史上初のDSDV+おサイフケータイ(FeliCa)対応スマホ、OPPO R15 Pro発表!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

OPPOがついに、世界初となるDSDS(DSDV)+おサイフケータイ(FeliCa)対応スマホであるR15 Proを発表しました。
CPUはSnapdragon 660とミドルレンジながら、RAM 6GBで防水にも対応と、かなり攻めたスペックになっています。

OPPOがリリースする新型スマホは、史上初の2枚SIM+おサイフケータイ(FeliCa)

OPPO R15 Proはベゼルレスデザインで、ノッチがついたスマートフォンです。

今回の一番の目玉は、VoLTEにも両対応したDSDS(DSDV,2枚SIM挿しに対応)であると同時に、おサイフケータイにも対応しているという点です。
HTCがU12+で対応するか…と思いましたが結局対応しなかった、DSDV+FeliCaに対応しているのは、史上初になると思われます。
もちろん、モバイルSuicaやWAON,nanacoなど各種サービスに対応しています。

また、SIMスロットとmicroSDスロットは別とのことで、2枚のSIMとmicroSDが両方使えます。

カメラもAI対応とのこと、背景をぼかせるAIポートレートモードも搭載されます。

項目 OPPO R15 Pro
画面 6.28インチ
(1080×2280,19:9)
有機EL
大きさ 156mm x 75.2mm x 8.0mm
重さ 180g
チップセット Snapdragon 660
OS Color OS 5.1(Android 8.1ベース)
Port USB Type-C
RAM 6GB
ROM 128GB
通信方式 FDD-LTE:Band 1,2,3,4,5,7,8,18,19,20,26,28
TD-LTE:Band 38,39,40,41
W-CDMA:Band 1,2,4,5,6,8,19
外部ストレージ microSDXC(256GBまで)
防水・防塵 防水〇IPX7
おサイフケータイ
認証 指紋(背面)/顔認証
NFC
カメラ デュアルカメラ(16MP+20MP)
フロントカメラ20MP
バッテリー 3430mAh
レッド、パープル

発売日と価格が気になるところですが…

価格や発売日は発表されていません。
タイやヨーロッパではR15 Proを7万円程度で、中国では6万円で発売されているとのことですが、日本仕様のR15 Proはいくらで発売されるのでしょうか…

詳細が発表されるのを期待しましょう。

なお、一緒に発表されているR15 NeoについてはFeliCaに対応していませんので、ご注意くださいね。

※上記の商品は海外版です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント