【2017-18年ドコモ冬春モデル】Galaxy note8 SC-01K発表!発売日、価格まとめ!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

8/23にグローバル版の発表がニューヨークであったGalaxy Note8。
日本では、大本命のドコモSC-01K、auのSCV37とも、10月26日より発売されています!
このページでは、日本国内版の価格と発売日をまとめています。

ドコモ版SC-01Kと、au版SCV37の価格は?

モデルNTTドコモ版
SC-01K
au版
SCV37
CPUSnapdragon 835Snapdragon 835
RAM6GB6GB
ROM64GB64GB
同梱品・AKG高音質イヤホン
・クリアケース
・OTG対応USB変換アダプタ
・Micro USBケーブル
Sペン・説明書
TVアンテナケーブル04、
Sペン(ペン先交換キット含む)、
AKG高音質イヤホン
SIM取り出し用ピン
Micro USBケーブル
OTG対応USB変換アダプタ
クリアケース、説明書
発表日2017/10/182017/10/11
発売日2017/10/262017/10/26
端末購入価格126,360円118,800円
月々の割引月々サポート
MNP:4,158円×24回
(99,792円)
新規・機種変更:2,079円×24回
(49,896円)
毎月割※1
2,475円×24回
(59,400円)
実質額MNP:26,588円
新規・機種変更:76,464円
58,600円※1
キャンペーン・抽選で888名に
Gear360プレゼント
・抽選で300名に
Gear360プレゼント
・3000円CB
docomo Online Shopauオンラインショップ

※1 auピタットプラン・auフラットプランに加入の場合は、毎月割の対象外になります。
  auスマートパス加入時の毎月割の割引額に基づくものです。

国内版を買うか、海外版を買うか?

国内版を買うか、海外版を買うか、ですが…

国内版は、おサイフケータイが使えることや、電話はVoLTEが使えることがメリットです。
また、ドコモ版はもちろんFOMAプラスエリアにも対応しています。
月々サポートや毎月割で割引されるので、その点でもお得です。

海外版は、国内版ローカライズはされていませんが、2枚SIMを挿して使えます(DSDS)。
SM-N950DSやSM-N9500など、日本で容易に入手できるモデルは、ドコモのLTEプラスエリアに対応しています。
※FOMAプラスエリア(3G)には対応していないので、山間部で電話などは通じないことがあります。
私は海外版を利用していますが、特に不都合は感じていません。
満足しています。

海外版の価格は下のページに載せています。

auオンラインショップへはこちらから。

レビュー順次公開しています。







auオンラインショップへはこちらから。

コメント