2017/05/070 Shares

東日本大震災から6年。6年を振り返ってみて。初心忘るべからず。

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

本日2017年3月11日で、東日本大震災から6年がたちます。

6年は短いが、交通網は大きく変化した

6年という月日は、過ぎてみればあっという間です。
震災の直前に、私は被害にあった地域を訪れていました。

昨年の11月に追記をしたりしていますが、基本は旅をした2011年3月から半年後の8~9月に書いたものです。

当時は地震なんて起きるとは思わず、鈍行列車で北海道に行くための「線の旅」を、三陸経由で行こうと思い立って行ったものです。

ただ、その後の地震で大きく変わりました。
常磐線はようやく全線復帰を果たしましたが、原発事故による一部区間の普通の影響で仙台-いわき間は特急の設定がなくなってしまいました。
気仙沼線や大船渡線はBRTになり、私が旅していた車窓とは全く異なる風景が広がっています。

三陸鉄道は頑張って復帰出来ましたが、JR山田線の三陸区間は現在も休止しており、三陸鉄道に移管して復旧する準備を行っています。

一方で、東北本線や仙石線・石巻線では、「仙石東北ライン」の新名称・新経路の路線が運行開始しています。
わかりやすいような、わかりにくいような…という感じではありますが、交通網は少しずつ、着実に、復興の道のりを歩いていると言ってよさそうです。
ただ、復興への道のりはまだまだ険しいように感じます。

当時のことをTwitterで振り返ってみよう

当時もツイッターをしていた人は、検索欄に、
from:●●(ユーザー名) since:2011-03-11 until:2011-03-12
と打ち込めば、当時自分が書いたツイートを閲覧できます。ぜひ振り返ってみてください。

6年前の3月、大学で募金活動を行いました

ちょうど6年前の3月、学部を卒業する直前での震災でした。
有志の呼びかけで、募金活動を行いました。

SAKURA Project(http://sakura.sunmattu.net/)

学内は広くて、ばらばらのように見えましたが、意外と呼びかけるといい反応を示していただき、一致団結したように思えたのはすごいなと思います。
(大学広報やOB会の公認あってこその賜物でもあるとは思いますが)

このとき、10年後の自分へ「誓い」をたて、文集にしました

上のページを見ていただければわかりますが、Twitterとブログを連動させ、10年後の自分へ「誓い」を立てたんです。
参加していただいたやさしい皆様の投稿は上のページに残しています
(一時期サーバーが壊れちゃって復元するのに時間がかかりました(汗))


「知床のかしわの木のように芯があり、ペンギンのようにひたむきに動く技術者になる!」
と、高らかに宣言したのですが、果たしてできているのでしょうか…

初心忘るべからず

日々課される仕事、淡々と、ビシバシ働きながらなんとかこなしていると、

自分はどのような思いを抱いてこの進路を決めたんだろうか。
このままでいいのだろうか。

と、思ってしまいました。
現状を打破すべく、違う視点から自分を見つめ直す意味もこめて、半年前からブログもフル稼働させてきました。

初心忘るべからず、守りに入らないで「攻める」姿勢を、大事にしていきたいですね。
それが直接震災の支援にならなくても、まわりまわってどこかで役に立つときが来るかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で