Panasonicのロボット掃除機RULO MC-RS300がやってきた!開封レビュー!

家電・Accessory
dav

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

昨年のルンバモニター以来、ロボット掃除機の使用感に惚れてしまい、いつどれを買うかずっとうかがっていました。

ついに購入しましたので、なぜRULOにしたか?満足度は?の2点でレビューしていこうと思います。

ルンバではなく、RULOにしたワケ

ロボット掃除機といえば、アイロボットのルンバ。
我が家でも、ルンバ960というほぼ最高峰のシリーズをモニターで使わせていただきました。

iRobot ルンバ960を3カ月使ってきて気に入った4つのメリット【 #アイロボットモニター 】
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。アイロボットモニターに参加し、iRobot ルンバ960を3カ月利用してきました。今回は、使ってみて感じた、利点・欠点をまとめてみたいと思います。ちなみに、率直に言って、妻が「冬の...

非常に満足していました。
実際、ルンバがいなくなった我が家は、

MATTU
MATTU

掃除が大変…
早く新しいルンバ欲しい…

という気持ちでいっぱいでした。
しかし、1年弱買うに至らなかったのは、ルンバの900番台(最高峰シリーズ)に新しいモデルがなかなか出てくれなかったこと。
(やっぱり、新し物好きなので、新モデルを待ちわびてました)

たしかに、ルンバ960はあらゆる意味で完璧。

それを思いながら、ほかの製品もチェックすると…
ひときわ目につく三角形。気になって仕方がありません。


理にかなった三角形のフォルム、そして評判の良さと、価格が手ごろになってきたこともあり、購入することにしました。

Panasonic RULO MC-RS300開封の儀!

最高峰のRS800はスマホアプリ連携ができるものの、RS800よりRS300のほうが評判が良いので、RS300にしました。

外箱


いつものPanasonicの箱ですね!ワクワクが止まりません。

中を開けると、こんな感じ。
ルンバ960を借りていたので、それに比べるとちょっとコンパクトな感じもします。

内容物一覧


中身は本体。ホームベースと、説明書類、リモコンです。
最高峰のRS800はスマホアプリとの連携になりますが、RS300はリモコンになっています。

結構リモコン操作が理に適っているような気もします。

ファーストインプレッション―ルンバ960と比較して

昨年お借りしたルンバ960と比較して、購入後1週間走らせた感想をお伝えしたいと思います。

音は静か、小回りもきく

RULO RS300本体自体も一回り小さい感じがしますが、音も静かです。
夜走らせても近所迷惑にはならなさそう。
三角形ながら、ちゃんと小回りもきいて、走行中に物を検知したら自転もしてくれます。

段差にも強い

RULO RS300は段差にも強い印象を受けます。
カーペットの段差もらくらく乗り越え、ケーブルの絡まりもうまく避けてくれます。
段差検知センサーがついていて、数cm以上の段差は乗り越え・落ちないようにもなっています。

ハウスダスト検知センサーで、狙ったごみにズームイン!

うれしいのが、RULO RS300にはハウスダスト検知センサーがついていて、ハウスダスト(ダニなどの死骸)を吸い取ってくれます。
なかなか肉眼で見ることの難しいハウスダストを、いとも簡単に回収してくれるのは、パナソニックならでは。

リモコンで半自動走行も可能

面白いと思ったのは、RULO RS300のリモコンの十字キー(前・右回り・左回り)で走行も可能なところ。
ピンポイントで集中して吸い取ってほしいところには、リモコンで誘導して吸い取ってくれるのも面白いところです。

かなり満足!RULOの掃除力!

RULO RS300は、ルンバにはない魅力があるように感じました。
日本の家にあっている小さなボディーで静かな音。
小回りもきくし、段差にも強く、ハウスダストもうまく検知してくれます。

リモコンで起動・終了や、スケジュール起動の設定もできます。
老若男女に使いやすさを追求している感じが、いいですね。
RULO RS300は非常に使い勝手よく、便利です!

コメント