シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型デジタル吹奏楽器Aerophone AE-10は、EWI5000を超えられるか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。MATTUです。
この前楽器店に行って気づいたのですが、Rolandが新しい電子笛である、Aerophone AE-10を出すそうです。

Roland AE-10 Aerophone ウィンドシンセサイザー
実際に実家の近くの島村楽器で吹いてみました。

img_01791本日10/8(土)発売ですね。
島村楽器の店員のお姉さんは、「予約は結構入っています」とのこと。

スポンサーリンク

見た目は…ちょっとダサい?

正直言うと、見た目は正直にスマートだとは言えないなぁ、と思ってしまいます。というのも、私が吹いているEWI5000と比べると…

DSC_0168[1]img_01791
(左の写真は、以前書いたEWI購入レビューより)

EWIのほうがスマートですよね?
Aerophoneのほうがキーが多い分、真ん中に膨らみがあって見てくれはよくないです。

吹き口はリード!キー配置もサックスに近く、サックス奏者は入りやすい?

吹き口はリードですが、吹くだけで音が出るのはEWIと同じです。
どちらかというとヤマハのWXシリーズに近いでしょうか。


(YAMAHAのWX5シリーズ)

キーもEWIはタッチセンサー式ですが、Aerophoneはボタン式(押し込み式)になっています。非常に速い指回しを得意とする人には不利かもしれませんが、そうでなければまったく問題なし。
むしろ、”押している感触”があるので安心感があります。

オクターブセンサーの操りはEWI奏者には難しい?

design_reverse
裏の写真を撮り忘れたので、Roland公式ページからお借りします。
EWIは裏面のオクターブキーがローラーなので、指を軽く滑らすだけでオクターブ上下できます。
img_02051

Aerophoneも指を滑らすことでオクターブ上下できるのですが、ローラーではない分慣れるまでは苦労するかも。

スポンサーリンク

最大の利点は、スピーカー内蔵!充電して外にもっていけばどこでも吹ける!!

Aerophoneはスピーカー内蔵なので、わざわざスピーカーを持っていく必要がありません。
これが最大の利点かなと思います。
人前でふく機会の多い人にお勧めです。

まとめ:Aerophone AE-10は、SAX奏者やWX5からの移行に最適かも

この楽器はかなりサックスを意識した楽器だと思います。なかなか家でサックスを大きな音で練習できない人にも最適かと。
また、スピーカーもついているので、ちょっとした合奏にも最適。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

by カエレバ

逆にEWI5000が気になったアナタ!こちらにファーストインプレッションを書いた記事をリンクしておきます
私も、そろそろ演奏動画を上げていこうかなぁ。

by カエレバ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする