Samsung, Galaxy S9/S9+発表!可変絞り・AR絵文字搭載、海外では3/16発売!

Galaxy S9, S9+(2018)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxyの2018年フラッグシップモデルである、Galaxy S9/S9+がMWC2018直前に発表されました。
発表会の様子をお届けします。

サムスンのフラッグシップモデルGalaxy S9/S9+がそろそろ発表?

バルセロナで開催されるMWCにて、サムスンがGalaxy S9シリーズを発表されます。
日本時間で2月26日午前2時から。

DJ Koh登壇!

生活の一部として、BixByやSamsung Healthなど、幅広い活動の中核として、スマートフォンをお届けします。

カメラを再定義しました。

Galaxy S9,S9+発表です!

スペックをまとめてみました。


指紋センサーは、カメラの下になりました。

顔認証と虹彩認証も搭載。

項目 Galaxy S9 Plus/Galaxy S9
画面 Plus:6.2インチ
無印:5.8インチ(ラウンドで5.6インチ相当)
解像度:1440×2960ピクセル(18.5:9)
大きさ Plus:158.1×73.8×8.5mm
無印:147.7×68.7×8.5mm
チップセット Exynos 9 9810
またはSnapdragon 845
Port USB Type-C
RAM 4GB/Plusは6GB
ROM 64GB(国・地域により左右)
外部ストレージ microSDXC(400GBまで,DSDSモデルはSIM2と排他)
OS Android 8.0
防水・防塵 〇(防水IP68)
認証 指紋(背面)・虹彩・顔面
NFC
カメラ メインカメラ:1200万画素F1.5-2.4
絞りは可変式に?
(Plusはデュアル?)
前面カメラ:800万画素(AFあり)
(S9は虹彩認証一体式)
機能 AR絵文字機能
ステレオスピーカー搭載
バッテリー Plus:3500mAh
無印:3000mAh
ワイヤレス充電(Qi)対応
Lilac Purple,Midnight Black,Titanium Gray
Coral Blue(日本サイトには未掲載)
付属品 AKGの高音質イヤホンなど多数

AKGチューニングのステレオスピーカー搭載。
ついにGalaxyもステレオ対応です!

同梱品はこんな感じです。充実しています。

カメラ周りの進化に期待

大きく進化するのは、カメラ周りが中心のようです!!
メインカメラはF1.5-2.4の絞りが調整できる機能が搭載されます。

スーパースローモーション撮影を搭載。
音楽やGIFアニメに変換し、SNSに上げることもできます。

読めない言葉も瞬時に変換できます。同時通訳レベル。


前面カメラも、S9は虹彩認証と一体式のカメラになり、顔認証の精度もiPhoneのFaceIDと張り合えるレベルになる、らしいです。

AR絵文字


セルフィーで絵文字スタンプを作れます。

AR絵文字スタンプは自分で撮影した写真から自動生成され、カスタマイズもできます。


また、絵文字作成後18のgifスタンプが自動生成されます。
LINEなどでもGIFスタンプが自動で再生されますので、楽しめますよ!

Galaxy Note8でも、カメラ性能の高さに大満足だったので、S9の性能アップをさらに期待しています!!

Galaxy S9の発売日は…

Galaxy S9とS9+の発売日をちょっと占ってみましょう。
海外版については、3月16日ごろに発売されます。
Galaxy Note8は、2017年9月10日ごろにリリース(SM-N950FD/SM-F950U)され、10月初頭にSnapdragon835版の香港版(64GB/128GB/256GB)が発売されました。
それに準拠すれば、Galaxy S9/S9+は3月にExynos版リリース、4月初頭にSnapdragon845版リリース。という形でしょうか。

日本国内版については、おそらく夏モデルと同時期の発売になるのではないでしょうか。
・ここ最近は、ドコモ・auから1機種のみの隠し玉の発表がないということ
・昨年MWC2017で発表されたXperia XZ Premiumも、夏モデル発表と同時期だったこと
という2点があげられます。

私はもし買うとしたら、香港版(Snapdragon845版)の256GBを狙うかなー
まあ、正式発表を楽しみにしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント