JR横浜駅中央通路と西口地下街(ジョイナス)の地下連絡通路が2018/3/6に開通!「馬の背」がついに解消!

Travel

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

JR横浜駅の中央連絡通路と、横浜駅西口地下街(ジョイナス、旧ダイヤモンド)の地下連絡通路が、ついに2018/3/6に開通します。
今まで地下連絡がなく、JR・京急横浜駅から西口バスターミナルやヨドバシカメラにアクセスするのにB1→地上→B1と「馬の背」を通る必要がありました。
それが、ついに地下同士で結ばれる事となります。

横浜駅西口に、仮地下連絡通路が開通!2018年3月6日から

横浜駅西口に、仮地下連絡通路が開通します。
横浜駅西口の工事エリア周辺に、お知らせのポスターが貼られています。

3/6から、仮地下連絡通路が開通

3/6から、仮地下連絡通路が開通します。
通行時間帯が5:30~23:00と制限されますが、地下街側(ジョイナス)も同様の通行時間だったりするので、問題ないかと。

こちらは、2/23現在のJR横浜駅側からみた仮地下連絡通路。

シャッターが閉められています。連絡通路の中はうかがえない様子。

ちなみに、JR横浜駅側と地下街側で少しギャップがあるようで、数段程度、階段ができます。
車いすなど、階段を通行できない方は、従来通りエレベーターなどを使い一度1階を経由する必要があります。

従来のジョイナス地下街から1階に上がる階段が、ついに閉鎖

2016年より、ジョイナス(旧ダイヤモンド地下街)は、中央通路から南側にメインの入り口を移設しています。

その後も、JR横浜駅側の階段・エスカレーターは引き続き存続させていました。
が、ついに閉鎖されます。

(STAGEAと走れ!より引用)
長年、馬の背の一端を担ってきたメインストリートの一端が、ついになくなるというのは、ちょっと感慨深いものがありますね。

横浜駅西口の地下通路は、これからどうなるの?

JR東日本が2013年に発表した、横浜駅西口の駅ビル計画の中に、このような図があります。

1階の入り口は残し、アトリウムとして、1階から4階までは吹き抜けにして残しつつ、中央通路への階段にはガラス張りで列車が見えるようにしています。

これと今回の工事計画を照らし合わせてみると…

こんな感じになるんじゃないかなぁ…と。。。(あくまで個人の予想ですw)

駅ビルの完成が楽しみですね!

長年親しんできた横浜駅がガラッと変わる日が、すぐそこまで来ていますね。
2020年の完成が楽しみ。
そのころには、また横濱に住んでいたりするのかなぁ~(笑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント