6 Shares

JR東海、「スマートEX」の詳細を発表。なんとEX早特利用可能。通常料金は所定運賃より200円程度安い程度

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

JR東海が、「スマートEX」の詳細を発表しました。
サービス開始は2017年9月30日からです。

概要発表の際は所定運賃と同等、と発表されていましたが、200円程度安いようです。
また、普通の切符では適用されている「特定都区市内制度」は、エクスプレス予約と同様適用されません。

 
スポンサーリンク

「スマートEX」とは

スマートEXとは、手持ちのSuicaなどの交通系ICカードで、東海道・山陽新幹線が乗車できるサービスです。

エクスプレス予約は年会費1080円かかるのに対して、スマートEXは年会費無料。
その分、発売額は駅窓口とほぼ同じ価格になります。

価格は次の章でシミュレーションしてますが、200円程度安いぐらい。

「特定都区市内制度」は適用されません。
横浜市内→大阪市内、みたいな購入のしかたはできませんので、乗車駅から新横浜、新大阪→降車駅までの在来線区間の運賃は、別途必要になります。

EX早特も発売されます

なんと、エクスプレス予約と同様、早特商品も発売されます
しかも、値段もエクスプレス予約での早特発売額と同じ
「早特」は3日前までに購入することで、割引が受けられるサービスです。
ラインナップは下の表をご参考に。

ジャンル プラン 人数 予約
期限
内容
基本乗車プラン スマートEXサービス 1~6 当日 乗車券+特急券
スマートEXサービス(往復割引) 1~6 当日 乗車券+特急券
601km以上(目安:東京~岡山以西)
e特急券 1~6 当日 特急券(乗車券は別途必要)
早特プラン EX早特 1~6 3日前 乗車券+特急券
遠距離「のぞみ」
EX早特21 1~6 21日前 乗車券+特急券
早朝・日中「のぞみ」
EXグリーン早特 1~6 3日前 乗車券+特急券
東京~新神戸間
早朝「のぞみ」・日中「ひかり」
EXこだまグリーン早特 1~6 3日前 乗車券+特急券
「こだま」グリーン車(東京~新大阪)
EXのぞみファミリー早特 2~6 3日前 乗車券+特急券
土日「のぞみ」(東京~新神戸)
EXこだまファミリー早特 2~6 3日前 乗車券+特急券
「こだま」(東京~新大阪)

東京~広島間でシミュレーションしてみます

東京~広島間でシミュレーションしてみます。

プラン 金額 往復額
所定運賃・料金 19,080 35,820
スマートEX 18,880 35,420
EX予約(プラスEX含む) 17,660 35,320
EX予約(往復割引) (17,620) 35,240
EX早特(平日) 15,900 31,800
EX早特(土休日) 15,500 31,000
EX早特21 14,000 28,000

スマートEXとEX予約は、1220円の差があります。
という意味では、年に一回でも、新幹線に乗る人はエクスプレス予約(プラスEX含む)のほうがお得。
ただし、スマートEX(往復割引)というのも作られましたので、それを使うと、EX予約とそこまで変わらなくなります。
ただ、早特を駆使しまくるのであれば、年会費の分だけスマートEXがお得です。

※スマートEXの早特商品は設定除外日があります。
繁忙時期(年末年始、GW、お盆)に使う場合はエクスプレス予約(プラスEX)のほうがお得です。

早特が使えるなら、「プラスEX」もいらない!?

乗車日当日に時間が余ったり足りなくなったりして変更する場合は、直前で変更してもお得なエクスプレス予約やプラスEXを使用するほうがお得になります。
ただ、EX早特が使用できますので、わざわざプラスEXに申し込まなくてもよかったのでは、、、と思っちゃったりしてしまいました。

サービス開始は2017年9月30日からです。

※プラスEXは9月2日より、山陽新幹線区間まで拡大し、東京~博多間で使用可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で