0 Shares

#Xperia proが届いた!

ついに、Xperia proが届きました!
発表されたのが今年の2月14日未明なので、約半年待ったことになります!
さてさて、ファーストインプレッションしていきます。

外の箱はこんな感じ。

赤ですよ!赤!いい感じ。
裏側はこんな感じです。

内容物は説明書類とカナル型イヤホン、microUSBケーブル、ACアダプタ、電池、本体です。

microSDはclass2,8GBのものが端末に最初から差し込まれていました。

●大きさ比較
まずはXperia SO-01Bとの比較です。

表面の大きさは少しだけ小さいですが、操作はしやすく、そんなに気にするほどのものではないです。

厚さはqwertyキーがある分proの方が厚いですが、そんなに変わらないです。

つぎは、qwertyキー付きの代表、初代XperiaことXperia X1との比較ですw

自分はX10 mini proやmini proを持っていないので、ソニエリ機同士の比較とすればX1との比較ですね。
X1とはコンセプトもOSも大きく異なる端末なので、キーの数などかなり違います。X1の方が一回り小さいというところでしょうか。

厚さは…X1厚いなぁ!
proは厚さがそれほどでもないので、結構持ちやすいですね。
ちなみに、X1よりもアドエス(WILLCOM Advanced/W-ZERO3[es])の方がちょこっと厚いぐらいです。アドエスユーザーの方にもお分かりいただけると思います。

●外観
各側面の写真などはほかのところでもレビューが出てるので割愛しますが、背面に関してちょこっとだけ。

フラットではなく、すこーし反ってarcっぽくなってます。
2月の発表のとき端末写真を見て、ちょっと反ってるかなーでも気のせいかなーとあいまいに思っていたので、反ってて意外と持ちやすいです。
arcは持ちにくいと思ったので、やはりある程度厚みがあったほうが持ちやすいのかもしれません。
qwertyキーを出したらこんな感じです。

個人的にはX1のキー配置よりproの方が好きかな。

ちょこっといじった感じ、かなりいい感じです。QWERTYキーは使いやすい。
POBox Touch+ハードキーボードは,Ustream内でもご紹介しましたが、暇があれば別途記事に書いてみようと思います。

●FOMA プラスエリア対応について…
某掲示板に、手順が書いてあったので、試してみましたが…

1. 電話で*#*#4636#*#*
2. 携帯電話情報
3. 一時的に機内モードにする
4. メニューキーを押す
5. 無線バンドを選択
6. 機内モードオフ
7. JAPAN Band

できませんでした…

2.3化したSO-01Bではちゃんと”JAPAN BAND”と出てくるのですが、pro(MK16a)では”USA BAND”のみしか出てきません。
なので、とりあえず、これから買う人はFOMAプラスエリアは非対応と考えておいた方がいいと思います。
もしかすると、800MHz帯でも使えるかもしれないけど…家の周りにプラスエリアなところがないので何とも言えません…

というわけで!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で