2017/05/071 Shares

[ANA SFC修行]Xperia XZをベースとしたANA PhoneはSFC修行僧にとってアリか、ナシか?

こんにちは。MATTUです。
SFC修行僧にとって、「ANA Phone」の存在は非常に気になります。実際どうなんでしょうか。アリかナシか、判断してみたいと思います。

貯まる、といえば、Xperia XZベースのANA Phoneですが…

anaphone
先日、ソフトバンクをMVNOとした、Xperia XZをベースとしたスマートフォン、ANA Phoneが発表されました。
「マイルが貯まるスマートフォン」という話なんですが…

料金プランはやはり高い

ドコモのMVNOであればまだよかったのかもしれませんが、よりによってソフトバンクです。。。
確かに、ドコモのdポイントはJALマイル系、ソフトバンクのTポイントはANAマイル系。
そう考えると、ソフトバンクで出るのは自然かもしれません。

しかし、ソフトバンクと同等のプランのため、月額維持費がバリ高い。
anaphone_plan
毎月使うことで、月々マイルに記載のマイルが翌月もらえます。
搭乗ボーナスをもらうこともできるのですが、30GBのパケットにしないともらえません。さらに、搭乗してから3か月待たないともらえないのです。
anaphone_bonus2
上の搭乗ボーナスの図だと、2か月目途中での翌月プラン変更予約(30GB→2GB)を行っても2か月目は「2GBプラン適応」として扱われてしまっていること(実際は3か月目から料金プラン変更適用なのですが)、4か月目初日まで囲って

利用開始3か月間でプラン変更した場合、最も低い料金プランの「搭乗ボーナスマイル権利」が取得されます

とあるので、5回の搭乗ボーナスを貰いたければ実質4か月目まで30GBで縛られるような気がします(未確認ですが…)
なので、12月に契約して、1月・2月にSFC修行をガッっとやったとして4か月(3月末まで)は契約しなければなりません。

シミュレーションしてみます

搭乗ボーナスマイルが5回もらえるのはスマ放題・スマ放題ライトの30GBだけです。
通常マイルでの差としては、スマ放題とスマ放題ライトの価格差1000円で600-450=150マイルなので、スマ放題を選んだほうがいいかもしれません。

スマ放題30GBで契約をし、4か月目の末日(搭乗ボーナスマイルが積算された直後)に解約するとします(ソフトバンクのブラックリストに乗る可能性はありますが、とりあえず放っておきます)
それで貯まるマイルは、

マイル:600M×4+4000M×5=22400マイル

それに対し、かかるお金は、MNPの場合、

MNP:11000×4-3430×2(月月割2か月分)+93120(機種代)+15000(事務手数料合計)=145,260円
新規:11000×4-2400×2(月月割2か月分)+93120(機種代)+13000(事務手数料合計)=145,320円
※月月割は購入2か月目から解約前月までの適用。

すみません、事務手数料は概算書いたので、多少前後すると思います。

ううん。Xperia XZが手に入るとはいえ、高い気がしますが、SFC修行僧にとって見たら、一瞬でボーナスマイルが貯まるので、通常使いではなく一時的に持つという意味では結構ありかも?
また、短期利用であれば、新規もMNPもそんなに変わりませんね。新規のほうが月月割適用額が少ないですが、MNP転出手数料がかからないためです。
※MNPの場合、転入時に回線が転入元で2年契約の満期でない場合、さらに10000円程度の解約手数料が発生します。

普通に使用しながら2年間かけて搭乗ボーナスマイルを貯める、となると、割に合わない気もします。

デメリット
・ソフトバンクパートナーズとしての契約なので、家族割系のサービスがない
・最初4か月は実質的に30GBプランに縛られる

 
スポンサーリンク

SIMロック解除を狙うなら

ANA PhoneがSIMロック端末かどうかはわかりませんが、たぶんSIMロックはついているんじゃないかと思います。

ANA PhoneをSIMロック解除する前提で180日使う場合は、さらにあと2か月かかります。
4か月目でスマ放題2GBに変更したとして(5か月目から適用)

600M×4+300M×1+4000M×5=22000マイル

MNP:11000×4+6500×2-3430×4(月月割4か月分)+93120(機種代)+15000(事務手数料合計)=144,900円
新規:11000×4+6500×2-2400×4(月月割4か月分)+93120(機種代)+13000(事務手数料合計)=153,520円
※月月割は購入2か月目から解約前月までの適用です。

契約開始日が月半ばの場合、180日を迎えるために、さらに1か月分増えるかもしれないです…(それでも、6500-3430=3070円分ですが…)

Softbankユーザーにとって見たら、機種変更の選択肢がないが…

一応、ソフトバンクパートナーズとして、発売されるので、ソフトバンクとは別の扱いになるみたいです。ソフトバンクからの流入も、MNPとして扱われるようです(メールアドレスも引き継がれ、@softbank.ne.jpが使えるようです)。

SFC修行僧にとってみれば、意外とイケる案件かもしれません

ソフトバンクのメインユーザーとしてみれば、ブラックリストに乗る可能性があるのでちょっと危険が伴うかもしれませんが、そうでなければ、まとめて乗る可能性の極めて高いSFC修行僧にとっては、結構いい案件だと思います。
それ以外のユーザーの方、乗るタイミングが分散し長期間契約を持続しなければいけない方や、メイン回線で使用する家族持ちの人だと、ちょっと高いので普段持ちには適さないと思います。
ほかの陸マイラー活動で貯めたほうがいいと思います。

ANA Phoneをお勧めするユーザー
・比較的短期間で5回ANA便を搭乗する(SFC修行僧含め)、サブ回線が欲しいユーザー
・家族割など家族との回線割を組んでおらず、電話回線1回線しか持っていない、現在もこれぐらいの維持費を支払っているユーザー

気になる方は、ANA Phoneのページを見に行ってみてください。

どうしようかなぁ…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で