【ギガホ・ギガライト・docomo with対応】スマホ月額料金をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ新旧, au, Softbank, Y!mobile, UQmobileに対応)

ソフトバンクの料金徹底大解剖!!「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」を攻略せよ!!

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ソフトバンクの料金プランが、2018年9月6日より大きく変わります。
なんといっても、「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」という新しい料金形態が導入されるということ、既存のプランは一部を除いて新規申し込みを終了し、端末を購入したときに2年間割り引かれる「月月割」も適用されなくなる、ということです。

わかりにくい?

では、わかりやすく解説していきましょう!
これを読めば、あなたも今日からソフトバンクマスター!!

携帯電話の料金プランの仕組み

携帯電話の料金プランは、通話+通信+ISP+オプションで決まります。

この合計額から、おうち割光セットなどの毎月割引があるものなどが割り引かれます。
・通話は、基本プランです。
・通信は、パケットパックです。〇GB=〇円のように、予め容量を決めて購入します。
・ISPは、インターネット接続料、と考えればいいと思います。ソフトバンクの場合は、通話基本プランの中に含まれているので気にしなくていいです。(メールアドレスが付いてきます。)
・オプションは、端末が壊れた時の補償や、ブック放題などのオプションサービスがあります。

ソフトバンクの料金体系

ソフトバンクの料金体系は、今回の改定でかなりシンプルになりました。

通話(通話基本プラン)

基本プランとしては、「通話基本プラン」の一択です。
家族グループ内では通話無料、それ以外は30秒20円となります。

短いけど通話の回数が多い、という方は、1回5分以内の通話が無料になる「準定額オプション」を利用しましょう。
かなり通話が長い、回数も多い、という方は、国内通話が無料になる「定額オプション」を利用しましょう。

通話の量に応じて、オプションを選択する、というのが、ソフトバンクの通話体系です。

通信(パケットパック)

データ通信では、主に2タイプが提供されています。

データ定額 50GBプラス(ウルトラギガモンスター+)

50GBのデータ使用と、YouTubeなど対象の動画サービス・SNSがカウントフリーになるプランです。

以前は他のデータ容量も用意されていましたが、現在は50GB一択しか用意されていません。

動画サービスがカウントフリーになるなど、他社にはない魅力を打ち出しており、強力なインパクトを与えています。
ただし、LINEではLINE通話がカウントフリーの対象外だったりと、サービスすべてがカウントフリーになるわけではないので要注意です。

データ定額 ミニモンスター

ミニモンスターは、月々のデータ利用量に応じて4段階に変動する料金体系です。

ステップ(容量)料金
~1GB2,480円
~2GB4,480円
~5GB5,980円
~50GB6,980円

「ウルトラギガモンスター+」は50GB+カウントフリーで5,980円ですので、常時2GB以上使う方は「ウルトラギガモンスター+」がお得になります。

2GB以下の小容量を使う場合、通話基本プランと合わせると6,000円かかります。
ソフトバンクがサブブランドとして提供している「Y!mobile」を利用すれば、通信通話品質はほぼそのままに、半額以下に抑えられるので、ライトユーザーは一度検討してみたほうがいいでしょう。

ワイモバイル(Y!mobile)の料金プランと割引を徹底大解剖!入ったほうがオトクなオプションを厳選!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Y!mobileというブランドはご存知でしょうか。格安スマホ・格安SIMを調べたことがある方なら、だれもが検討したことのあるブランドだと思います。ワイモバイルをこれから契約したい、契...

ソフトバンク利用時の割引

次に、ソフトバンク利用時に、対象であれば割引を受けられます。

みんな家族割+

家族内グループのうち、
・ウルトラギガモンスター+
・ウルトラギガモンスター50GB
・ミニモンスター
の加入者が複数いる場合(最大4人)、ウルトラギガモンスター+/50GBのユーザーは最大で1人2000円割り引かれます。

おうち割 光セット

家の固定回線でソフトバンク光をお使いの場合、毎月1000円割り引かれます

1年オトク割

機種購入時、通話基本プランに2年契約で契約された場合、最初の1年間は毎月1000円割り引かれます。

月月割

機種購入を伴う新規契約・機種変更などの際に、対象料金プランであれば契約翌月から24ヶ月間、一定額が割り引かれます。
ドコモの月々サポート、auの毎月割と同じシステムです。

ただし、ウルトラギガモンスター+、ミニモンスターで契約される方は、2年契約の場合月月割の対象になりませんのでご注意ください。

機種変更で旧料金プランを選んだ場合には月月割の対象になりますが、今回説明した料金プランの場合は原則対象外、と思っておけばいいでしょう。

また、旧料金プラン(スマ放題「通話定額プラン」およびスマ放題ライト「通話定額ライトプラン」、「ホワイトプラン」)を継続して利用するお客さまが、新たに機種変更する際の「月月割」の提供を、2019/1/31をもって終了します。

ソフトバンクはヘビーユーザー向け。ライトユーザーならワイモバイル!

ソフトバンクはヘビーユーザー向けの料金形態です。
ソフトバンク光とのセット割や、1年オトク割などを駆使しても、節約志向の強い方であれば「高い」と思われる方が多いのではないかと思います。

ガンガン動画を見る、ガンガンインターネットやスマホのアプリを使い倒すような方であれば、ソフトバンクの『ウルトラギガモンスター+』は非常に魅力に感じます。
逆に、そこまで頻度高く外出先でスマホを使わない方は、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルのほうが、回線の品質はそのままに、お得に運用できます。

ワイモバイル(Y!mobile)の料金プランと割引を徹底大解剖!入ったほうがオトクなオプションを厳選!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Y!mobileというブランドはご存知でしょうか。格安スマホ・格安SIMを調べたことがある方なら、だれもが検討したことのあるブランドだと思います。ワイモバイルをこれから契約したい、契...

ぜひ、ソフトバンクとワイモバイルを検討してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました