8 Shares

NTTドコモ、9月1日よりシェアパックの回線ごとの利用データ量上限を設定可能に。

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

NTTドコモは8月25日、2017年9月1日より、シェアパックの回線ごとに、利用データ量の上限を設定可能にすると発表されました。

 
スポンサーリンク

シェアパックが回線ごとに上限設定可能に

シェアパックは、NTTドコモのみが設定しているサービスです。
代表回線がまとめて定量GBごとに契約し、子回線はそのデータ量を分け合う形で使用可能です(データシェアにはオプション料500円が必要です)

今までは、回線ごとに上限を設定できませんでした。
例えば子どもがデータ量を使いすぎることによって家族全体のデータ量が制限される、なんてことがありました。

9月1日より、回線ごとに上限を設定することで、ある回線が予期せず使いすぎても、他の回線への影響が出ないようになります。

また、利用可能なデータ量を回線ごとに上限設定できますし、従来通り上限を設定しない回線を持つこともできます。

これ、非常に有用です。
「あ、いつの間にかバックグラウンドで通信しまくってて、まだ月半ばで残り1GBしかない!」
っていうことが、私は結構ありました。
あらかじめ、使用する各回線にそれぞれ上限を設定することで、そういったことが防げるのは非常に有用だなと思います。

分割請求が柔軟に

これまでは、分割請求オプションを利用すると、シェアグループの全メンバーでパック料金を均等割りする形になっていました。

9月1日以降は、分割請求の対象となるパケットパックを柔軟に設定できるようになります。

使用容量ごとに比率を替えられる、とかなるともっと面白いですが…w

ある回線は使いすぎたけど、トータルではまだ余ってるから1GBだけ分けてあげよう、とかはできるのか?

回線ごとに上限設定が出来るのはすごくいいことなんですが、その配分を当月だけ上限をずらす、みたいなことはできるんでしょうか…

回線ごとの容量制限は即時反映なのか、翌月から反映なのか…

ちょっと気になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で