7 Shares

iOS11GM版がリリース。iPad Proにインストールするも、Filesは不完全…

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Appleの発表会が終わり、手元のiPadにiOS11のGM版が降ってきました。
正式版への期待は、Filesの使い心地でしたが、クラウドの利用どころか、「自分のiPad内」のFinderすらもない、という状況でした。

 
スポンサーリンク

iOS11GM版リリース。Filesの使い勝手は…あまりよろしくない

Dockの使い心地はかなり良い

Dockの使い心地などはベータ版で満足していたので、そう変わらないことに喜んでいます。
ホーム画面はこんな感じ。

一覧画面はこんな感じ。iPadに最適化しているので、結構使いやすいです。

一見魅力的に見えたはずのFiles

一方で、iOSの目玉機能の一つである「Files」ですが…

「場所」にあるのが、クラウドサービスしかないです。
しかも、右側に表示できるのはiCloud Driveぐらいで、OneDriveなどその他のドライブは別枠表示。

iCloud Drive以外のクラウドでは、クラウド上のフォルダ内のファイルをドロップして、例えばメールに添付する、みたいなことはできないのです。
クラウド上のファイルをブログとかに載せるときに、この機能が使えないのが結構致命的。

というわけで、PC代わりに使えるかなぁと思っていたiPadですが、まだまだテキストエディタ止まりで、あと一息だなぁという印象。

ちなみに、初期のベータ版には「このiPad内」という項目はあり

developer beta1のころかな…使えなかったけど、項目自体はあったんですよね…
殺されたままなのです…

がんばれ!Files!

端末内のエクスプローラーはできなくても、クラウド上のファイルをドロップしてほかのファイルに挿入できるように、泣てくれたらいいのになぁ。
おしい…もう一歩です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で