2016/11/060 Shares

iPhone 7にイヤホンジャックがないので、Bluetoothヘッドセット「HPS03」を買ってみた

こんにちは。MATTUです。

iPhone 7にイヤホンジャックがないのは、やっぱり不便!?

発表前から話題にはなっていたのですが、iPhone 7とiPhone 7 Plusには、イヤホンジャックがありません。
日常車通勤で、Bluetooth通信で音楽を聴いている私には、まったく不便を感じないのですが、いざ電車で音楽を聴こうとすると、やはり不便を感じてしまいます。

学生時代は電車通学だったのでよくBluetoothヘッドセットを持っていたのですが、引っ越すたびにどこか奥に追いやってしまったので、今回新しいのを調達することにしました。

今回購入のコンセプトは、安くて便利。
なぜなら、本命はソニーのMDR-1000Xなので、まずはお手軽に使えるものをと考えたためです。

選んだのはELECOMの”HPS03″

なぜこれを選んだかといわれると、半分は直観なのですが、片耳ヘッドセットを使ってみたかったということと、両耳に拡張することができるのが大きいなと思ったからです。
img_01011
パッケージはこんな感じで、両耳に拡張できることをおしています。
中身はこんな感じです。
img_01021
本体、拡張用片耳イヤホンとその他説明書類。
img_01031
拡張用片耳イヤホンのコネクタは充電コネクタと共用のmicroUSBになっています。

イヤーフックを装着するとこのような感じ。
img_02021

 
スポンサーリンク

着け心地は絶妙。安さを感じさせない安定感。

本体は左耳専用になっています。装着しても、イヤーフックは少し浮いている感じで、本体が耳からとれた時の保険のよう。Xperia Earのちょっと大きい版みたいな感じ?と思うと、お値打ち価格だなぁと思います。
これを装着したまま、新幹線の中で4時間程度作業をし続けましたが、まったく苦になりませんでした。着電時もヘッドセットのボタンを押せばすぐに電話に出ることができるので、らくちんです。
要は、スマートウォッチでPebbleを使っていれば、Pebbleで着電の発信元確認をして、耳元のボタンを押せばスマホを出さずに通話が開始できるというわけですな。
ほんとは、Pebbleのボタンを押して電話に出られればいいのですが、Pebbleのボタンで受けてしまうとiPhoneのスピーカー・マイクで通話が開始されるので、Bluetoothヘッドセットで話すのに切り替えないとならないようです。
ここだけ、調整できないかなぁと画策しています。
何はともあれ、安くて快適なHPS03。4色あるので、お好きな色をお試ししてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で