ネスカフェアンバサダーの新サービス「スマイルオンデマンド便」をレビュー。従来の定期便との違い、どちらのほうが使いやすい?

家電・Accessory

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

皆さん、コーヒーをどれぐらい飲みますか?
私は結構飲むのですが、ネスカフェアンバサダーになっています。
ネスカフェアンバサダー自体、一応定期購入型のサービスではあるのですが、かなり柔軟に購入頻度を調整でき便利なんです。

今回、ネスレが、ネスカフェアンバサダーの新サービス「スマイルオンデマンド便」をスタートさせました。
私はすでにネスカフェアンバサダーだったため、一足先に「スマイルオンデマンド便」に切り替えて利用しています。

使用感はどんな感じか、注意点など解説していきます。

スポンサーリンク

ネスカフェアンバサダー「スマイルオンデマンド便」の流れとサービスの全貌

ネスカフェアンバサダーの新サービス「スマイルオンデマンド便」のサービスをご紹介します。

簡単に一言でいえば

簡単に一言でいえば、

・ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタDuo+ (コーヒー・カフェオレ・カプチーノ)
・ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ(カプセル型のコーヒーサーバー)
・アクアクララ(ウォーターサーバー)
・お菓子

がセットになったプランです。
定期購入ではなく、在庫にしたがって管理者が好きな時期に購入できる方式をとっています。

ちなみに、スマイルオンデマンド便に移行すると先着で、20,000円分のお菓子が1円で購入できるキャンペーンが実施されています。

これだけもらっても1円!!

たまに変態的なキャンペーンをしちゃうネスレが、私は大好きです!

目玉はタブレット搭載の「バリスタDuo+」が使えること!!まるでお店!!

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタDuo+

なんといっても、一番の目玉は「ネスカフェゴールドブレンド バリスタDuo+」が使えることでしょう。

バリスタDuo+はタブレット搭載で、この中にSuicaなどの交通系ICカードの決済機能も含まれています。
サーバーの隣に貯金箱をおいて現金決済も可能ですし、Suicaを使ったICカード決済もできるようになっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dYaydPRv7l0xtYoZlkChfphpaCbKkt3RaWiFZIiE8qKYgFTY8E2a84ahnk0GmH-HLfZRztz1aQT6djpCa3HiYFHX9YpCbGI1Y0I5uCdODtMDU6l7qZkmtWbtaI9V86KTrAcAZxWuIfxo_yy_-XvEMR_aTXa_DBv-XGp5QLyUOvhvQNj8sEfOfkGkHEFlW3zyB2mvN_G8CUwUHtWWV3h5futGtUcvzbDJw53QCLQMZvsPcLXpVPrqOHXpOOmLG1f5QfDy0p8GpPlFkGtiAizNGWnozsTmUPgFHl10U240q7Cf0vk53QeWsBurON4EvdxAGrxaHfOwh3ptXi_q4B3OW-9q6XJbysoxM4CzBHwrpQVFcW8YpnptRvSNrVynvdrtu0VPQ-QQ-GCf7_DLi1bdUyAEzE0fKB5jH2gFVXm_uL3lWfj6eAN9EqEhL_HFMQJOsrTUfeXOZlt9d52hRXiMLBnm3jQmGxY3DqF5YASePUd5sI5hNG0LZhglCmeOmMqvFNvYhjgt6Q-tHoWf3k5sjLQr8iQow19GstydfOcA3zjMJvucNkDQbBYjDOgcxlKV86Sm1_V2QAQZhmDe3PYQtNTQkz8IPa2oGqujIPIYoLeB0UjprrDHKfYPX5un_6nXLhtK_oF0mvwP8PCojP84_iyYCz8wXvvLX39wJfDpawdg6PMpgYcdl6tMf8yaEw=w654-h872-no
コーヒー選択画面
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dcJD11ZCCgWPdvKeuUkTpEb0i8-eKPeX1iA7Curto8bb5Hkx7BpMsT_Qshvi9C2oYveC34gIbYzr09gZqsShvJToLybZ6YZersT9igQQtD1kQ3KnETyawe6b8TiR8L0URWJhMTO2NLm2QseRD4WRgEHdt_aOxF0s-woxkKhjt_9qhDKBfkynB7xnOxBWHuPYuclEt3Umhbl8_csqZxgVdJrYVdGKal8gZNRpNUPnTaEBKMjmb_9N_60CVXUexGd0rgsqfuRkzv3lNyEMlyCBVRLpRXf8g4IQimBoPNXFnUo5-HSepL46HTSTUvWxd7IWecVjdx29LhjEgMhP594zAE3eMvR5raT7b1CsKR-pYXzcrz3ybJFeMyrUenWs5gDDS2Jp45aNNNh4JFgxReYDZYdtzkfV3XQa_DR32wU7PbcBeFfXvG1efSCxxJJx3v-fsrY6xRqH1-gqOMyPOc_VZFVbNQq2UYGsYW6Q8j6XrnoqwV-HQModx_OsPuyHN9k0LDhiMf-UWXn6oPzniEAxr3HM7ZSo38NKKB8wq7DiInp_sL-dCKAqdLDhaogYCMVc7ZlBsisALx4uYlCtkPUaLLvvTufA1sENIQmRH9QHpI-WiiHT-xEx495SV_MWExsIz07pS2yn8xjLha6dq7jFQrkibfc-8eA-_sFqujFfa9lDb-InTNTlPowm1tPxGg=w913-h685-no
支払い画面

支払はコーヒーだけでなく、スマイルオンデマンド便にラインナップされているお菓子、アクアクララのお水、ドルチェグストのカプセルも、「そのほかの商品の購入」のボタンから購入するようになっています。

バリスタDuo+最大のメリットは、ブライトタンク搭載。数タッチでカフェラテ・カプチーノが飲める!

今までのバリスタシリーズでカフェラテ・カプチーノを飲む場合、あらかじめコップの中にブライトを入れておく作業が必要でした。

バリスタDuo+に搭載されている2つのタンク

バリスタDuo+には、コーヒーとブライトの2つのタンクが搭載されています。

バリスタDuoとこのバリスタDuo+にはブライトタンクが搭載されています。
専用のブライトをセットしておくことでボタン操作のみでカフェラテやカプチーノが飲めるのです。

ブライトタンクに専用ブライトを注入

ブライトタンクには、必ず専用のブライトを入れます。
通常のブライトは粉の大きさが異なり、故障の原因になります。

コーヒータンクは今まで同様

コーヒータンクのほうは、今まで同様にエコ&システムパックを逆さにして入れます。
入れるときは結構気持ちいいです。

ちなみに、バリスタアイで利用していたときは、スーパーでも比較的安価で発売している瓶のゴールドブレンドで何回か入れたこともありましたが、故障などは起きていません。
一応自己責任でお願いしたいですが、価格を抑えて使いたい方はご参考に……。

カフェラテを抽出

先ほどのタブレットのメニューでカフェラテを押せば抽出可能。
非常に味わいの深いコーヒーを楽しめます。

タンブラーに抽出するのにベストな注ぎ口の高さがいい!!

バリスタDuo+は注ぎ口の高さが結構高め。

トールサイズ(355ml)のスタバタンブラーでも注げる

トールサイズのスタバタンブラー(TOGOロゴタンブラー355ml)でも、普通にコーヒーを注ぐことができます。

これ、バリスタアイでは…

バリスタアイでは、下の水受けを取って強引に突っ込まないといけない

バリスタアイでは高さがないので、下の水受けを取って、強引に突っ込まないといけません。
おまけに、私は水タンクを2Lサイズに換装するタンクを使っているため、下の台も固定で使わないといけないのです。
タンブラーに直接注ぎたい方にとっては非常につらい…

トールサイズはもちろん
グランデサイズも水受けを外せばOK!しかも水は2Lタンク

上の図のように、グランデサイズのほうは若干強引なところはあるかもしれませんが、1段高い台の上に置けば大容量のタンブラーでも注げます。

バリスタDuoやバリスタDuo+の水タンクは2Lなので、水の交換の頻度は抑えつつもちゃんと大容量タンブラーにコーヒーを注ぐことができます。

これは、コーヒーを持ち歩く人にとっては救世主ですよ!

スマイルオンデマンド便の利用でかかるコスト

スマイルオンデマンド便、案外高い気がしています。

コーヒー1杯あたりの価格は「変更できるが、3種類から選択」

スマイルオンデマンド便利用時のバリスタDuo+でのコーヒー購入価格は、ネスレオンラインショップの在庫管理のページから変更できます。

ネスレ側が単価を3種類設定しており、大雑把に3つの中から選ぶ方式となっています。
管理者は商品別に価格を設定することはできません。

ブライトDuo+での「コーヒーの無償提供はできない」

ブライトDuo+の「お支払い方法」設定画面

ブライトDuo+に管理者でログインすると、「お支払い方法」の設定画面を表示させることができます。
2020年9月の開封時から3週間ほどは、この「お支払い方法」に「無償提供」という項目がありました。
これを有効にすると、他のバリスタシリーズと同様、手数料を支払う必要なくコーヒーの抽出が楽しめました。

しかし、2020年10月11日ごろにアップデート(改悪)が行われ、現在は「無償提供」という項目自体が非表示になっています。

ネスカフェアンバサダー スマイルオンデマンド便用の利用ガイドに「無料抽出」のガイドも書かれていたのに

スマイルオンデマンド便用の利用ガイドにも無償提供の方法が記載されていたので、ネスレ側も想定していた方法だと思っていましたが、執筆時現在は塞がれています。

お客さまセンターにも問い合わせましたが、「アップデートにより、現在は非表示にしている。再度機能を有効にする予定はない」と回答をもらいました。

文字通りの「無償抽出」をすることはできません。

一応、「お支払い方法」を「現金」にして支払えば、実際には支払わなくてもコーヒーの抽出は可能です。
支払い方法選択の画面など数タップ手順が増えるのと、後述の手数料10%分(上限月1500円)は支払う必要があります。

スマイルオンデマンド便の手数料

スマイルオンデマンド便の利用料としては、以下のとおり。

キャッシュレス決済利用料:SuicaなどIC決済した場合のみ10%

バリスタDuo+には、画面上にFeliCaポートが搭載されており、Suicaなどで支払うことができます。

Suicaなど交通系ICカードで支払う場合は、決済金額の10%が手数料として徴収されます。

ちなみに、一般的にSuicaの決済手数料は3.25%といわれているので、若干高めです。

スマイルシステム利用料:決済額の10%、上限1500円

スマイルシステム利用料は、バリスタDuo+で決済した金額の10%が徴収されます。
コーヒー以外の飲食物の決済も、現金での決済も、スマイルシステム利用料の対象となります。

現金での決済もスマイルシステム利用料の対象

利用料の10%となっているスマイルシステム利用料ですが、月額の上限は1,500円です。
なので、1,500円以上かかることはありません。

職場によっては、純粋に損をするところも

職場によって、この給湯器やコーヒー関連の運用は非常にまちまちです。
スマイルオンデマンド便に合った運用を従来からしている(飲むたびに支払っている)場所であれば、すぐに慣れて溶け込みやすいでしょう。
管理者の支払い集計の煩わしい手間がなくなるのは歓迎だと思います。

もともと会社が福利厚生でコーヒーを提供していたり、社員の月額負担を定額にしている(例えば月500円、みたいな)場合には、今までと集金フローは変えないのであれば、手数料の月1,500円分、負担額が増える形になります

月1,500円分といえば、「ネスカフェゴールドブレンド エコ&システムパック 120g」でいえば約2本分の仕入れになりますので、結構な負担です。

また、支払い方法を現金にすれば、実際には支払わなくても抽出できますが、画面の操作回数や時間も増え、もともとボタン1つ押すだけでよかったのに…と不満がたまることもあるかもしれません。

なお、スマイルオンデマンド便でバリスタDuo+を利用してコーヒーを抽出する場合、抽出時にネスカフェアカウントにログインしてネスカフェポイントを貯める、といったこともできません。

ネスカフェアンバサダーは、定期便とスマイルオンデマンド便、どちらがおすすめ?

ネスカフェアンバサダーは定期オトク便を3年ほど使ってきて、今回スマイルオンデマンド便に切り替えてみました。

この2つを利用してのメリット・デメリット・感想をまとめてみます。

定期オトク便は、最長1年後まで延長できた

通常版のネスカフェアンバサダー(定期オトク便)は、基本1ヶ月~3か月ごとの定期購入というスタイルになっています。

マイページがリニュアルしてしまったので現在はどうなっているかわからないのですが、定期オトク便は購入時期をだいたい1年後まで延ばすことができました

私は普通バリスタを中心に飲んでいますが、ゴールドブレンドのコーヒー豆は安く仕入れてきて、ネスプレッソのカプセルなどお店では手に入りにくいカプセルを注文していました。

1回4000円以上の注文で送料が無料になるのと、案外ネスレは別のセールで格安で商品を購入できることも多かったので、年1回ぐらいの購入で十分だったのもあります。

スマイルオンデマンド便を利用するより、タブレット非搭載の「バリスタDuo」を買って通常のネスカフェアンバサダー(定期オトク便)を続行したほうがよかった気がする

前の章でも述べた通り、スマイルオンデマンド便はICカード決済を使わない場合、最大で月1500円の手数料がかかります。

タブレットのついていない「バリスタDuo」であれば、執筆時現在9,800円程度で購入できます。
上限手数料の6か月分ぐらいなのであれば、これを購入して通常のネスカフェアンバサダー(定期オトク便)を継続しておいてもよかったかなぁと思います。

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ Duo[デュオ]先行購入予約受付中!

バリスタDuo」と「ブライトDuo+」の違いは、タブレット・決済端末の搭載・非搭載ぐらいです。

カフェオレやカプチーノの味は非常においしいことは体感しました。
また、コーヒー注ぎ口に高さがあるので、ある程度の高さのタンブラーでも直接注ぐことが可能です。
できれば使い続けたいなぁとは思います。

なので、スマイルシステム利用料を負担に思うのならタブレット非搭載の「バリスタDuo」を購入する方が満足度は高い気がします。

スマイルオンデマンド便は初期解約に条件アリ

スマイルオンデマンド便の初期解約には条件が付いています。

解約の条件

スマイルオンデマンド便の累計購入金額が20,000円(税込)未満の場合は、20,000円がキャンセル料となります。

なお、長期間利用しなかった場合として
・代金決済の利用が2か月以上なかった場合
・「スマイルオンデマンド便」での注文が半年以上なかった場合
については、解約の手続きを取らせていただく場合がある、と記載があります。

解約を見据える場合については、最低でも半年に1度、20,000円に到達するまでは購入してから解約したほうがよさそうです。

個人的には、通常のネスカフェアンバサダーを推したい

個人的には、通常のネスカフェアンバサダー(定期オトク便)のほうが、職場の柔軟に運用できる環境に合わせて柔軟に運用できると思います。

スマイルオンデマンド便は「利用料」の徴収という呪縛にとらわれて、自由さをコントロールできません。
(例えば、自分で買ったお菓子を販売のラインナップに加えられないし、価格の変更も自由にできない)

スマイルオンデマンド便のコンセプト通り、「1杯20円」のように価格を決めて徴収している職場であれば、非常に簡単にとけ込むことはできます(手数料は取られますが)。

毎月定額徴収とか、会社全額負担でコーヒーを利用する場合でも、無償提供ができないので「現金で支払い」のフローを踏まないといけず、利用料ばかりでなく選択の手間もかかるのがつらいです。

また、利用時にネスカフェアカウントでログインできないため、コーヒーを注いでもネスカフェポイントはたまりません

一方、バリスタDuoやバリスタDuo+のコーヒーサーバーが素晴らしいことは分かりました。
カフェオレもカプチーノもあらかじめブライトをセットする必要なく、ボタンタッチだけで利用できます。そして、味もおいしいです。
大きめのタンブラーに直接コーヒーを入れられるメリットもあります。

バリスタDuo+とバリスタDuoの、コーヒーサーバー部分は同じ
タブレットと決済機能が搭載されているかどうか、ぐらいの差です。

カフェオレ・カプチーノをより手軽においしく味わいたい方は、タブレット非搭載のバリスタDuoを購入し、通常のネスカフェアンバサダーで運用することをおすすめします。

ちなみに、冒頭でもお伝えしましたが、スマイルオンデマンド便に申し込むと2万円分のお菓子を1円で購入可能です。

これだけもらっても1円!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました