2017/10/030 Shares

AndroidフィーチャーフォンSH-01Jの基本的な設定方法とファーストインプレッション

こんにちは。MATTUです。
本日(10/21)にAndroidフィーチャーフォン AQUOSケータイ SH-01J を購入しました。
先ほど、開封の儀の記事をアップしましたが、今回は基本的な操作を説明します。

dアカウントの設定方法

dアカウントは、端末に設定されていない状態で設定をすると、ネットワーク暗証番号に基づき、その回線に紐づいたアカウントが設定できます。
img_03961
初めに、規約に同意します。1・2・3を選択すると、規約が表示されるので、同意できる場合は、この画面の「同意する」を押します。
(1・2・3の各規約上には同意画面はないです(汗))
img_03971
この画面で、「dアカウントを設定する」を押すと、ネットワーク暗証番号の入力画面が現れます。
img_03991 sh-01j-001
こんな感じで、アカウントが設定できます。

ほかの端末のdアカウントを設定したいときは、一度回線紐づけのアカウントを設定したうえで、改めて「メニュー>設定(8)>ドコモサービス(8)>dアカウント設定(1)」に進むと、現在のアカウントの確認と、別のアカウントの設定ができます。
sh-01j-002 img_04021
今回は、別のアカウントのIDとパスワードの入力画面が表示されますので、入力すれば設定できます。

ショートカットキー設定

SH-01Jのキー配置は下の図のようになっています。
img_04191
一番下に「I」「II」「III」の3つのショートカットキーがあり、短押し・長押しそれぞれでショートカットを設定することができます。
screenshot_2016-10-21-15-39-451
設定画面は、未設定のショートカットキーを押したとき、または、「メニュー>設定(8)>クイック起動キー(0)」を押すとできます。アプリだけでなく、スクリーンショットなど動作も登録できます。
screenshot_2016-10-21-16-44-321 screenshot_2016-10-21-16-44-441 screenshot_2016-10-21-16-44-551
アプリの設定も、プリインストールアプリだけでなく、野良apkでインストールしたアプリも登録できます。
screenshot_2016-10-21-16-45-061

 
スポンサーリンク

スクリーンショットの撮り方

スクリーンショットは、「電源ボタン」+「II」キーの長押しで撮れます。
ただし、ショートカットキーにも設定可能なので、そちらで設定するのがいいかと思います。

ホーム画面

ホーム画面は、何も選択していない状態だとiチャネルが下に表示されています。
「↓」ボタンか真ん中のボタンを押すと、「通知あり」のアイコンに移ります(メールが入っていたら、メールのアイコンも左下に表示されます)
screenshot_2016-10-21-16-56-221 screenshot_2016-10-21-17-01-051
メール新着アイコン、またはひつじの執事くんの「メールが届いています」を押すと、メールの受信BOXに遷移します(直接メールを見ることはできないようです)
screenshot_2016-10-21-16-58-311 screenshot_2016-10-21-16-58-511
通知アイコン、または、一番上の通知バーを押すと、通知画面が出てきます。
screenshot_2016-10-21-17-04-561 screenshot_2016-10-21-17-05-281
スクロールすると電池残量・電波強度やBluetooth・NFCなどを確認できます。

ホーム画面に戻って、ホーム画面で右を押すとリダイヤル、左を押すと着信履歴、上を押すと電話帳になります。この辺は、ガラケーと変わりませんね。
screenshot_2016-10-21-15-35-491 screenshot_2016-10-21-15-35-551 screenshot_2016-10-21-15-36-011
何もなくて申し訳ないんですが…

「ドコモメール」アプリ

ドコモメールは、ホーム画面からメールマークのボタンを押すと起動できます。
screenshot_2016-10-21-16-55-341 screenshot_2016-10-21-15-36-321 screenshot_2016-10-21-15-36-491 screenshot_2016-10-21-15-36-551

ファーストインプレッション

文字入力、どうしようかなぁ…

文字入力は「S-Shoin」が入っていて、Web辞書も使えて便利です。
ただ、2タッチ入力を愛しているものとしては、ちょっとこれだけは使いづらいんですよね。
現状、猿打ち入力しかできないのです。これだけは以前のガラホから進化がありませんでした。

うーん。

ただし、使い心地は上々!

なかなか作りこまれているな、というのが正直な感想です。SHF31を触ったときに比べ、満足度は高いです。
ただ、通話はしたことないので、音質などはまだわかりません。

ショートカットキーは、これがあると純正のホームアプリのまま欲しい野良apkを起動できるので、これは嬉しいです。

やっぱり、スマホよりガラホのほうが、使い勝手いいかもしれませんね。

次の投稿では、いよいよ、野良apkを入れてみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で