【iPhone 11シリーズ発表】スマホの機種代金と維持費をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ, au, Softbank, 楽天, Y!mobile, UQmobileに対応)
あなたのイベント・セミナー YouTube Liveで配信しませんか?

複数カメラを切り替えたり、テロップをつけたり…
ちょっと工夫を凝らした配信も可能です!
300回以上YouTube Live生放送を手掛けるMATTUが全力サポートします!!

詳しくはこちら

フルキーつきスマホUnihertz TitanはRAM6GB,Helio P60搭載で実用的…Kickstarterでクラファン受付中

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

BlackBerry Passportにフォルムの似たフルキーボード搭載のスマートフォン「Unihertz Titan」が7/30よりクラウドファンディング開始されています。

スペックなど仕様をまとめておきましょう。

申し込む方は下から。

スポンサーリンク

メモリは6GB,カメラは16MP…Unihertz Titanの仕様の一部が明らかに

Unihertz Titanのメモリやカメラの仕様など、一部明らかになってきています。

Unihertz Titanスペックまとめ

スペックをまとめてみると、今のところ以下のようになります。

項目Unihertz TitanBlackBerry PassportBlackBerry Key2
画面4.6インチ 1438×14304.5インチ 1440×14404.5インチ 1620×1080
大きさ153.6×92.5×16.65mm
303g
128×90.3×9.3mm
205g
151.4×71.8×8.5mm
160g
CPUHelio P60
Octa-core/2GHz
Snapdragon 801
Quad-Core/2.2GHz
Snapdragon 660
Octa-core
メモリ6GB3GB6GB
ストレージ128GB32GB64GB/128GB
OSAndroid 9 PieBlackBerry 10 OSAndroid 8.1 Oreo
カメラ16MP AF+8MP FF13MP AF+2MP FF12MPデュアル+8MP
バッテリー6000mAh3450mAh3500mAh
ワイヤレス充電対応××
キーボードQWERTY
タッチ対応
QWERTY
タッチ対応
QWERTY
タッチ対応
防水防塵IP67××
認証顔認証・指紋認証×指紋認証
SIMnano SIM?x2(DSDS)
VoLTE対応可否不明
nano SIMx1nano SIMx2(DSDS)

価格が定価で359ドル程度、4万円台で発売されますが、その価格と比べてもメモリ6GB載せてくれるのはうれしいです。
CPUは,詳細な型番などはまだ発表になっていません。

CPUはOcta-core 2.0GHz.Helio P60っぽい

HUAWEI P30 Liteは4万円前後で6GBの海外モデルがあるはずなので、HUAWEI P30 Liteと同等ぐらいのスペックと思っておくといいのかもしれません。
HUAWEI P30 LiteのCPUはKirin 710。
大体Snapdragon 660やHelio P60と同等程度。

Unihertz AtomにはHelio P23を搭載していたことから、Unihertz TitanでもHelio P23を維持するか、Helio P60程度にスペックアップさせるか…ぐらいなのかもしれませんね。

ちなみに、Helio P23はOcta-core 2.3GHz, Helio P60はOcta-core 2.0GHzとなっています。
私はHelio P60が搭載されるのかも、という希望的観測をしています…

追記)ZDNetにUnihertz Titanの1st Impressionのレビューが掲載されており、そこに「Helio P60」と記載があることから、おそらくHelio P60であると考えられます。

Unihertz Titan first impressions: Big, rugged, long-lasting, QWERTY Android phone | ZDNet
Some BlackBerry Passport fans wanted to see an Android version of the Passport and Unihertz is working to bring one variation on this desire. The Titan is a beh...

キーボードは「タッチキーボード対応」BlackBerry Passport同様のUI


キーボードは「タッチキーボード対応」ということになっています。
右から左にジェスチャーすることで「戻る」動作も可能の模様。

BlackBerry Passportでは、「Touch-Enabled Keyboard」という機能でキーボード自体にセンサーが搭載されています。
これでスクロールや文字の予測変換(英語のみ)できたのですが、同じような機能をUnihertz Titanでも搭載されているということなのでしょうか。

7/24 21時ごろの公式Facebookの投稿で、実際にキーボードで入力している動画が公開されています。

UIはほとんどBlackBerry Passportそのままな感じ。
変換候補が3つ並んでいますが、左・中央・右のうち確定したい単語のキーボードを下から上にスワイプすれば、確定されるという形になるといいなと…
(動画上では普通にSpaceキーで緑色の文字の候補が確定されています)

日本語でも同様な操作が可能なのかはわかりませんが…
(BlackBerry Passportは日本語入力の場合、Spaceで緑字の候補確定。
他の白字候補を確定する場合は、画面上の変換候補をタップする必要があります)

投稿された動画はこちらから

BlackBerry Passportの変換の様子は、以下の記事に記載しています。

Blackberry passportを一週間使ってみて(1)文字入力の面白さ
こんにちは。前回の投稿(購入とファーストインプレッション)から一週間、Blackberry passportをいろいろいじってみました。文字入力はしやすい!!!まず、やはり文字入力のしやすさはやはりBlackberryならではだな...

動画で見たい、という方は、以下の動画をご覧いただければと思います。

日本語の入力は↓

SIMはDSDS仕様、microSDと共用。ドコモ・ソフトバンクも対応


DSDS仕様で、SIM2とmicroSDが共用になっております。
nanoSIMでしょうか。


キャリアはドコモ・ソフトバンクに対応しています。
周波数帯的にはauも対応しているはず(LTE Band 18/26に対応)

ただし、3キャリアともVoLTEまで対応しているかはわかりません。
Unihertz Atomでは対応していたので、対応してくれる気はするのですが…

WALKIE TALKIEキーも搭載。トランシーバーやカメラなど割り当て可能

Unihertz Atomでも「PTT」ボタンが搭載されていましたが、Titanでも同じようなボタンが搭載されます。

昨年の「Unihertz Atom」プロジェクトに参加した人は、電圧も測定可能なUSB Type-Cケーブルプレゼント

昨年のUnihertz Atomのプロジェクトに参加した方には、特別ボーナスとしてUSB Type-Cケーブルがプレゼントされます。

電圧測定も可能なモデルのようですね。

条件は、昨年Unihertz Atomに参加したアカウントと同一のもので、Unihertz Titanに参加すること。

記載されたFacebookページはこちらから

10ドル/15ドルで割引価格購入を保証できるキャンペーンに参加した人は、「21時打ち」する必要なし

Unihertz Titanのプロジェクト公開から数日間、
・あらかじめ$10支払いでSuper Early Bird価格を保証($199)
・あらかじめ$15支払いでEarly Bird価格を保証($219)
というキャンペーンが行われていました(現在締め切られています)

このキャンペーンに参加した方がKickStarterのUnihertz Titanプロジェクトに参加する場合、枠は確保されているので慌てて購入する必要はないとのこと。
ただし、KickStarterで出資する必要はあります。

Facebookページに公式アカウントが明らかにしました。

とりあえずは、
・参加されている方は慌てて買う必要はない
・予約手数料($10/$15)も後日返金されるらしい

また、申込者向けにPM8:00ごろメールが配信されています。
・Super Early Birdに挑戦できる方はしてもOK
・間に合わなくても、
 (1)「$10以上のプリッジ」を選択し、$199(or $219)+送料(日本向けは無料)の金額をプリッジ
(2)「Contact me」からKickstarter messageを通じて予約情報を送ってくれれば、デポジットを返金する

とのこと。

先行予約のデポジット返金方法(仮)

先行予約時に支払った$10/$15のデポジットを返金するには、Kickstarterのメッセージを利用します。
※指示方法があいまいなので、とりあえずMATTUが送った方法を提示しておきます。

まずはプロジェクトのページにアクセスし…

クリエイターの概要が表示されるので「お問い合わせ」をタップします。

問い合わせのフォームが表示されるので、ここに「返金してよ」と記載します。

記載例は以下の通り。

I took a reservation of $10($199)/$15($219).
Can I not refund the booking fee?

Order No: 「決済後のメールに記載されている注文番号」
mail: 「決済時のメールアドレス」
Name: 「決済時に入力した名前」
Confirmation No:「Kickstarterで決済したときにメールに記載されている認証番号」

Thank you.

これで送ってあげると(営業時間中であれば)数分で返信が返ってきます。

Helio P60だったら普段使いでも安心だけど…

正直RAMは4GBぐらいかと予想していたのですが、6GB搭載ということで驚いています。
定価と部品点数の多さを考えると、CPUをケチってしまうのかはかなり心配になりますが…
とりあえず、Helio P60っぽいので、実用には困らないのではないかと思います。

クラウドファンディングは、7/30(火)の8:00 EDTから(日本時間午後9時から)開始されています。
Super Early Bird($199)とEarly Bird($219)は即完売。
30分でクラウドファンディングの目標金額を達成しています。

現在は、$239と$259のプリッジが受け付けられています。
到着が楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました