【iPhone 11シリーズ発表】スマホの機種代金と維持費をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ, au, Softbank, 楽天, Y!mobile, UQmobileに対応)

画面折りたたみスマホHUAWEI Mate X発表!! [#MWC2019]

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

HUAWEIが2/24 22:00(日本時間)よりスペイン・バルセロナにてMWC2019のプレスカンファレンスを開催しました。
画面折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」を発表しました。

HUAWEIの画面折りたたみスマホは、Galaxyとは異なり画面を外側に向けたものになっています。

スポンサーリンク

画面折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」発表!

サムスンのGalaxy Foldに続いて、HUAWEIが折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」を発表しました。

Galaxy Foldは画面が内側に来るように折り畳まれていたので、向きが逆になりますね。

Mate X発表されました。

完全に展開すると全面表示になります。


全面表示でも8インチ。でかいですね。


折りたたみ状態でも各社のスマホより大きいです。


展開時もGalaxy Foldより大きいです。


閉じたときもノーギャップ。
閉じても隙間がありません。
ヒンジは100以上の部品を使用しています。


他のタブレットよりも薄く、折りたたんだ状態でも11mmの厚さと非常に薄くなっています。


Officeや写真、SNSなど、かなり使いやすくなっています。


同じアプリを2画面出せますし、マルチタスクも可能。


セルフィーもちゃんとできます。

撮っている写真を、リアルタイムで被写体側にも映し出すことが可能。

側面には指紋センサーっぽいものが見えます。

専用のケースも発売されるとのことです。


Dual SIM対応。

片側は5Gに対応。もう片側は4Gです。


4500mAhのバッテリー対応。こんなに薄いのにすごいです。

さらに、充電速度も55W。iPhone Xs Maxの6倍早い、とのこと。


本当にGalaxy Foldが完全に霞むすごいスマートフォンに仕上がっています。


2299ユーロ、なので29万円ぐらい…
こだわりの結果ですね。
すごいから仕方ないでしょうが…

画面折りたたみスマホ「Mate X」のスペック

項目HUAWEI Mate X
OSAndroid 9.0
ディスプレイ折りたたみ時6.38インチ
展開時8インチ有機EL
厚さ折りたたみ時11mm
展開時5.4mm
CPUKirin 980
RAM8GB
ROM512GB
背面カメラ4カメラ
インカメラ2カメラ
バッテリー容量4500mAh

そのほかのHUAWEIのプロダクト

ノートPCはMatebook X Proの新型を発表しました。


スリムなボディ、ベゼルレスは占有率91%。
Wi-Fi速度は1733Mbsと従来の倍になります。
他にも、スマホとの連携強化(スマホとの写真シェアなど)もされています。

HUAWEI Mate X,すごいね…

発表会を見ての感想は…
王者の力を見せつけられた感じですね。
「売る」よりも「これだけのもの作れるんだよ?」っていうインパクトを与えられた、非常に刺激的な発表会だった気がします。
HUAWEIの技術力はすごい。
少なくともサムスンよりは格段に技術力あるインパクト半端ないです。

ただ、個人的には一応「Androidタブレット」なのが気になりますよね…
現状Androidタブレットは総じて使い物にならないレベルなので、これがフォルダブルスマホでどれだけ改善するか(しているのか)、という点では見ものだと思います。

SmartphoneHuawei
アバター

ペンガジェッター。ペン入力のスマホ・PCに関しては、右に出る者はいないとか。
陸マイラーで、1年間に貯めたマイルは25万マイルを超えるポイントヲタクでもあります。
また、音楽も大好きで、作曲も手がけております。
広島から、あなたの物欲を刺激する「コレはおススメ!」という情報をどんどん発信しています!

詳細なプロフィール・お問い合わせ・お仕事依頼はこちらから!

MATTUをフォローする
MATTUをフォローする
MATTU SQUARE

コメント

タイトルとURLをコピーしました