄のビールでも全く異なった舌ざわり、味を感じることが出来ます。

一杯目は、昭和のサーバーで「壱度注ぎ」

一杯目は、昭和のサーバーで勢いよく泡立てて注いだビールです。

ビール本来ののど越しを味わうことが出来ます。

弐度注ぎ(平成・昭和)、参度注ぎ

弐度注ぎには2種類のタイプがあります。
昭和のビールサーバーで注いだ元気いっぱいのビールに、
・平成のビールサーバーの泡をプラスして、もちっとした口当たり。
・昭和のビールサーバーの泡をプラスして、やわらかい口当たり。
どちらも魅力的です。

ただ、時間のある人にお勧めしたいのが「参度注ぎ」。

昭和のビールサーバーで、元気いっぱいだったビールを、一度目は泡でいっぱいにさせながら焦らし、2~3分で弐度目、参度目と、3回に分けて注いでいきます。

注いだビールがこちら。

泡がもこもこっとあふれるばかりに盛り上がっているのですが、こんなにもマイルドになるとは、驚きです。
苦みが和らぐので、女性の人には参度注ぎがおすすめかも。

 
スポンサーリンク

重富注ぎ

重富注ぎは、最初から平成のビールサーバーで注ぐ、普通の居酒屋などで出てくるビールと同じようなビール。

非常にクリーミーな泡できりっとした味わい。
普通の居酒屋で出てくる味と違うように感じるのは、他の店とは決して異なり、ものすごく丁寧にメンテナンスしている証拠なんだと思います。

実は!裏メニューもあり!

ビールのメニューとしては、表に貼ってあるのはこの5種類だけなのですが、店内には一応裏メニューもあります。
一応、裏なのでメニュー表の写真を貼るのは控えておきましょう。。。

重参注ぎ

重参注ぎは、重富注ぎと参度注ぎ(昭和)のコラボ。
なんと、平成のビールサーバーで注ぐキリッと味わい深いビールに、参度注ぎで注いだ昭和の泡をスプーンですくいだしてトッピング。
ものすごく味わい深いです。


参度注ぎ昭和がついてくるので、2杯分になります。

全然口当たり、味わいが異なり、「一番味わい深いタイプ」と店で謳っている通りです。

他の注ぎ方は、また行って飲んでみます!!!

ビールが嫌い!なんて言っている人にこそ、ぜひ飲んでいただきたいお店

ビール好きと、ビールどころかお酒さえ飲まないゲスト二人が広島に遊びに来てくれたので、その子たちを連れて行ったのですが、
普段お酒を飲まないその子も、おつまみなしでビール1杯飲みきりました。
二人とも、「いつもと違う!」と大満足。

本当に、ビールに対する感覚が変わります
ぜひ行ってみてください!!!

ビールスタンド重富

営業日

地図

広島電鉄(路面電車) 銀山町電停からすぐ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で